ルーム・オン・ファイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ルーム・オン・ファイア
ザ・ストロークススタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年
ジャンル インディー・ロックガレージ・ロック・リバイバル
時間
レーベル RCA
プロデュース ゴードン・ラファエル
専門評論家によるレビュー
ザ・ストロークス 年表
イズ・ディス・イット
(2001)
ルーム・オン・ファイア
(2003)
ファースト・インプレッションズ・オブ・アース
(2006)
『ルーム・オン・ファイア』収録のシングル
  1. 「12:51」
    リリース: 2003年11月4日
  2. 「レプティリア」
    リリース: 2004年2月9日
  3. 「ジ・エンド・ハズ・ノー・エンド」
    リリース: 2004年11月1日
ミュージックビデオ
「Reptilia」 - YouTube
「12:51」 - YouTube
「The End Has No End」 - YouTube
テンプレートを表示

ルーム・オン・ファイア』(Room on Fire)は、アメリカロックバンドザ・ストロークスのセカンドアルバム。当初ナイジェル・ゴッドリッチをプロデューサーに迎えてアルバムを制作していたが、意見が合わず頓挫。結局ファーストアルバムをプロデュースしたゴードン・ラファエルがプロデュースすることとなった。

収録曲[編集]

全ての作詞・作曲は ジュリアン・カサブランカスによるものである。

  1. "What Ever Happened?" – 2:54
  2. "Reptilia" – 3:41
  3. "Automatic Stop" (Casablancas and Albert Hammond Jr.) - 3:26
  4. "12:51" – 2:33
  5. "You Talk Way Too Much" – 3:04
  6. "Between Love & Hate" – 3:15
  7. "Meet Me in the Bathroom" – 2:57
  8. "Under Control" – 3:06
  9. "The Way It Is" – 2:22
  10. "The End Has No End" – 3:07
  11. "I Can't Win" – 2:34

シングルカット[編集]

Information
"12:51"
"レプティリア"
"ジ・エンド・ハズ・ノー・エンド"

クレジット[編集]

バンド
アディショナル・ミュージシャン
  • リチャード・マーティン - ドラムス
プロダクション
デザイン

出典[編集]