マッハバンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
明から暗に変化する境界のすぐ上はより暗く、また、すぐ下はより明るく見えるが、それぞれのバンドは実際には単色で塗られている

マッハバンド(Mach bands)とは、微妙に濃淡の異なるグレーの領域が接触している場合に、暗い方の領域の境界付近はより暗く、明るい方の領域の境界付近はより明るく強調されて見える、錯視の一種である。この錯視はエルンスト・マッハにちなんで命名された。

この効果は高域強調フィルタによるものと類似している。マッハバンドは、神経系の側抑制(lateral inhibition)によって説明されることが多い。他の説明は、視覚系が、統計的な方法によって、輝度勾配からハイライトとローライトを同時に算出する、というものである[要出典]

一時期、デジタル画像処理時の精度不足や減色による丸め誤差(トーンジャンプポスタリゼーション)や、階調不足で発生する擬似輪郭((バンディングまたはカラーバンディング)に対し、マッハバンドと慣例的に呼んでいた事もあったが、これは間違いである。

参考文献[編集]

Lotto RB, Williams SM, Purves D (1999). "Mach bands as empirically derived associations". Proceedings of the National Academy of Sciences 96 (9): 5245?50. doi:10.1073/pnas.96.9.5245. PMID 10220451. 

関連項目[編集]

外部リンク(英語)[編集]