モーニントン・クレセント駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
モーニントン・クレセント駅
Mornington Crescent tube station
Mornington Crescent stn building.JPG
ハムステッド・ロードに面した駅舎
モーニントン・クレセント駅の位置(セントラル・ロンドン内)
モーニントン・クレセント駅
モーニントン・クレセント駅
セントラル・ロンドンの地図上でのモーニントン・クレセント駅の位置
所在地 モーニントン・クレセント英語版
行政区 カムデン・ロンドン特別区英語版
運営 ロンドン地下鉄
路線 ノーザン線
ホーム数 2
ゾーン 2
地下鉄年間乗降員数
2010 増加 4.67百万人[1]
2011 減少 4.30百万人[1]
2012 増加 4.55百万人[1]
2013 増加 4.65百万人[1]
鉄道会社
開設時の所属会社 チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道
歴史
1907 開業
1992 休止
1998 再開
WGS84 北緯51度32分04秒 西経0度08分19秒 / 北緯51.5344度 西経0.1386度 / 51.5344; -0.1386座標: 北緯51度32分04秒 西経0度08分19秒 / 北緯51.5344度 西経0.1386度 / 51.5344; -0.1386
テンプレートを表示

モーニントン・クレセント駅(モーニントン・クレセントえき、英語:Mornington Crescent tube station)はロンドン西部、カムデン・ロンドン特別区英語版カムデン・タウン英語版にあるロンドン地下鉄ノーザン線の駅である。当駅はノーザン線チャリング・クロス支線ユーストン駅カムデン・タウン駅の間にあり、トラベルカード・ゾーン2英語版に含まれる。駅名は駅近くの同名の道英語版の名前にちなんだものである。

当駅は1907年6月22日チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道が開業した際に開設された。駅名は当初「セイモア・ストリート」と仮称されていた。長らく平日のみ列車が停車する駅で、1966年以前はエッジウェア支線からの列車は当駅を通過していた。

駅の位置[編集]

当駅はカムデン・ハイ・ストリート英語版の南端、ハムステッド・ロードとエヴァーショルト・ロードが交わる地点にあり、この交差点はサマーズ・タウン英語版の北西の角にあたる。駅の北はカムデン・タウン、南はリージェンツ・パーク・エステート英語版である。

ノーザン線が当駅の北隣りのカムデン・タウン駅でチャリング・クロス支線とバンク支線に分岐しているため、当駅の位置はやや特殊なものとなっている。当駅はチャリング・クロス支線のカムデン・タウンとユーストンの間に位置するが、カムデン・タウンで分岐するバンク支線は別ルートでユーストンに至るため、当駅を経由しない。ロンドン地下鉄路線図では当駅はバンク支線の西側にあるように描かれるが、両支線のトンネルはユーストン駅の手前で交差して東西が入れ替わるため、実際の駅はバンク支線のトンネルの東側にある。ハリー・ペッグ英語版1933年に作成したロンドン地下鉄の地図には実際のトンネルの形が表現されている。

休止と再開[編集]

当駅は1992年10月23日より、開業以来使用されていたエレベーターの交換工事のため休止された。当初は1年以内に営業を再開する予定だったが、他の工事が優先されて当駅が後回しにされた結果、1990年代後半までかかり、一時はそのまま駅が閉鎖されるのではとの噂も取りざたされた。

BBCラジオ 4英語版パネル・ゲーム英語版番組「I'm Sorry I Haven't a Clue英語版」で当駅の当時の状況を広めるために名付けられた「モーニントン・クレセント英語版」というゲームが頻繁に放送されたことから、駅廃止の反対運動がおこり、1998年4月27日に駅は再開された。再開日には番組の出演者、ハンフレイ・レイテルトン英語版バリー・クライヤー英語版ティム・ブルック=テイラーグレアム・ガーデンが当駅を訪れ、2002年には長く番組のパネリストを務めたウィリー・ラシュトン英語版ブルー・プラークが当駅に設置された。

改築工事にあたって、開業時の青いタイルのホーム壁は最新の規制に合致するよう改修されて改めて設置された。改札階は改築され、2基あったエレベーターはそれほどの輸送力は不要との判断で1基となり、廃止された1基のスペースは階段に転用、従来の非常階段は閉鎖された。

再開以降、当駅は隣のカムデン・タウン駅の混雑を緩和する目的で週末も含めて全列車が停車するようになっている。

メディアでの扱い[編集]

当駅は映画、文学などで、主に1990年代の長期閉鎖を絡めることで頻繁に扱われている。

映画[編集]

ゲーム[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

バス路線[編集]

ロンドンバス24、27、29、46、88、134、168、214、253、274、C2、深夜バスN5、N20、N28、N29、N31、N253、N279が当駅を経由する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Multi-year station entry-and-exit figures Page white excel.png (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。

外部リンク[編集]