ルビンの壺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルビンの壺の一例

ルビンの壺(るびんのつぼ、Rubin's vase)とは、1915年頃にデンマーク心理学者エドガー・ルビンが考案した多義図形ルビンの顔Rubin face)、図地の壺figure-ground vase)、ルビンの盃ルビンの杯Rubin's goblet-profile[1]とも。

概要[編集]

背景に黒地を用いた白地の図形で、向き合った2人のにも大型の)にも見えるという特徴を持つ。初出はルビンの2巻組の著書『視覚的図形』(Synsoplevede Figurer)。

同書は他にも、白地と黒地にマルタ十字をあしらった図形などが多数掲載されているが、この内ルビンの壺が最も人口に膾炙される所となった。

認知心理学における位置付け[編集]

感覚知覚記憶といった人間情報処理過程を解明する[2]認知心理学においては、知覚システムについて様々な研究成果が生み出されてきた。

その内の1つに「図と地の分化(分離)」というものがある。1つのまとまりのある形として認識される部分を「図」、図の周囲にある背景を「地」と呼び、図と地の分化によって初めて形を知覚する、というものである[3]

この事について、ルビンは『視覚的図形』の中で次のように論理を展開した。

共通の境界線を持つ2つの領域があり、一方を図、他方を地として見るとする。その結果、直接的知覚的経験は両領域の共通の境界線から生じ、1つの領域のみか、一方が他方よりも強く作用する行動形成効果に特徴付けられる。[4]

要は一方が図になるとその形が知覚され、残りは地としてしか知覚されないという事を、図地反転図形の1つであるルビンの壺を例に採り説明したのである。

ルビンの壺では白地(つまり壺のように見える部分)を図として認識すると、黒地(つまり2人の横顔のように見える部分)は地としてしか認識されず(もまた真である)、決して2つが同時には見えない[5]

特別支援教育における位置付け[編集]

障害のある子どもの場合、2つの見方のうちの一方しかできないというケースもある。これは、と認識する「図」となる面と背景となる「地」となる面の切り替えができず、「図-地知覚障害」の状態とされる。

このため、特別支援教育における子どもの学習行動上、「図-地知覚障害」を有することは、その子どもにとっては「ノイズ」要因となりうることを意味する。

その他[編集]

福田繁雄が自身の顔の凹凸を元に作った「フクダの壺」(あるいは「ルビンの壷のようなフクダの壷」とも)という作品がある。立体物(回転体)にしてしまうと、意外と気付かれないものだとのこと。

参考文献[編集]

  • A Psychology of Picture Perception, John M. Kennedy. 1974, Jossey-Bass Publishers, ISBN 0-87589-204-3
  • The art and science of visual illusions, Nicholas Wade. 1982 Routledge & Kegan Paul Ltd. ISBN 0-7100-0868-6
  • Visual Space Perception, William H. Ittelson. 1969, Springer Publishing Company, LOCCCN 60-15818
  • "Vase or face? A neural correlates of shape-selective grouping processes in the human brain." Uri Hasson, Talma Hendler, Dafna Ben Bashat, Rafael Malach.
  • Journal of Cognitive Neuroscience, Vol 13(6), Aug 2001. pp. 744–753. ISSN 0898-929X (Print)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キーワードコレクション 心理学 改訂版』 p.102-103
  2. ^ 『心理学 第2版』 p.14
  3. ^ 『心理学 第2版』 p.28-29
  4. ^ Edgar Rubin, Synsoplevede Figurer, 1915
  5. ^ 『認知心理学 -心のメカニズムを解き明かす-』 p.11
  6. ^ 昭和62年度版(昭和62年〜平成元年使用) 1年生の教科書光村チャンネル 教科書クロニクル 中学校編

外部リンク[編集]