ターボラグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ターボラグ(Turbo lag)とは、ターボチャージャーによる過給エンジンにおいて、減速後に再加速した際にコンプレッサーが機能するまでの遅延時間のことである。

概略[編集]

ターボチャージャーは、エンジンから廃棄される排気ガスのエネルギー(動圧静圧及び熱エネルギー)により排気タービンを回転させ、その回転力によりコンプレッサーを駆動することで、空気をエンジンへ圧送する。

そのため、減速時にアクセルペダルを戻すと排気エネルギーが減少しタービン回転数が徐々に下がる。同時に、スロットルバルブより上流の空気も行き場を無くすため、逆流しコンプレッサーの回転が妨げられる[1]。 その後再加速のためにアクセルペダルを踏み込んだ時、タービン回転数が再び上昇しコンプレッサーが機能するまでの遅延時間が生じ、この間は十分な過給が行なえず、期待した機関出力を得られない。しかしこのターボラグを小さくする工夫も各メーカーで見られる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 市販車のエンジンにはブローオフバルブが取付けられているため、コンプレッサーへの逆流は問題にはならない。モータースポーツ車両のエンジン(特にリストリクター付きの場合)では、過給圧が下がることを嫌いブローオフバルブが取付けられていないため、この逆流が問題となる。

関連項目[編集]