リーディング証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーディング証券株式会社
Leading Securities Co.,Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
〒104-0033 東京都中央区新川1-8-8アクロス新川ビル5階
設立 1949年昭和24年)4月6日
(旧下館証券の設立日)
業種 証券、商品先物取引業
法人番号 6010001090224
金融機関コード 0660
代表者 代表取締役専務 志村実
資本金 17億7812万4560円
従業員数 80名(2016年5月末)
主要株主 ランキャピタルマネジメント 88.82%
外部リンク http://www.leading-sec.com/
テンプレートを表示

リーディング証券株式会社(リーディングしょうけん)は、東京都中央区に本社を置く証券会社茨城県下館市(現在の筑西市)が発祥地であり、店舗網は東京都及び茨城県が中心である。中国の機関投資家の傘下にある株式会社ランキャピタルマネジメントの子会社。

沿革[編集]

茨城証券[編集]

1949年創業。合併を経て茨城証券となり、茨城県下に3店舗を持つ地方証券会社として営業を行っていた。しかし1993年、証券取引法の改正で最低資本金制度が導入され、資本金7000万円の茨城証券は、経過期間が終了する1998年4月までに資本金を1億円以上にしなければ廃業を余儀なくされることになった。茨城証券は当時筆頭株主であった山一證券からの増資によってこれに対応しようとしていたが[1]、山一證券は1997年11月に自主廃業を発表、茨城証券は山一に取り次いでいた売買注文を他社に振り替えるとともに[2]、最低資本金問題についても別の解決策を求められることになった。

一方、山一関係の知人を通じて最低資本金問題を聞きつけた元大昭和製紙専務の齊藤四方司は、この年の夏から山一を介して資本参加を打診していた。齊藤は大昭和製紙でも財務関係を担当していたことから証券業には関心を持っていたが、茨城証券は赤字ながら自己資本規制比率は580%と高く、規模も3店舗・従業員数27人と手頃であったことから参加を決めた。山一の自主廃業発表によりこの案は急速に具体化[3]、1998年2月、齊藤は個人の貯蓄から3億円を出資して山一保有株8万866株を買い取り[4][5]、増資分8万株も引き受けた。この結果齊藤は発行済み株式の73.1%を保有する筆頭株主となり、3月の取締役会で会長に就任した[6]。3月末には山一OBの[7]苅米宰督社長が退任し、齊藤が社長も兼務した[8]。この茨城証券の処理は、旧山一系企業がいずれも引き受け先探しに難航する中では異例の早さであった[9][10]

ジーク証券[編集]

1998年5月には岡三証券出身の西川敏明が社長に就任[8][11][12]、7月には社名をジーク証券に改めた[13]。ジークはドイツ語で勝利を意味し、顧客とともに勝利していく姿勢を示したものである[14]。この年には渋谷支店を開設して東京に進出、三洋証券の元社員などを集め、西川の陣頭指揮のもと、開設一箇月で70億円の預かり資産を獲得した[13]。1998年7月には月次で黒字に転換した[15]。またサテライト店と呼ばれる小規模店舗を全国で展開していく方針を採り、2000年には伊那、春日部、名古屋などに出店した。サテライト店は商品開発、情報提供などを本部で行い、現地では地元に密着した少人数の社員が対応する形態の店舗で、こうした店舗を人口5万人に1店の割合で出店していくことにより、全国にコンビニ並みの店舗網構築を目指すとしていた[16][17]

しかし2002年には西川がMBOにより渋谷支店を分社化してスーパージーク証券(後にニュース証券に改名[18])として独立した[19]。2003年中間期には10億円の営業収益をあげていたが[17]、2006年以降は世界金融危機の影響も加わって3年連続の赤字となった。この状況を受けて株主が持株の売却に動き、2008年11月、海外事業を強化していた韓国のリーディング投資証券が増資分を合わせて過半数の株式を買収した。リーディング投資証券が引き受けに着手したのは2008年8月のことで、外国企業による買収としては異例の早さであった[20]

リーディング証券[編集]

2009年には社名をリーディング証券に変更、同年末には黒字に転換した[20]。リーディング証券はリテール業務が中心であったジーク証券からは一転、投資銀行業務を強化していった。2010年には国内市場の低迷により韓国市場での株式公開を希望する日本企業に対してコンサルティング業務を行うと発表し、韓国取引所とも協力して誘致の動きに出た[21]。また同年9月には韓国コスモグループに対するマルマン株売却の取りまとめを行い、この実績を背景に、特に環境関連で技術を保持しながら資金難に苦しむ日本企業にM&Aをかける韓国企業に対するコンサルティング事業を強化していくと発表した[22]。投資商品としては韓国株全銘柄の売買に対応するほか、ブラジルレアル韓国ウォンインドルピー建社債など、国際投資を重視したものとなっており、2020年までに外国証券の預かり資産において日本の証券会社のトップ10を狙うとしている[23]。2014年8月に、積極的なベンチャー企業の成長支援の一環としてTOKYO PRO MarketにおけるJ-Adviserの資格を取得した[24]。2016年6月に、顧客への事実と異なる説明、および、説明用資料への虚偽記載により、関東財務局から行政処分を受けた[25]。2017年3月に中国の機関投資家の傘下にある株式会社ランキャピタルマネジメントが、株式公開買付けなどにより議決権所有割合で88.82%の株式を取得し、 親会社となった。リーディング投資証券傘下のリーディングアジアホールディングスリミテッドは、保有全株式を株式公開買付けに応募し、同社との資本関係は無くなった[26][27]

年表[編集]

  • 1949年 4月 - 下館証券株式会社設立[29]。下館市(現在の筑西市)に本社・本店を置く。
  • 1957年 4月 - 鯨井証券株式会社と合併。商号を茨城証券株式会社に変更。
  • 1968年 4月 - 大蔵大臣より改正証券取引法による免許を取得。(蔵証第8177号)
  • 1977年 4月 - 本社・本店を茨城県龍ケ崎市に移転。
  • 1998年 7月 - 商号をジーク証券株式会社に変更。
  • 1998年12月 - 改正証券取引法に基づく証券業の登録。(関東財務局(証)第88号)
  • 2004年10月 - 本社・本店を東京都中央区新川に移転。
  • 2006年 6月 - 東京証券取引所総合取引資格を取得[30]
  • 2008年10月 - リーディング投資証券株式会社との資本・業務提携。
  • 2009年 7月 - 商号をリーディング証券株式会社に変更[31]
  • 2011年11月 - リーディング・アドバイザリー株式会社設立。
  • 2014年8月 - TOKYO PRO MarketにおけるJ-Adviser資格を取得
  • 2016年6月 - 関東財務局による行政処分[32]
  • 2017年3月 - リーディング投資証券との資本関係解消。株式会社ランキャピタルマネジメントの子会社となる。

経営陣[編集]

取締役

  • 代表取締役社長 - 崔 榮仁 [33]
  • 代表取締役専務 - 志村 実 [33]
  • 常務取締役 - 吉 基赫 [33]
  • 取締役 - 金 德淳 [33]

監査役

  • 監査役 - 黄 相辰 [33]
  • 監査役 - 黄 昞奭 [33]
  • 監査役 - 金 鶴瀅 [33]

執行役員

  • 常務執行役員 - 田辺 俊昭 [33]
  • 理事執行役員 - 浜田 修平 [33]

店舗[編集]

  • 本店営業部: 東京都中央区新川1-8-8アクロス新川ビル5F
  • 龍ヶ崎支店: 茨城県龍ヶ崎市寺後3585-4
  • 下館支店: 茨城県筑西市丙115
  • 下妻営業所: 茨城県下妻市下妻丁356-5富士ビル1F

業務内容[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「茨城証券オーナーに斉藤氏 独立系証券で再出発 山一廃業による危機回避」『日本経済新聞』1998年(平成10年)2月17日付地方経済面(茨城)。
  2. ^ 「山一廃業 県内にも影響 売買注文取り次ぎ相手の変更相次ぐ 茨城証券、資本関係見直しへ」『日本経済新聞』1997年(平成9年)11月26日付地方経済面(茨城)。
  3. ^ 「核心を聞く 茨城証券 トップ就任 茨城証券会長兼社長 斉藤 四方司氏 良好な財務体質、評価 投資信託や外債を強化」『日本経済新聞』1998年(平成10年)4月1日付地方経済面(茨城)。
  4. ^ 大昭和製紙専務の斉藤四方司氏 茨城証券オーナーに 3億円出資」『日本経済新聞』1998年(平成10年)2月17日付朝刊7面。
  5. ^ 「大昭和製紙の創業者一族 茨城証券を買収 山一系列 3億円出資」『朝日新聞』1998年(平成10年)2月18日付東京本社朝刊13面。
  6. ^ 「斉藤四方司氏の会長就任 茨城証券が正式決定」『日本経済新聞』1998年(平成10年)3月3日付地方経済面(茨城)。
  7. ^ 「交差点 救済の経験生かせず」『日本経済新聞』1998年(平成10年)2月25日付地方経済面(茨城)。
  8. ^ a b 「茨城証券 社長に西川氏」『日本経済新聞』1998年(平成10年)4月7日付地方経済面(茨城)。
  9. ^ 「山一証券解体に課題山積 進まぬ社員の再就職 系列会社処理にも遅れ…」『熊本日日新聞』平成10年(1998年)3月1日付朝刊3面。
  10. ^ 「山一系列企業 投信に新出資先/証券は苦戦 株主探しで明暗」『熊本日日新聞』平成10年(1998年)4月1日付朝刊6面。
  11. ^ 「西川新社長が就任 茨城証券」『日本経済新聞』1998年(平成10年)5月23日付地方経済面(茨城)。
  12. ^ 「元気です▶関東 ジーク証券社長になった西川敏明さん(四九)」『熊本日日新聞』平成10年(1998年)5月24日付朝刊25面。
  13. ^ a b 「茨城証券 東京で業務拡充 「ジーク証券」に社名変更」『日本経済新聞』1998年(平成10年)7月3日付地方経済面(茨城)。
  14. ^ ご挨拶
  15. ^ 「「証券」新勢力が台頭 オンライン、私募証券などで顧客から支持 株式手数料完全自由化で」『ニッキン』1999年(平成11年)3月19日付7面。
  16. ^ 「ジーク証券 2‐3人のサテライト店 〝金融コンビニ〟めざす」『ニッキン』2000年(平成12年)2月4日付7面。
  17. ^ a b 「地方証券の活路を探る<4> ジーク証券 サテライト店を積極展開 地域密着・対面営業貫く ノルマ営業・転勤「なし」」『ニッキン』2003年(平成15年)10月31日付5面。
  18. ^ 「「ニュース証券」に社名変更 スーパージーク証券、1月から」『ニッキン』2002年(平成14年)12月20日付5面。
  19. ^ 「渋谷支店を分社化で独立 スーパージーク証券 機関投資家向け営業強化」『ニッキン』2002年(平成14年)1月1日付13面。
  20. ^ a b 하정민황이석 (2010-11-01). DBR Dong-A Business Review (68): 71-79. ISSN 1976-7269. 
  21. ^ 「日本企業の韓国上場支援 リーディング証がコンサル事業 1‐2年で10社目指す」『日刊工業新聞』2010年(平成22年)7月9日付25面。
  22. ^ 「リーディング証 対日M&A助言強化 韓国企業から引き合い増」『日刊工業新聞』2010年(平成22年)10月21日付15面。
  23. ^ 「かくも美しく、かくも力強い リーディング証券の成長戦略。」、『週刊東洋経済』第6334号、2011年7月2日、 5-8頁。※東洋経済広告企画制作部制作。実際には該当部分にページ番号はない。
  24. ^ “『TOKYO PRO MarketのJ-Adviser資格取得のお知らせ』” (プレスリリース), リーディング証券株式会社, (2014年8月6日), http://www.leading-sec.com/pdf/jadviser20140806.pdf 
  25. ^ “『リーディング証券株式会社に対する行政処分について』” (プレスリリース), 関東財務局, (2016年6月14日), http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032102958.html 
  26. ^ “『株式会社ランキャピタルマネジメントによる当社株券に対する公開買付けの結果、第三者割当による新株式発行並びに親会社及び主要株主である筆頭株主の異動に関するお知らせ』” (プレスリリース), リーディング証券株式会社, (2017年3月29日), http://www.leading-sec.com/pdf/release170329.pdf 
  27. ^ “『親会社の異動に関するお知らせ』” (プレスリリース), リーディング証券株式会社, (2017年3月31日), http://www.leading-sec.com/pdf/release170331.pdf 
  28. ^ 『水戸証券80年史』 水戸証券株式会社社史編纂委員会、水戸証券、2002年、14頁。
  29. ^ この名称を名乗る会社は過去にもあり、1943年(昭和18年)に大蔵省の方針で証券会社の整理統合が実施された際、下館の2業者、結城の2業者と下妻の業者を統合して成立した証券会社は「下館証券」と称していた[28]
  30. ^ “東京証券取引所総合取引資格の取得について” (プレスリリース), ジーク証券株式会社, (2006年5月29日), http://www.atpress.ne.jp/view/4460 
  31. ^ “ジーク証券、商号(社名)変更に関するお知らせ” (プレスリリース), ジーク証券株式会社, (2009年6月17日), http://www.atpress.ne.jp/view/11263 
  32. ^ “『リーディング証券株式会社に対する行政処分について』” (プレスリリース), 関東財務局, (2016年6月14日), http://kantou.mof.go.jp/rizai/pagekthp032102958.html 
  33. ^ a b c d e f g h i 経営陣紹介

外部リンク[編集]