錯聴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

錯聴(さくちょう、: auditory illusion)とは、音や外部の刺激に対して誤った知覚を得てしまう現象である[1]。耳で起きる、目の錯覚に相当するものとされている。聴取者は刺激内に存在しない音や、状況的に聴こえるはずのない音を知覚する[2][3]。錯聴は人間のが完全な音声受容組織ではないことを明らかにしている。これは人間が現実には鳴っていない音を聴き、その音に反応できることを示している。

錯聴の原因[編集]

単語に含まれる音は埋め込み音と呼ばれ、その音は錯聴の原因のひとつである。この音は、言葉を話すときに口の形を変えることで簡単に再現できる。同じ言葉であるのに誰かが2つの異なる音を聴くことができた[4]。たとえば、「far(遠い)」と「bar(バー)」と言っている2人の異なる人物を見ている人がいる場合、聴こえる単語は、誰が見ているかによって決まる[5]

[編集]

錯聴の世界にはさまざまな例が数多く存在する。


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ScienceDirect”. www.sciencedirect.com. 2019年4月19日閲覧。
  2. ^ Auditory illusion: How our brains can fill in the gaps to create continuous sound”. Science Daily. Science Daily. 2019年2月20日閲覧。
  3. ^ “What Are Musical Paradox and Illusion?”. American Journal of Psychology (University of California, Santa Cruz) 120 (1): 124, 132. (2007). http://deutsch.ucsd.edu/pdf/ben_carson_review_AJP.pdf 2013年11月15日閲覧。. 
  4. ^ Auditory Illusions: How your ears can be fooled” (英語). hear.com. 2019年4月19日閲覧。
  5. ^ Do You Hear What I Hear? Amazing Auditory Illusions Explained” (英語). IFLScience. 2019年4月21日閲覧。
  6. ^ Speech to Song Illusion”. Diana Deutsch. 2019年6月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]