ラヴ・オーヴァー・ゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴ・オーヴァー・ゴールド
ダイアー・ストレイツスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック、ルーツ・ロック
時間
レーベル ヴァーティゴ
ワーナー・ブラザース・レコードアメリカ合衆国の旗
プロデュース マーク・ノップラー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 1位(イギリス[1]、オーストリア[2]、オランダ[3]、ニュージーランド[4]、ノルウェー[5]
  • 2位(スウェーデン[6]
  • 4位(ドイツ[7]
  • 19位(アメリカ[8]
  • 74位(日本[9]
  • ダイアー・ストレイツ アルバム 年表
    メイキング・ムーヴィーズ
    (1980年)
    ラヴ・オーヴァー・ゴールド
    (1982年)
    ExtendedancEPlay
    (1983年)
    テンプレートを表示

    ラヴ・オーヴァー・ゴールド』(Love Over Gold)は、イギリスロックバンドダイアー・ストレイツ1982年に発表した4作目のスタジオ・アルバム。1980年のツアーより加入した新メンバーのハル・リンデスとアラン・クラークが初参加したアルバムである。

    背景[編集]

    「テレグラフ・ロード」のタイトルは、アメリカの国道24号線のうちミシガン州を走る部分の別名に由来しており[10]マーク・ノップラーはツアー・バスでテレグラフ・ロードを通った体験と、クヌート・ハムスンの小説『土の恵み』にインスパイアされてこの曲を作った[11]

    本作が制作されていた頃、ノップラーは女性視点の曲「プライヴェート・ダンサー」も完成させていたが、最終的には自分でこの曲を歌うことに難色を示し、ティナ・ターナーのアルバム『プライヴェート・ダンサー』(1984年)に提供した[12]。なお、ターナーのヴァージョンのレコーディングには、ノップラーを除くダイアー・ストレイツのメンバーが参加し、ノップラーの代わりにジェフ・ベックがギターを弾いている[12]

    本作のレコーディングには、ジャズ・ミュージシャンのマイク・マイニエリがゲスト参加した。なお、ノップラーはマイニエリのアルバム『Wanderlust』(1981年)を聴いて、同アルバムの制作に関与したニール・ドーフスマンに興味を抱き[13]、本作でドーフスマンをレコーディング・エンジニアに起用した後、アルバム『ブラザーズ・イン・アームス』(1985年)では共同プロデューサーに迎えている[14]

    本作のレコーディングを最後に、オリジナル・メンバーの一人ピック・ウィザースがバンドを脱退[15]。そして、元ロックパイルのテリー・ウィリアムズが後任ドラマーとして加入した[16]

    反響[編集]

    母国イギリスでは、本作からの先行シングル「哀しみのダイアリー」が全英シングルチャートで2位を記録し、バンド初の全英トップ5シングルとなる[17]。そして、本作は全英アルバムチャートで4週にわたり1位を獲得し、200週チャート圏内に入った[1]

    ニュージーランドのアルバム・チャートでは27週連続でトップ10入りし、そのうち12週にわたって1位を獲得する大ヒットとなった[4]。その後も度々チャート圏内に再浮上して、1986年6月にも2週トップ10入りしている[4]。オランダのアルバム・チャートでは6週[3]、ノルウェーのアルバム・チャートでは5週にわたり1位を獲得した[5]

    アメリカでは本作がBillboard 200で19位に達し[8]、1986年4月にはRIAAによってゴールドディスクに認定された[18]。また、アメリカでは「公害病」がシングル・カットされ、総合シングル・チャートのBillboard Hot 100で75位、『ビルボード』のメインストリーム・ロック・チャートでは9位を記録した[8]

    日本では、『コミュニケ』(1979年)以来となるオリコンLPチャートのトップ100入りを果たしている[9]

    評価[編集]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「14分に及ぶオープニング曲"Telegraph Road"を含む5曲しか収録されておらず、ある意味、彼らのプログ・ロック的な試みといえるアルバム」と評している[19]。また、デヴィッド・フリックは『ローリング・ストーン』誌のレビューで5点満点中4点を付け「殆どのポップ・ミュージックが製品とみなされている時代にあって、『ラヴ・オーヴァー・ゴールド』は敢えて、エアプレイよりも芸術性を優先した」と評している[20]

    収録曲[編集]

    全曲ともマーク・ノップラー作。

    1. テレグラフ・ロード "Telegraph Road" – 14:18
    2. 哀しみのダイアリー "Private Investigations" – 6:46
    3. 公害病 "Industrial Disease" – 5:50
    4. ラヴ・オーヴァー・ゴールド "Love Over Gold" – 6:17
    5. イット・ネヴァー・レインズ "It Never Rains" – 7:59

    他メディアでの使用例[編集]

    ビル・フォーサイス英語版が監督した1983年のイギリス映画『アイスクリーム・コネクション英語版』では、マーク・ノップラーがサウンドトラックを制作し、「テレグラフ・ロード」と「哀しみのダイアリー」といった本作からの曲も流用された[21]。なお、フォーサイスは同作について「『ラヴ・オーヴァー・ゴールド』のトーンを反映してみた」と説明している[21]

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注・出典[編集]

    1. ^ a b DIRE STRAITS | Artist | Official Charts - 「Albums」をクリックすれば表示される
    2. ^ Dire Straits - Love Over Gold - austriancharts.at
    3. ^ a b dutchcharts.nl - Dire Straits - Love Over Gold
    4. ^ a b c charts.org.nz - Dire Straits - Love Over Gold
    5. ^ a b norwegiancharts.com - Dire Straits - Love Over Gold
    6. ^ swedishcharts.com - Dire Straits - Love Over Gold
    7. ^ officialcharts.de
    8. ^ a b c Dire Straits | Awards | AllMusic
    9. ^ a b 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.190
    10. ^ Michigan Highways: Route Listings: US-24 - michiganhighways.org - 2014年12月6日閲覧
    11. ^ Telegraph Road by Dire Straits Songfacts - 2014年12月6日閲覧
    12. ^ a b Private Dancer - Tina Turner | AllMusic - Song Review by Stewart Mason
    13. ^ CLASSIC TRACKS: Dire Straits 'Money For Nothing' - soundonsound.com - 2014年12月6日閲覧
    14. ^ Neil Dorfsman | Credits | AllMusic
    15. ^ 35 Years Ago: Dire Straits Release 'Communique'
    16. ^ Dire Straits | Biography | AllMusic - Artist Biography by Stephen Thomas Erlewine
    17. ^ DIRE STRAITS | Artist | Official Charts
    18. ^ RIAA公式サイト内SEARCHABLE DATABASE - 引用符付きの"LOVE OVER GOLD"と入力して検索すれば表示される
    19. ^ Love Over Gold - Dire Straits | AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
    20. ^ Dire Straits Love Over Gold Album Review | Rolling Stone - Review by David Fricke - 2014年12月6日閲覧
    21. ^ a b Comfort and Joy: the anatomy of melancholy - Offscreen - article by Philip Gillett - 2014年12月6日閲覧