ロッキー・ラクーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロッキー・ラクーン
ビートルズ楽曲
収録アルバム ザ・ビートルズ
リリース 1968年11月22日
録音 1968年8月15日
ジャンル カントリー [1]
時間 3分33秒
レーベル アップル・レコード
パーロフォン
EMI
作詞者 レノン=マッカートニー
作曲者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン

ザ・ビートルズ 収録曲
A面
  1. バック・イン・ザ・U.S.S.R.
  2. ディア・プルーデンス
  3. グラス・オニオン
  4. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
  5. ワイルド・ハニー・パイ
  6. ザ・コンティニューイング・ストーリー・オブ・バンガロー・ビル
  7. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス
  8. ハッピネス・イズ・ア・ウォーム・ガン
B面
  1. マーサ・マイ・ディア
  2. アイム・ソー・タイアード
  3. ブラックバード
  4. ピッギーズ
  5. ロッキー・ラクーン
  6. ドント・パス・ミー・バイ
  7. ホワイ・ドント・ウイ・ドゥ・イット・イン・ザ・ロード
  8. アイ・ウィル
  9. ジュリア
C面
  1. バースデイ
  2. ヤー・ブルース
  3. マザー・ネイチャーズ・サン
  4. エヴリボディーズ・ゴット・サムシング・トゥ・ハイド・エクセプト・ミー・アンド・マイ・モンキー
  5. セクシー・セディー
  6. ヘルター・スケルター
  7. ロング・ロング・ロング
D面
  1. レヴォリューション1
  2. ハニー・パイ
  3. サヴォイ・トラッフル
  4. クライ・ベイビー・クライ
  5. レヴォリューション9
  6. グッド・ナイト

ロッキー・ラクーン(Rocky Raccoon)はビートルズの楽曲。1968年に発表されたビートルズのアルバム『ザ・ビートルズ』(ホワイト・アルバム)収録。

概要[編集]

作詞作曲はレノン=マッカートニー名義だが、実質はポール・マッカートニー作。インド滞在中に書かれた曲で、ジョン・レノンドノヴァンが一部手伝っている[2]

ポールとしては珍しいカントリー風の楽曲で、ポールは曲想に合わせて南部訛り風の歌唱にトライしている。曲中の西部開拓時代を思わせるタック・ピアノジョージ・マーティンによる演奏[3]

当初のタイトルはロッキー・サスーン(Rocky Sassoon)だったが、最終的にマッカートニーは「ラクーン(アライグマ)」に変え、「実際にはありえない人名」にした[4]

1996年に発売された『ザ・ビートルズ・アンソロジー3』にはテイク8が収録されている。

プレイヤー[編集]

出典:[3]

その他[編集]

ビル・マントロ英語版キース・ギッフェン英語版によって制作されたマーベルコミックスのキャラクターの1人「ロケット・ラクーン」は、本曲のタイトルや歌詞をモチーフとしている[5]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Stephen Thomas Erlewine. “The Beatles [White Album] - The Beatles | Songs, Reviews, Credits, Awards”. AllMusic. 2014年6月30日閲覧。
  2. ^ Miles, Barry (1997). Paul McCartney: Many Years from Now. New York, NY: Henry Holt. ISBN 0-8050-5249-6. 
  3. ^ a b MacDonald, Ian (2005). Revolution in the Head: The Beatles' Records and the Sixties (Second Revised ed.). London: Pimlico (Rand). ISBN 1-84413-828-3. 
  4. ^ Radio Luxembourg Interview”. Beatles Interview Database. The Beatles Interview Database (1968年11月20日). 2018年9月30日閲覧。
  5. ^ The Unlikely Journey of "Guardians of the Galaxy" Star Rocket Raccoon at Comic Book Resources; by Brian Cronin; published February 21, 2014; retrieved March 19, 2014