タフネル・パーク駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タフネル・パーク駅
Tufnell Park tube station
Tufnell Park stn building.JPG
タフネル・パーク駅の位置(グレーター・ロンドン内)
タフネル・パーク駅
タフネル・パーク駅
グレーター・ロンドンの地図上でのタフネル・パーク駅の位置
所在地 タフネル・パーク英語版
行政区 イズリントン・ロンドン特別区英語版
運営 ロンドン地下鉄
路線 ノーザン線
駅構造 地下駅
ホーム数 2
ゾーン 2
地下鉄年間乗降員数
2010 増加 3.75百万人[1]
2011 減少 3.55百万人[1]
2012 増加 3.68百万人[1]
2013 増加 3.94百万人[1]
鉄道会社
開設時の所属会社 チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道
歴史
1907年7月22日 (1907-07-22) 開業
WGS84 北緯51度33分24秒 西経0度08分17秒 / 北緯51.5567度 西経0.1381度 / 51.5567; -0.1381座標: 北緯51度33分24秒 西経0度08分17秒 / 北緯51.5567度 西経0.1381度 / 51.5567; -0.1381
テンプレートを表示

タフネル・パーク駅(タフネル・パークえき、英語:Tufnell Park tube station)はイズリントン・ロンドン特別区英語版カムデン・ロンドン特別区英語版との境界近く(タフネル・パーク英語版を参照)にあるロンドン地下鉄の駅である。ノーザン線ハイ・バーネット支線アーチウェイ駅ケンティッシュ・タウン駅の間にあり、トラベルカード・ゾーン2英語版に含まれる。

駅施設[編集]

当駅には自動券売機と、出札口があるが、出札口は営業しない時間帯がある。エスカレーターはなく、エレベーターで改札階とホーム階がつながれている。ホーム階でエレベーターを降りた後、ホームまでの間には階段がある。南行のホームは北行ホームの下にある。当駅にはノーザン線全体の換気のための大型排気扇が他の数駅と併せて設けられている。

歴史[編集]

当駅は1907年6月22日、チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道の駅として開業した。駅舎は建築家レスリー・グリーン英語版の設計による、赤い釉薬をかけたテラコッタ英語版装われた3つの半円形の窓を備えるものである。トテナム・アンド・ハムステッド・ジャンクション鉄道英語版ジャンクション・ロード駅英語版に近接していたが、連絡通路は設けられなかった。

2004年にロンドン地下鉄から施設の維持管理を受託しているチューブ・ラインズ英語版によって近代化工事が行われ、天井と壁のタイルが貼り替えられ、この工事の少し後に自動改札機が設置された。

ロンドンオリンピック開催に併せ、2012年夏にはWi-Fiの利用が可能になった。

2015年6月から9カ月の予定で、エレベーターの更新のため駅が閉鎖される予定になっている。

バス路線[編集]

ロンドンバス4、134、390、深夜バスN20が当駅を経由する。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Multi-year station entry-and-exit figures Page white excel.png (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。

ギャラリー[編集]