リヒテンシュタインの地理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リヒテンシュタイン公国の地図
リヒテンシュタインの衛星画像(国境を黄色の線で示している。)

リヒテンシュタインの地理(リヒテンシュタインのちり、英語: Geography of Liechtenstein)では、リヒテンシュタイン公国地理について記述する。リヒテンシュタイン公国はラインの谷英語版の右岸(東岸)の半分程度を包含し、オーストリアスイスの間に位置するである。

ウズベキスタンとともに、リヒテンシュタインは世界に2か国しかない二重内陸国である[1]。標高が高く、非常に多様な微気候英語版を有する国である。

ザ・ワールド・ファクトブック』所収のデータは以下の通り。

北緯47度10分 東経9度32分 / 北緯47.167度 東経9.533度 / 47.167; 9.533 (Liechtenstein)

  • 面積 160 km²(水面積:0 km²)
  • 国境線: 計: 76 km内訳:  オーストリア 35 km、スイスの旗 スイス 41 km
  • 海岸線 0 km(内陸国であるため)
  • 海洋に関する主張: なし(内陸国であるため)
  • 気候: 大陸型の気候で、寒く降雨または降雪の頻繁にある曇天の冬と冷涼で適度な温かさを保ち、曇天で高湿の夏が特徴である。標高が多様な微気候を形成する。
  • 地形:大部分はアルプス山脈の山がちな地形であり、西部はラインの谷である。
  • 天然資源水力耕地
  • 湖沼:ゲングレ湖、(ガンプリン湖英語版)など極少数である。
  • 自然災害:山での災害(例)雪崩

土地利用[編集]

耕地: 25.0%、牧場・牧草地: 12.5%、森林: 43.1%(2008年)[2]

文化[編集]

国民アレマン人が86%を占め、公用語ドイツ語であるが、日常的にはアレマン語を使用する[3]。主な宗教キリスト教で、プロテスタント7.1%、カトリック80.4%となっている[2]

環境(国際合意)[編集]

  • 批准したもの
  • 署名したが、未批准のもの

国土の端点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コトバンク"二重内陸国 とは"(2013年6月24日閲覧。)
  2. ^ a b 二宮書店編集部 編(2012):385ページ
  3. ^ 二宮書店編集部 編(2012):384 - 385ページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]