ヨハン・ガルトゥング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヨハン・ガルトゥング
Johan Galtung
2012年、イタリアトレントにて
人物情報
全名 ヨハン・ヴィンセント・ガルトゥング
生誕 (1930-10-24) 1930年10月24日(92歳)
 ノルウェー オスロ
出身校 オスロ大学
学問
研究分野 社会学平和学未来学数学
研究機関 コロンビア大学
オスロ大学
オスロ国際平和研究所
学位 博士(社会学、数学)
特筆すべき概念 構造的暴力、積極的平和、en:Conflict triangle
主な受賞歴 ライト・ライブリフッド賞
テンプレートを表示

ヨハン・ヴィンセント・ガルトゥング(Johan Vincent Galtung、1930年10月24日 - )は、ノルウェー社会学者数学者

人物・来歴[編集]

ヴァイキングの時代から続く貴族の家系に生まれ、父は医者、陸軍少尉、オスロ副市長も歴任した人物である[1]。オスロ大学にて、1956年に数学で、翌年には社会学で博士号を取得[2]。20代半ばの頃には、良心的兵役拒否者として12カ月間の単純労働に従事した[1]。その後、労働期間の延長を拒んだために労働刑務所に6カ月間収監された[1]

略歴[編集]

主張[編集]

戦争のない状態を平和と捉える「消極的平和」に対し、貧困、抑圧、差別など構造的暴力のない状態を「積極的平和」とする概念を提起した。これまでに、スリランカアフガニスタン北コーカサスエクアドルなど、世界で40ヶ所以上の紛争の仲介者をした。日本においても中央大学国際基督教大学 (ICU) 、関西学院大学立命館大学創価大学などで客員教授を務める。

尖閣諸島の領有権を巡って日中が対立している状況に対し、中国日本がそれぞれ40%ずつの権益を分けあい、残りの20%を北東アジア共同体のために使うという解決案を示している[5]

邦訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『90年代日本への提言―平和学の見地から』、中央大学出版部、1989年
  • 『平和への新思考』(高柳先男塩屋保訳)、勁草書房、1989年
  • 『仏教――調和と平和を求めて』、東洋哲学研究所、1990年
  • 『構造的暴力と平和』(高柳先男塩屋保酒井由美子訳)、中央大学出版部、1991年
  • 『市民・自治体は平和のために何ができるか――ヨハン・ガルトゥング平和を語る』、国際書院、1991年
  • 『平和的手段による紛争の転換――超越法』(伊藤武彦編集、奥本京子訳)、平和文化、2000年
  • 『平和を創る発想術――紛争から和解へ』京都YWCAほーぽのぽの会訳、岩波書店、2003年
  • 『グローバル化と知的様式――社会科学方法論についての七つのエッセー』矢澤修次郎・大重光太郎訳、東信堂、2004年
  • 『ガルトゥングの平和理論――グローバル化と平和創造』(木戸衛一・藤田明史・小林公司訳)、法律文化社、2006年
  • 『ガルトゥング紛争解決学入門――コンフリクト・ワークへの招待』藤田明史・奥本京子監訳、トランセンド研究会訳、法律文化社、2014年
  • 『日本人のための平和論』御立英史訳、ダイヤモンド社、2017年
  • 『ガルトゥング平和学の基礎』藤田明史編訳、法律文化社、2019年

共編著[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]