リック・ルーファス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リック・ルーファス
Rick Roufus
基本情報
本名 リック・ルーファス
(Rick Roufus)
通称 ザ・ジェット(The Jet)
アメリカン・イーグル(American Eagle)
階級 ヘビー級ISKA
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 (1966-06-03) 1966年6月3日(50歳)
出身地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
身長 180cm
体重 98kg
スタイル ボクシング
ムエタイ
プロキックボクシング戦績
総試合数 64
勝ち 57
KO勝ち 40
敗け 7
テンプレートを表示

リック・ルーファスRick Roufus1966年6月3日 - )は、アメリカ合衆国男性キックボクサー総合格闘家ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。ルーファス・キックボクシング・センター所属。ニックネームは公式には「ザ・ジェット」であるが、「アメリカン・イーグル」とも呼ばれる。

キックボクサーのデューク・ルーファスは実弟。

ボクシングキックボクシングの両方において、成功した。

来歴[編集]

1967年6月3日、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ミルウォーキーで生まれる。幼少期、テコンドーを学んだ父の開いた空手道場で空手を学ぶ[1][2]。テコンドーの技術の影響を受けたためか、後のプロの試合では、軸足をスライドさせながら放つ回し蹴りなどの影響が見られた。

1986年1月7日、ジョージア州で、シルベスター・キャッシュを下し、PKC全米ミドル級王座を獲得。

1987年4月16日、ジョージア州でジョン・モンカイヨを7RKOで下し、KICK世界スーパーミドル級王座を獲得した。

22歳のときに29戦目にしてアメリカ・ネバダ州ラスベガスで、チャンプア・ゲッソンリットタイ)とローキックありのルール(3分5R)で対戦。ただし、肘打ちと膝蹴りは禁止で、ルーファスにとって初めてのローキック有りの試合だった。初回にパンチで2度もダウンを奪うも、徐々にローキックを当てられ続け、右足を骨折してレフェリーストップによる4R1:23TKO負けした。

1989年7月20日、地元ミルウォーキーで行われたFFKAスーパーミドル級タイトルマッチでアンディ・メイヨと対戦。3RKOで王座を獲得した。

1990年2月4日、ペンシルベニア州で行われたFFKAライトヘビー級タイトルマッチでケビン・ワーリーを判定で下し王座を獲得。

1990年8月19日、PKC全米ミドル級王座の防衛戦を行うも、マレック・ピトロウスキーポーランド)に10R判定負けし、王座から陥落した。

1991年6月22日、イリノイ州シカゴで行われたISKAフルコンタクト&PKC世界ライトヘビー級ダブルタイトルマッチで、ピトロウスキー(王者)と再戦し、2RKO勝ちし両王座を獲得。

1991年、フランスで王座の防衛戦を行い、ロブ・カーマンと対戦。ローキック禁止に慣れないカーマンは思うように試合運びができず、ルーファスはパンチによるボディー攻撃で1Rにダウンを奪うと、2RにパンチでKO勝ちし、防衛に成功した。

1994年1月22日、アメリカ合衆国ネバダ州で行われた初代IKFプロフルコンタクト世界ライトヘビー級王者決定戦で、マイケル・マクドナルドカナダ)を1R0:43でKOで下し初代王者となった。

1994年3月27日、カナダのモントリールで行われたPKC世界ライトヘビー級タイトルマッチでジャン・イヴ・テリオーと対戦。テリオーはローキック無しのフルコンタクトルールでは非常に名の知れたキックボクサーだった。4R目に左フックでダウンを奪われるも、その後は終始パンチと勢いを活かしたコンビネーションで12R3-0の判定勝ちで王座の防衛に成功した。

1994年11月、フランスで行われたISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級王座(2分12R)の防衛戦で、アーネスト・ホーストと対戦。ホーストとは2度目の対戦だった。9Rにパンチでスタンディングダウンを奪われると、11Rに右ハイキックを受けてKO負けした。負けたルーファスは失神してしばらく立ち上がれないほどダメージを負っており、酸素マスクが必要なほどだった。

1996年6月1日、イゴール・シャラポフを5RTKOで下し、ISKAフルコンタクト世界ヘビー級王座を獲得。

1996年8月10日、ショーン・マクレインを4RTKOで下し、WBCアメリカ大陸クルーザー級王座を獲得。自身初のボクシングの王座獲得に成功した。

1997年2月22日、USBAクルーザー級王座決定戦で、後にIBF世界クルーザー級王者になり、K-1にも参戦したアーサー・ウィリアムスと対戦。4RTKO負けし王座獲得に失敗した。

1997年9月7日、「K-1 GRAND PRIX '97 開幕戦」でK-1に初参戦を果たした。ジェロム・レ・バンナと対戦し、レフェリーストップによるTKO負けを喫したが、バックハンドブローやダウンを奪うなど健闘を見せた。

1998年、IKFプロインターナショナル世界ヘビー級王者に転向し、初代王者に認定された。これは、IKFのルールにある「挑戦者が3年以上現れない」などの特定の条件を満たしたためである。この年に長女が生まれた。

1999年5月14日、アメリカ合衆国マサチューセッツ州で防衛戦を行い、スタン・ザ・マンオーストラリア)を9RTKOで下し同王座の初防衛に成功した。

2001年11月30日、デール・ブラウンに9RTKO負けし、ボクシングから完全に引退した。

2002年に再婚。2人の子供が生まれる。

2002年5月3日、「K-1 WORLD GP 2002 世界地区予選ラスベガス大会」に出場。1回戦でカート・ハスレイを、準決勝でデューウィー・クーパーをそれぞれ3R判定3-0で下すと、決勝戦でマイケル・マクドナルドと対戦。

両者は今回が2戦目だった。3R判定で引き分けになり、延長ラウンドに入ったが、試合中に左ひざを痛めたため、試合続行が不可能となりTKO負けになった。

2003年9月29日、IKFに正式に引退届けを提出(ただし、その後もIKF以外の試合には出場し続けている)、タイトルは返上された。その後アリゾナ州テンピに引越し、「ルーファス・キックボクシング・センター」を開設し、後進の育成・指導を始めた。

2004年8月7日、米国ネバダ州ラスベガスで行われた「K-1 WORLD GP 2004 in LAS VEGAS」のスーパーファイトでと対戦。曙がプッシングを繰り返し減点されたため、3R判定3-0で勝利した。

2005年4月30日、「K-1 WORLD GP 2005 in LAS VEGAS」で武蔵と対戦。3R判定1-2で敗れた。

2008年2月23日、総合格闘技デビューとなるStrikeforceモーリス・スミスと対戦し、ストレートアームバーで一本負けを喫した。

2012年10月14日、新体制となったK-1の日本大会に参戦、ジェームス・ウィルソンと対戦するも、お互い手数がほとんど出ず、結果ドローで凡戦に終わった。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
8 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
4 2 0 2 0 0 0
4 0 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ウェイン・コール 1R 0:36 腕ひしぎ十字固め Slammin Jammin Weekend 3 2009年5月9日
× ライアン・ジモー 1R 2:24 TKO(パンチ連打) Phoenix Fight Promotions: Wanted 2008年11月29日
× ヘクター・ラミレス 5分3R終了 判定0-3 SuperFights MMA: Night of Combat 2 2008年10月11日
レジー・カトー 2R TKO(タオル投入) C3 Fights: Clash in Concho 2008年9月19日
× トッド・ブラウン 2R 1:31 三角絞め Combat USA: Fight Night 2008年6月28日
ホベルト・マルチネス 3R終了 判定3-0 C3 Fights: Contenders 2008年6月7日
BJ・レイシー 3R KO Combat USA: Battle in the Bay 7 2008年5月30日
× マイケル・マクドナルド 5分2R終了 判定0-3 Strike FC: Night of Gladiators 2008年4月18日
マイケル・ビュール 3分3R終了 判定3-0 CCCF: Battle on the Border 2008年3月29日
× モーリス・スミス 1R 1:53 ストレートアームバー Strikeforce: At The Dome 2008年2月23日

キックボクシング[編集]

  • 69戦 61勝 38KO 8敗

プロボクシング[編集]

  • 19戦 13勝 11KO 5敗 1分

主な獲得タイトル[編集]

  • 空手
    • 空手USA大会優勝(4回)
  • プロキックボクシング
    • PKCアメリカ合衆国ミドル級王座
    • FFKAスーパーミドル級王座
    • FFKAライトヘビー級王座
    • PKCラ世界ライトヘビー級王座
    • KICK世界スーパーミドル級王座
    • ISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級王座
    • ISKAフルコンタクト世界ヘビー級王座
    • 初代IKFプロフルコンタクト世界ライトヘビー級王座(0度防衛)
    • 初代IKFプロインターナショナル世界ヘビー級王座(1度防衛)
    • K-1 USA GRAND PRIX '98 王者
  • プロボクシング

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The Milwaukee Sentinel 1991年 3月15日 8ページ Karate clans need good, swift kick by MICHELE WUCKER
  2. ^ The Milwaukee Sentinel 1985年 8月4日 13ページ Father, son seek karate excellence by MARK SABLJAK

外部リンク[編集]

前王者
シルヴェスター・キャッシュ
PKCアメリカ合衆国ミドル級王者

1986年1月7日 - 1989年8月19日

次王者
マレック・ピトロウスキー
前王者
マレック・ピトロウスキー
ISKAフルコンタクト世界ライトヘビー級王者

1991年6月22日 - 1994年11月12日

次王者
アーネスト・ホースト
前王者
IKFは1992年7月設立
初代IKFプロフルコンタクト世界ライトヘビー級王者

1994年1月22日 - 1998年

次王者
フランキー・トリーピー
前王者
IKFは1992年7月設立
初代IKFプロインターナショナル世界ヘビー級王者

1998年 - 2003年9月29日

次王者