西山俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西山 俊彦(にしやま としひこ、1935年 - )は、日本のカトリック司祭ウルバノ大学哲学修士、セントルイス大学Ph.D京都大学教育学博士英知大学で教鞭をとる。

酒田市に生まれる。上智大学を中退し、ローマに留学する。1961年に司祭として叙階される。

1932年からの上智大生靖国神社参拝拒否事件を受けて、1936年に出された聖省訓令、「祖国に対する信者のつとめ」の取り消しを求めている。

著書[編集]

  • 『宗教的パーソナリティーの心理学的研究』大明堂
  • 『カトリック教会の戦争責任』サンパウロ ISBN 4805614935. 2000
  • 『カトリック教会と沖縄戦-平和への決意』の実行を祈りつつ』サンパウロ ISBN 4805614943. 2001
  • 『カトリック教会と奴隷貿易』サンパウロ ISBN 4805615095. 2005
  • 『靖国合祀取消し訴訟の中間報告-信教の自由の回復を求めて』ISBN 4805687126. サンパウロ 2006

共著

  • 『一極覇権主義とキリスト教の役割』山内継祐著、平林 敦史著 フリープレス ISBN 4434031716. 2003

外部リンク[編集]