ロブ・カーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロブ・カーマン
基本情報
本名 ロブ・カーマン
通称 ザ・ダッチマン
キックの帝王
階級 ライトヘビー級
国籍 オランダの旗 オランダ
誕生日 (1960-06-05) 1960年6月5日(56歳)
出身地 アムステルダム
身長 187cm
体重 89kg
スタイル キックボクシング
テンプレートを表示

ロブ・カーマンRob Kaman1960年6月5日 - )は、オランダ男性キックボクサーアムステルダム出身。

人格的に素晴らしい人間だと知られており、自分の車を貸した友人がその車で強盗を起こした際、その友人の代わりに自分が刑務所に入ったという逸話がある。彼によればその方が反省させられると考えたからだと言う。

来歴[編集]

子供の頃はサッカーに夢中になり、類稀な運動神経と、リーダーシップあふれた統率力でサッカーにおいても郡を抜く存在だったという。 そのため世界でもビッグクラブのチームのジュニアに入団。将来を期待された選手だったが、熱中しきれない何かを感じ、個人競技に転向したいと思い格闘技の道へ。

16歳の時にプンチャック・シラットを始めた。1978年5月からオランダ目白ジム[1]ムエタイの練習を始めた。4か月後に初試合を行い、フランス国内王者のカリロンと対戦して判定負け。その後、勝ち星を重ねてA級に昇格すると、ベニー・ユキーデの従兄弟のブリンキー・ロドリゲスと対戦しローキックで2RKO勝ちし、国際的に名前が知られるようになった。

1983年9月23日、WKA世界王座に挑戦。ジョン・モンカイヨと対戦しローキックで3RKO勝ちしヨーロッパ系のキックボクサーとして初のWKAの世界王者となった。

1984年1月12日、パーヤップ・プレンチャイ(タイ)とムエタイルールで対戦し、勝利を収めた。4月にアメリカ・フロリダ州でモンカイヨと再戦し、これを2RKO(パンチ)で退ける。同年12月28日には香港でサーマート・プラサンミット(タイ)に、ジャン・マルク・トーナスにWKAフルコンタクトヨーロッパ王座決定戦で勝利した。

1987年11月15日、全日本キックボクシング連盟興行で初来日。1Rでラックチャート・ソーパサドポンをKOし、日本でも知られる存在になった。これを機に日本での試合のオファーが増え、カークウッド・ウォーカードン・中矢・ニールセンといった強豪キックボクサーと対戦しその試合全てにおいて勝利した。

1989年4月9日、オランダでヤン・ウェッセルと対戦するも敗北。しかし、その年の終わりにはウェッセルと再戦し2RKOで下しリベンジに成功した。

1989年10月21日、全日本キック後楽園ホール大会で、プロレスラーサムソン・ネグロ(イギリス)と異種格闘技戦を行い、3R0分38秒 左膝蹴りでKO勝ちした。

1990年に映画「ブラッドフィスト」に出演し、ドン・ウィルソンとの共演も果たした。同年、長男が誕生。

1990年6月30日、日本武道館で行われたWKA世界ジュニアライトヘビー級王座防衛戦で、ピーター・スミットオランダ/WKAヨーロッパ王者)と対戦。10R2:10に右ストレートでKO負け、王座から陥落した。

1990年9月28日、全日本キック武道館大会で西良典と対戦、1RKO勝ち。またオランダでアーネスト・ホーストにも5RKO勝ちした。

1991年6月29日、フランスでピーター・スミットを破ってルーク・ヴァーヒーが戴冠したWKA世界王座に挑み、KO勝ちして再び王座に返り咲いた。この年はフランスを主戦場にしてリック・ルーファス、ジャスティン・ワードといった選手と対戦した。

1992年6月20日、当時フルコンタクトルールで史上最強と言われたジャン・イヴ・テリオーの持つISKAフルコンタクト世界王座に挑戦し、TKO勝ちを収め新王者となった。

1993年11月26日、オランダ王者のリック・ヴァン・ダムに2RKO勝ちすると、2本の映画に出演。その際、ジャン・クロード・ヴァンダムと共演。

1993年12月19日、K-1が主催したK-2 GRAND PRIX '93に参戦。1回戦でチャンプア・ゲッソンリットと対戦、ダウンを奪われての判定負け(カーマンはこの年に3度チャンプアと対戦した)。

1995年1月7日、フランスパリで行われたK-2 France Grand Prix'95(K-1が主催)に参戦。決勝戦でジェロム・ターカン(フランス)を4R終了時にハイキックでKO勝ちし逆転優勝した。

1999年10月24日、オランダで開催されたIt's Showtimeで引退試合を行い、アマチュアキックボクシングの世界選手権で優勝したアレクセイ・イグナショフと対戦。判定勝ちするも、試合後真の勝者はイグナショフだと語り、受け取ったトロフィーを彼に渡した。

戦績[編集]

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× アメリカ合衆国の旗 ジャン・クロード・リビエール 5R 0:34 TKO(戦意喪失) K-1 HERCULES '96 1996年12月8日
× タイ王国の旗 チャンプア・ゲッソンリット 3分3R終了 判定3-0 K-2 GRAND PRIX '93
【1回戦】
1993年12月19日
オーストラリアの旗 アダム・ワット 2R KO 格闘技シンポジウム~総合格闘技完成前夜 1992年12月11日
日本の旗 佐竹雅昭 5R終了 ドロー リングス MEGA BATTLE SPECIAL 礎~ISHIZUE 1992年8月21日
オーストラリアの旗 アダム・ワット 2R 2:18 KO(左ボディアッパー) 硬派er~'92格闘技オリンピックⅠ 1992年3月26日
日本の旗 西良典 1R 1:51 KO(右ロングフック) INSPIRING WARS HEAT 928 IN BUDOKAN 1990年9月28日
× オランダの旗 ピーター・スミット 10R 2:09 KO(右ストレート) INSPIRING WARS-HEAT630
WKA世界ジュニアライトヘビー級タイトルマッチ
1990年6月30日
フランスの旗 ドミニク・シーグラー 1R 2:21 KO(右ローキック) INSPIRING WARS SECOND 1990年3月31日
アメリカ合衆国の旗 ドン・中矢・ニールセン 3R 0:44 KO(右ショートフック) 今世紀最大の激突! 1989年9月5日
アイルランドの旗 ショーン・オレガン 2R 1:00 KO(左フック) 格闘技大戦争パート5 1988年11月25日
アメリカ合衆国の旗 カリブ・ゲイブ・カールマイケル 3R 1:43 KO(右ローキック) 格闘技大戦争パート4 1988年10月14日
アメリカ合衆国の旗 サンディアゴ・ガルザ 3R 0:35 KO(右ローキック) 格闘技大戦争 Part III 1988年7月16日
タイ王国の旗 ハンスー・プレムチャイ 1R 1:46 KO(パンチ連打) 格闘技大戦争PART2 1988年5月29日
イングランドの旗 カークウッド・ウォーカー 4R 1;55 KO(左フック) 格闘技大戦争 1988年3月12日
タイ王国の旗 ラクチャート・ソーパサドポン 1R 0:38 KO(右ボディストレート) BEST OF KICK BOXING Super Fight 3 1987年11月15日

異種格闘技戦[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
イングランドの旗 サムソン・ネグロ 3R 0:38 KO(左膝蹴り) 世紀の激突第5弾!! 1989年10月21日

総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
日本の旗 角田信朗 3R 2:03 TKO(レフェリーストップ) リングス MEGA BATTLE 1st 回天 1992年1月25日

獲得タイトル[編集]

  • IKBFフルコンタクト世界ライトヘビー級王座
  • WKAフルコンタクト世界ミドル級王座
  • PKAフルコンタクトヨーロッパ王座
  • WKAフルコンタクト世界ライトヘビー級王座
  • IMTF世界ムエタイライトヘビー級王座
  • WKAフルコンタクト世界スーパーライトヘビー級王座
  • ISKAフルコンタクト世界ミドル級王座
  • ISKAオリエンタル世界ライトヘビー級王座
  • K-2 France Grand Prix'95 優勝

出演映画作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 目白ジムで修行したオランダ人ヤン・プラスオランダへ帰国後、1978年に設立したジム。

関連項目[編集]