ヨハン・ガルトゥング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ガルトゥング
(Johan Galtung)
左から2番目
生誕 1930年10月24日(84歳)
ノルウェーオスロ
職業 社会学者・数学者

ヨハン・ガルトゥング(Johan Galtung、1930年10月24日 - )は、ノルウェー社会学者数学者平和研究、紛争研究の開拓者、また第一人者として知られている。

戦争のない状態を平和と捉える「消極的平和」に対し、貧困、抑圧、差別など構造的暴力のない状態を「積極的平和」とする概念を提起し、平和の理解に画期的な転換をもたらした。平和のための超国家的なネットワークの総括者で、超国家的手法の開発者でもある。

これまでに、スリランカアフガニスタン北コーカサスエクアドルなど、世界で40ヶ所以上の紛争の仲介者としても活躍した。

オスロに生まれ、オスロ大学数学社会学の博士号を取得。1959年オスロ国際平和研究所(PRIO)を創設し、1970年まで代表を務めた。また、1964年には雑誌 Journal of Peace Research を創設し、編集長として、ヨーロッパにおける平和研究を主導した[1]1987年にはライト・ライブリフッド賞を受賞。1993年には、平和的手段による紛争解決のための国際NGO、TRANCEND International(トランセンド・インターナショナル)を創設した[2]

日本においても中央大学国際基督教大学関西学院大学立命館大学創価大学などで客員教授を務めるなど、親睦の深い学者である。

邦訳著書[編集]

単著[編集]

  • 『90年代日本への提言―平和学の見地から』、中央大学出版部、1989年
  • 『仏教――調和と平和を求めて』、東洋哲学研究所、1990年
  • 『市民・自治体は平和のために何ができるか――ヨハン・ガルトゥング平和を語る』、国際書院、1991年
  • 『平和を創る発想術――紛争から和解へ』、岩波書店、2003年
  • 『グローバル化と知的様式――社会科学方法論についての七つのエッセー』、東信堂、2004年
  • 『ガルトゥング紛争解決学入門:コンフリクト・ワークへの招待』、法律文化社、2014年

共著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]