ランチア・デルタS4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

デルタS4Delta S4 )は、イタリアの自動車会社ランチア世界ラリー選手権(WRC)に参戦するために製造した車である。"S4"のSはイタリア語Sovralimentataスーパーチャージド)、4は4WDを意味する[1]

ストラダーレ[編集]

ランチア・デルタS4
ストラダーレ
Lancia Delta S4 002.JPG
Lancia Delta S4 004.JPG
乗車定員 2 人
エンジン 1,759cc 縦置き 直列4気筒 DOHC ツインチャージャー
駆動方式 ミッドシップ4WD
最高出力 250 HP / 6750rpm
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 4,005mm
全幅 1,801mm
全高 1,501mm
ホイールベース 2,327mm
車両重量 1197 kg
-自動車のスペック表-

「12ヶ月間で200台生産。ただし競技用の車両20台も含めていい」なるグループBの公認要件を満たすため製作されたホモロゲーションモデル。「デルタ」の名を持つが、シャーシは先行デルタとは異なる専用設計である。型式名はZLA038ARO。ランチアの800番台、フィアットの100番台でもないアバルトの開発コードSE038から由来している。

エンジンは、フィアット製1,759ccの直列4気筒DOHCエンジン。これをリアミッドシップに縦置きした。過給機はターボチャージャーに加え、低回転域ではスーパーチャージャーを使うツインチャージャーを採用している。

駆動方式は、1985年当時では最新と言える、センターデフにビスカスカップリングを採用したフルタイム4WDである。

コンペティツィオーネ[編集]

ランチア・デルタS4
S4 Gr.B #209(フロント)
Lancia Delta S4 005.JPG
(リア)
Lancia Delta S4 006.JPG
乗車定員 2 人
エンジン 1,759cc 縦置き 直列4気筒 DOHC ツインチャージャー
駆動方式 ミッドシップ4WD
最高出力 456 ps-600 ps
サスペンション ダブルウィッシュボーン
全長 3,990mm
全幅 1,880mm
全高 1,400mm
ホイールベース 2,440mm
車両重量 890 kg
後継 ランチア・ECV1
-自動車のスペック表-

WRCにグループB規定が導入されると、ランチアはミッドシップ後輪駆動ラリー037で成功を収めるが、ライバルメーカーの4WDマシンの熟成が進むと共に苦戦を強いられた。1985年シーズン末にランチアが投入したニューマシンS4はミッドシップ・4WDであることに加え、エンジンに二種類の過給機(アバルト製スーパーチャージャーとKKK製ターボチャージャー[2])を付けていた。ターボラグが発生する低回転域はスーパーチャージャーがカバーし、4,000回転以上の高回転域をターボが受け持つ[2]。リアには2基の大型インタークーラーが設置され、ボディサイドにはインタークーラー用のエアインテークが張り出している。

エンジンの排気量1,759ccは、過給機係数×1.4で2,500cc以下に収まるサイズ。車両区分の2,500cc以下クラスでは最低重量が890kgとなり、3,000cc以下クラスの960kgよりも軽量化のメリットを得られる。最高出力456ps/8,000rpm、最大トルク46kgf·m/5,000rpmを発生し、1986年最終戦アクロポリス・ラリーでは600psを超えていた。パワーウエイトレシオは2kg/psを切り、そのパワーで890kgの軽量な車体を加速させた。ただしこの過剰なパワーがピーキーな挙動を生み、乗り手を選ぶ車ともなった。また、アルミニウム製の燃料タンクが運転席の真下に位置していたため、後述のトイヴォネンの悲惨な死亡事故につながってしまった。

5速ギアボックスは縦置き直4エンジンの前方にミッドマウントされ、センターデフを介して前後30:70の割合で4輪に駆動力を配分する。初期のエボリューションモデルには、デフロックのためのレバーがある。

主な戦歴・エピソード[編集]

WRCでは1985年の最終戦RACラリーで実戦投入され、ヘンリ・トイヴォネンマルク・アレンの1-2フィニッシュでデビューウィンを飾る。

1986年は1月の開幕戦ラリー・モンテカルロでトイヴォネンが優勝。第2戦ラリー・スウェーデンではアレンが2位。第3戦ラリー・ポルトガルは観客死傷事故により、全ワークスドライバーが自主リタイア。第4戦サファリ・ラリーは旧車037で参戦。

迎えた第5戦ツール・ド・コルスで、トップを快走していたトイヴォネンはSS18でオーバースピードでコースアウトし、崖下に転落。マシンは炎につつまれ、トイヴォネンとコ・ドライバーのセルジオ・クレストは帰らぬ人となった。重大事故続発によりグループBは危険すぎると判断され、1986年シーズンをもって終了することが決定する。

第8戦ラリー・アルゼンチンミキ・ビアシオンがWRC初勝利を獲得。第11戦ラリー・サンレモはライバルのプジョー・205T16E2がサイドスカート規定違反で全車失格し、アレン、ダリオ・チェラート(ノンワークス)、ビアシオンが1-2-3フィニッシュを達成した。プジョーはこの判定を不服としてFISAに控訴する。最終戦アクロポリス・ラリーでもアレンが優勝し、プジョーのユハ・カンクネンを抑えてドライバーズ&マニュファクチャラーズ両部門の制覇を決める。しかし、シーズン後にFISAはサンレモのリザルトを無効と裁定し、選手権ポイントから除外した結果、アレンとランチアの栄光は幻と消えた。

1985年も含め、デルタS4の通算成績は13戦中6勝。ランチアのワークスで参戦したラリーカーでは唯一タイトルの無い車両となる。

WRCのグループB終了後はパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム等においてプジョーやアウディ勢と参戦した。

試作車[編集]

ランチア・ECV

グループB終了のため撤回された上位カテゴリ、グループS用のマシンとして企画されたものに、S4の発展型である「ランチア・ECV (Lancia_ECV」および「ECV2」(アバルト開発コードSE041)と「グルッポS」(アバルト開発コードSE042)がある。

ECV
ECVはExperimental Composite Vehicle(実験的複合車両)の意味。エンジンは過給機を小径ツインターボ2基に変更し、1気筒あたり4バルブの吸気バルブと排気バルブを互い違いに配置する「トリフラックス (Triflux) 」という特殊なエンジンヘッドの設計にしている。シャーシはマルチチューブラーフレームカーボンケブラーの複合材で補強。さらに無段変速機 (CVT) を搭載するような構想もあった。
実車は1986年のボローニャモーターショーで公開されたあと、後述のECV2に改装された。かつてセミワークスチームあったヴォルタ・レーシングがアバルトから引き取っていたパーツ類を組んでレプリカを製作し、2010年10月にサンマリノで行われた「ラリー・レジェンド」で初走行している。
ECV2
ECV2は1988年にハイテク素材と空力改善のテストベッドとして発表された。フロント・リアの冷却系を改良し、ボディ形状がハッチバックからクーペに変更された。現在はトリノのランチアコレクションに保存されている[3]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『RALLY CARS Vol.16 LANCIA DELTA S4』、三栄書房、2017年、16頁。
  2. ^ a b LANCIA DELTA S4 - 四国自動車博物館(2017年8月10日閲覧)。
  3. ^ 原田了 (2016年3月27日). “グループSはグループBのアクシデント多発でお蔵入りに”. WEB CARTOP. 2017年8月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]