マジェスティ ゴルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マジェスティ ゴルフ株式会社
MAJESTY GOLF Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 7834
2005年7月21日上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0005
東京都千代田区丸の内2-1-1
明治生命館7階
設立 1978年昭和53年)9月20日
(株式会社アハト建築設計事務所)
業種 その他製品
法人番号 4010001097221
事業内容 ゴルフ用品及び健康食品の製造販売
代表者 金 在昱(代表取締役社長)
資本金 15億5870万円
(2017年9月30日現在)
発行済株式総数 1722万8千株
売上高 連結:68億88百万円
単独:67億42百万円
(2017年9月期)
営業利益 連結:1億87百万円
単独:2億11百万円
(2017年9月期)
純利益 連結:2億84百万円
単独:2億17百万円
(2017年9月期)
純資産 連結:16億75百万円
単独:17億8百万円
(2017年9月30日現在)
総資産 連結:42億46百万円
単独:42億67百万円
(2017年9月30日現在)
従業員数 連結:148人 単独:142人
(2017年9月30日現在)
決算期 9月30日
主要株主 MAJESTY GOLF KOREA Co.,Ltd. 85.61%
(2019年9月30日現在)
主要子会社 マルマンH&B(株) 100%
関係する人物 片山 豊(創業者)
外部リンク http://www.maruman.co.jp/
テンプレートを表示

マジェスティ ゴルフ株式会社: MAJESTY GOLF Co., Ltd.)は、ゴルフ用品の製造販売のほかトーナメント戦などゴルフ関連事業を行う企業。本社は東京都千代田区。2011年から2017年までは韓国コスモグループ傘下。

かつては、時計や携帯ライター等もグループで手がけていたが、関係事業は2003年に株式会社マルマンプロダクツ営業譲渡し、株式を売却した。

概要[編集]

1950年2月に、創業者の片山豊(片山龍太郎の父)が日本ゴールドメタル工業株式会社を設立。その後、1952年に株式会社丸萬に、そして1962年にはマルマン株式会社に商号(社名)変更している。

1955年から時計バンドの製造販売を始め、1959年からはガスライターの販売を始める。その後、ゴルフ用品の製造販売を始め、1971年にはゴルフ用品部門を独立させてマルマンゴルフ株式会社を設立し、カーボンシャフトメタルウッド、高反発ドライバーなどを開発している。このほか、1977年からはゴルフトーナメントの開催を始めるなど、ゴルフ業界では有名な企業となった。1984年に禁煙グッズの「禁煙パイポ」を開発し、「私はこれ(パイポ)でタバコを止めました。私はこれ(女性)で会社を辞めました」というCMが有名になる。1986年には健康食品の販売を始めている。また、1990年代にはホームセンターを中心に大宇電子OEM製品を「MARUMAN」ブランドでテレビ家電製品を販売していた[1]

バブル崩壊後、ゴルフブームの低迷や消費の冷え込みもあり、過剰在庫を抱えて販売不振となったが、2代目社長片山龍太郎のもと根本的な戦略転換とリストラを断行し再建、高収益企業となりファンドが出資することになった。(片山龍太郎はこの実績を買われ産業再生機構に移籍、カネボウ等を再生。)事業をゴルフ事業と健康食品事業に絞り(選択と集中)、2001年5月にSFCG大島健伸代表のプライベートファンド傘下の休眠会社2社を受け皿会社として営業譲渡し、株式会社マルマンコーポレーションマルマンゴルフ株式会社として再出発した[2][3](マルマンゴルフ以外の子会社各社は、マルマンコーポレーションが吸収合併した上で、時計雑貨事業を株式会社マルマンプロダクツに営業譲渡したうえで、同社の全株式を売却)。2003年には、株式会社マルマンコーポレーションがマルマンゴルフ株式会社を吸収合併し、事業を1社に集約し、マルマン株式会社と商号(社名)を変更している。(細かな経緯は、下記の沿革を参照)

事業の再生が完了、2005年7月に大阪証券取引所ヘラクレス市場(現・ジャスダック)に株式を上場(筆頭株主はSFCG代表大島傘下のT・ZONEホールディングス)[2][3]。2006年以降、会社分割により子会社を設立し、ゴルフ用品販売事業をマルマンゴルフ株式会社(旧マルマンエンタープライズ株式会社)、健康食品事業をマルマンバイオ株式会社、海外への販売事業をエムアイトレーディング株式会社としたが、2009年には再び本体が吸収合併した。同年に筆頭株主SFCGが民事再生申立を行なったため、中国系のリーディング証券の取りまとめにより2011年に韓国LG電子の創業一族である許京秀(ホ・ギョンス)が経営する韓国コスモグループの投資会社コスモ&カンパニーが筆頭株主となる[4][3][5][6]。同年、香港と上海に、2013年には北京に現地法人を設立し中国市場開拓にシフトした[5]

2018年7月6日に事業再編が発表され、同年10月1日付で商号をマジェスティ ゴルフ株式会社へ変更した他、同時に禁煙パイポほか健康食品などの事業はマルマンH&B株式会社へ譲渡された[7][8][9]

創業者[編集]

創業者の片山豊(1920-1997)は、岡山県出身[10]明治大学経営学科卒業後、日本水産に入社し、半年後に経営方針を重役に手紙で送りつけるなどのエピソードを持つ[10]三河島工場長を務めたのち、1948年独立、マルマンの前身・日本特殊金工業を設立[10]。1960年に国産第一号のガスライターの丸萬製品を販売開始し、ライターが150円から300円ほどの時代に3300円のライターを発売し成功するも[11]、消費財の直販事業「動くデパート」で失敗[12]。1971年マルマンゴルフ設立、金属加工技術の強みを生かして1981年に業界に先駆けてメタルウッド『ダンガン』を発売し爆発的に売れ、急成長する[13]。日本初の電気金張法の完成(従来は剥離しやすかった金張りを、素材の上に一旦銅張りして、その後電気炉を用いて金を張り付けることによって、剥離し難く、質感を出すことに成功)、ガスライターの開発、世界初の電子ライターの開発、喫煙関連商品・禁煙具、ゴルフ用品、時計、家電、健康食品、宝飾品などの技術開発と事業拡大により、企業グループを形成した[2]

沿革[編集]

  • 1950年2月 - 日本ゴールドメタル工業株式会社を設立。
  • 1952年 - 株式会社丸萬に商号変更。
  • 1962年 - 株式会社マルマンに商号変更。
  • 1971年 - マルマンゴルフ株式会社(初代)を設立。
  • 1978年9月20日 - 株式会社アハト建築設計事務所(東京都中野区)設立。後に休眠会社化。
  • 2001年5月 - 株式会社T-ZONEホールディングス傘下の子会社に営業譲渡をして、再建を図る。創業家との業務上の関係は解消[4]
    • (旧)株式会社マルマンは、休眠会社の株式会社アハト建築設計事務所に営業譲渡したのち、株式会社不忍商事に商号変更して特別清算。営業を譲り受けた株式会社アハト建築設計事務所が、株式会社マルマンコーポレーションに商号変更し、旧マルマンの場所(東京都台東区)に本社を移転し、営業と雇用を継続する。
    • (旧)マルマンゴルフ株式会社は、休眠会社のホウルハート通商株式会社に営業譲渡したのち、松飛台工業株式会社に商号変更して特別清算。営業を譲り受けたホウルハート通商株式会社が、(新)マルマンゴルフ株式会社に商号変更し、営業と雇用を継続する。
  • 2001年9月4日 - 株式会社マルマンコーポレーションがアルマン株式会社(パイポ事業)を吸収合併。
  • 2001年9月5日 - 株式会社マルマンコーポレーションが、東京鴻昌株式会社の全株式を取得した上で、同社を株式会社マンセイに商号変更。株式会社マンセイが、民事再生手続中の萬世工業株式会社(時計・時計バンド事業)から全事業を営業譲受。
  • 2001年12月18日 - 株式交換により、株式会社マルマンコーポレーションがマルマンゴルフ株式会社を完全子会社化。
  • 2002年3月1日 - 株式会社マルマンコーポレーションが株式会社マンセイ(時計・時計バンド事業)を吸収合併。
  • 2002年9月2日 - 株式会社マルマンコーポレーションが株式会社マルマングループ(バックオフィス業務)を吸収合併。
  • 2002年10月1日 - 株式会社マルマンコーポレーションが株式会社マルマンサービス(時計修理事業)を吸収合併。
  • 2003年1月31日 - 株式会社マルマンコーポレーションが株式会社マルマンプロダクツに時計等雑貨事業を営業譲渡。翌2月1日に、株式会社マルマンプロダクツの全株式を売却。
  • 2003年2月1日 - 株式会社マルマンコーポレーションが(新)マルマンゴルフ株式会社を吸収合併し、(新)マルマン株式会社に商号変更。
  • 2003年4月 韓国ソウルに、合弁会社の株式会社マルマンコリアを設立。
  • 2004年2月1日 - 株式交換により、SFCG系投資会社・株式会社T-ZONEホールディングスの完全子会社となる。
  • 2005年8月17日 - 本社をSFCG本社所在地の日本橋室町センタービルに移転し、分散している本社業務を統合。
  • 2006年3月1日 - 会社分割により、子会社のマルマンバイオ株式会社(健康食品事業)を設立
  • 2006年10月1日 - 会社分割により、子会社のエムアイトレーディング株式会社(国際事業部門)、マルマンエンタープライズ株式会社(ゴルフ場へのゴルフ用品特販事業部門)を設立。
  • 2007年10月10日 - 株式会社T-ZONEホールディングスの保有するジャック・アンド・ベティー・トレーディング株式会社の株式50.1%を取得して、ジャック・アンド・ベティー・トレーディング株式会社を子会社化。
  • 2007年12月28日 - 株式会社T-ZONEホールディングスの保有する株式会社T-ZONEコールセンターの全株式を取得して、株式会社T-ZONEコールセンターを完全子会社化。
  • 2008年1月1日 - マルマン株式会社からゴルフ用品販売事業を会社分割し、子会社・マルマンエンタープライズ株式会社に吸収させる。
  • 2008年2月1日 - マルマン株式会社の子会社・マルマンエンタープライズ株式会社が、マルマンゴルフ株式会社(3代目)に商号変更。
  • 2008年3月 - 子会社のジャック・アンド・ベティー・トレーディング株式会社の株式50.1%を売却して、子会社ではなくなる。
  • 2009年1月22日 - マルマン株式会社の子会社・株式会社T-ZONEコールセンターの全株式を株式会社カーチスホールディングスに譲渡、子会社ではなくなる。
  • 2009年4月1日 - 子会社のマルマンゴルフ株式会社を吸収合併。
  • 2009年4月20日 - 本社を中央区から千代田区に移転。
  • 2009年5月29日 - NISグループ株式会社から、合同会社西山荘C.C.マネジメントの持分100%を取得して、子会社化。
  • 2009年10月1日 - 子会社のマルマンバイオ株式会社とエムアイトレーディング株式会社を吸収合併。
  • 2011年1月 - 丸万(香港)有限公司を設立。
  • 2011年10月 - 丸万(上海)体育用品貿易有限公司を設立。
  • 2013年9月 - 丸万(北京)商易有限公司を設立。
  • 2014年 - 3月及び4月に株式会社マルマンコリアの保有株式をコスモグループ傘下会社に譲渡[14]
  • 2015年10月 - 会社分割により株式会社西山荘C.C.マネジメントを設立。
  • 2016年8月26日 - 株式会社マルマンコリアに対し、デットエクイティスワップによる第三者割当増資を実施。株式会社マルマンコリアが筆頭株主となる[14]
  • 2016年12月15日 - 合同会社西山荘C.C.マネジメントが保有する、株式会社西山荘C.C.マネジメントの全株式を売却。
  • 2017年7月 - 許京秀及び株式会社COSMO&Companyが保有する株式の一部が、モーツァルトアドバイザーズコリアリミテッドに譲渡されるとともに、筆頭株主である株式会社マルマンコリアがコスモグループからモーツァルトアドバイザーズコリアリミテッド傘下に異動[15]
  • 2017年9月 - 合同会社西山荘C.C.マネジメントの清算結了。
  • 2018年4月5日 - 株式会社マルマンコリアが株式公開買付けにより、議決権所有割合ベースで37.69%の株式を取得。モーツァルトアドバイザーズコリアリミテッドは傘下のマルマンコリア保有分を含め、議決権所有割合ベースで51.0%の株式を取得し、親会社となる[16]
  • 2018年7月6日 - 禁煙パイポほか健康食品事業を同日に設立されたマルマンH&B株式会社へ同年10月1日付で吸収分割で移管するなどの事業再編を行うことを発表[7]
  • 2018年10月1日 - 商号をマジェスティ ゴルフ株式会社へ商号変更。同時に本社を明治生命館7階へ移転した他、健康食品事業をマルマンH&B株式会社へ吸収分割で移管[7][8][9]
  • 2019年9月26日 - MAJESTY GOLF KOREA Co.,Ltd.による株式公開買付けが成立[17]

所在地[編集]

子会社等[編集]

子会社
  • マルマンH&B株式会社 - 健康食品事業などの販売。
  • 丸万(香港)有限公司 - ゴルフ用品の香港での販売。
  • 丸万(上海)体育用品貿易有限公司 - ゴルフ用品の中国国内での販売。
  • 丸万(北京)商貿有限公司 - ゴルフ用品の中国国内での販売。
持分法適用関連会社
  • 株式会社マルマンゴルフコーポレーション - 台湾での事業。

かつての子会社[編集]

  • エムアイトレーディング株式会社 - ゴルフ用品と健康食品の海外への販売事業を行う100%子会社であったが、2009年10月1日にマルマンが吸収合併
  • マルマンバイオ株式会社 - 健康食品事業を行う100%子会社であったが、2009年10月1日にマルマンが吸収合併。
  • マルマンゴルフ株式会社 - 100%子会社。ゴルフ用品の販売事業、2009年4月1日にマルマン株式会社に吸収合併され会社消滅。
  • ジャック・アンド・ベティー・トレーディング株式会社 - 2007年10月に50.1%の株式を取得して子会社化したが、2008年3月にすべて売却。イベント・展示会への人材派遣業・販促支援業。
  • 株式会社T-ZONEコールセンター - コールセンター業務の請負保険募集事業。100%子会社だったが、2009年1月22日に株式会社カーチスホールディングスに全株譲渡。
    • なお、カーチスホールディングスも同じく当時の親会社であるSFCGの民事再生法の申請の関係で日本振興銀行の子会社になっている。
  • 合同会社西山荘C.C.マネジメント - 100%子会社。新・西山荘カントリー倶楽部を経営していたが、事業を株式会社西山荘C.C.マネジメントに分割後、同社の株式を売却。合同会社は清算。

スポンサー番組[編集]

(いずれも過去)

脚注[編集]

  1. ^ 電波新聞 1994年11月11日
  2. ^ a b c 上場申請のための有価証券報告書 (Ⅰの部) - マルマン株式会社、2005
  3. ^ a b c 特報 マルマン 上場来3回目の監査法人交代日本証券新聞、2014/03/05
  4. ^ a b 藤森徹『あの会社はこうして潰れた』日本経済新聞出版社、2017年4月10日初版、45-48頁、 ISBN 9784532263379
  5. ^ a b 第三者割当による第1回無担保転換社債型新株予約権付社債及び第1回新株予約権の募集発行に関するお知らせマルマン株式会社、平成27年6月10日
  6. ^ コスモグループ、日本ゴルフブランド「マルマン」買収中央日報、2010年10月05日
  7. ^ a b c 子会社の設立及び会社分割(吸収分割)に関するお知らせマルマン株式会社、2018年7月6日
  8. ^ a b マルマンが分社化で社名変更へ、新会社の商号は“マジェスティ ゴルフ”パーゴルフPLUS 2018年7月26日
  9. ^ a b 「マルマン」が社名変更。今後はメーカー名が「マジェスティ ゴルフ」にALBA.Net 2018年9月28日
  10. ^ a b c 片山 豊 カタヤマ ユタカ20世紀日本人名事典
  11. ^ 『【新装版】頭の切りかえ方 新機軸を生み出すためのテクニック』多湖輝、ゴマブックス, 2017
  12. ^ プロフィール片山豊サイト
  13. ^ 職人と技術者の相克が生んだ魂の言葉 サイエンス&アートが向かう次の世界Gew, 2017/05/09
  14. ^ a b 第三者割当による新株式の発行、並びに主要株主である筆頭株主、親会社以外の支配株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせマルマン株式会社、2016年8月10日
  15. ^ 株式の売出し並びに主要株主及びその他の関係会社の異動に関するお知らせマルマン株式会社、2017年6月30日
  16. ^ MarumanKorea Co.,Ltd.(マルマンコリア カンパニーリミテッド)による当社株券に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせマルマン株式会社、2018年3月30日
  17. ^ MAJESTY GOLF KOREA Co.,Ltd.(マジェスティゴルフコリア カンパニーリミテッド)による当社株券に対する公開買付けの結果並びに親会社及びその他の関係会社の異動に関するお知らせマジェスティ ゴルフ 2019年9月26日

外部リンク[編集]