レナーテ・シュテヒャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
獲得メダル

レナーテ・シュテヒャー
陸上競技
1972 女子100m
1972 女子200m
1976 女子4×100mリレー
1972 女子4×100mリレー
1976 女子100m
1976 女子200m

レナーテ・シュテヒャー(Renate Stecher、1950年5月15日 - )は、旧東ドイツの陸上競技女子短距離選手で、1972年ミュンヘンオリンピックの100m、200mの2冠。4×100mリレーでも銀メダル。さらに1976年モントリオールオリンピックでもこれら種目で3つのメダルを獲得。1970年代を代表する女性スプリンターである。

経歴[編集]

シュテヒャーは、非常に才能ある選手で、走高跳や五種競技も行っていた。彼女が最初に国際大会にデビューしたのが1969年のヨーロッパ選手権で、このときは、200mで銀メダルそして4×100mリレーでは金メダルを獲得している。次の1971年のヨーロッパ選手権では100m、200mの2種目を制覇。さらに4×100mリレーでも銀メダルを獲得し、世界のトップスプリンターの仲間入りを果たす。

1972年ミュンヘンオリンピックでも前年のヨーロッパ選手権と同様のパフォーマンスを見せ、100mを11.07秒の世界新記録で金メダル。200mも22秒40の世界新記録で2冠を達成する。さらに、翌1973年には、手動掲示ではあるが、100mで女性として初めて11秒の壁を破る10秒9の世界新記録も達成している。

1976年モントリオールオリンピックでも、ミュンヘン大会に続き100m、200m、4×100mリレーの3種目に出場。女子100m、200mは東西ドイツの選手でメダルを独占する中、100mでは西ドイツアンネグレート・リヒター(Annegret Richter)に次いで銀メダル。200mでも銅メダルを獲得。そして4×100mリレーでは、前回大会銀メダルの雪辱を果たし、金メダルを獲得。オリンピックで3つめのメダルを獲得した。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1969 ヨーロッパ陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 200m 2位 23秒33
1969 ヨーロッパ陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 4×100mリレー 1位 43秒63
1970 ヨーロッパ室内陸上選手権 ウィーン(オーストリア) 60m 1位 7秒4
1970 ユニバーシアード トリノ(イタリア) 100m 1位 11秒5
1970 ユニバーシアード トリノ(イタリア) 200m 1位 22秒7
1971 ヨーロッパ室内陸上選手権 ソフィア(ブルガリア) 60m 1位 7秒3
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 100m 1位 11秒35
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 200m 1位 22秒70
1971 ヨーロッパ陸上選手権 ヘルシンキ(フィンランド) 4×100mリレー 2位 43秒60
1972 ヨーロッパ室内陸上選手権 グルノーブル(フランス) 50m 1位 6秒25
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 100m 1位 11秒07
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 200m 1位 22秒40
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 4×100mリレー 2位 42秒95
1974 ヨーロッパ室内陸上選手権 イェーテボリ(スウェーデン) 60m 1位 7秒16
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマ(イタリア) 100m 2位 11秒23
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマ(イタリア) 200m 2位 22秒68
1974 ヨーロッパ陸上選手権 ローマ(イタリア) 4×100mリレー 1位 42秒51
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 100m 2位 11秒13
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 200m 3位 22秒47
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 4×100mリレー 1位 42秒55

外部リンク[編集]