チョーク・ファーム駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チョーク・ファーム駅
Chalk Farm tube station
Chalk Farm stn entrance.JPG
チョーク・ファーム駅の位置(グレーター・ロンドン内)
チョーク・ファーム駅
チョーク・ファーム駅
グレーター・ロンドンの地図上でのチョーク・ファーム駅の位置
所在地 チョーク・ファーム英語版
行政区 カムデン・ロンドン特別区英語版
運営 ロンドン地下鉄
路線 ノーザン線
駅構造 地下駅
ホーム数 2
ゾーン 2
地下鉄年間乗降員数
2010 減少 5.25百万人[1]
2011 減少 4.94百万人[1]
2012 増加 5.34百万人[1]
2013 増加 5.55百万人[1]
鉄道会社
開設時の所属会社 チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道
歴史
1907年6月22日 開業
WGS84 北緯51度32分39秒 西経0度09分12秒 / 北緯51.5442度 西経0.1533度 / 51.5442; -0.1533座標: 北緯51度32分39秒 西経0度09分12秒 / 北緯51.5442度 西経0.1533度 / 51.5442; -0.1533
テンプレートを表示

チョーク・ファーム駅(チョーク・ファームえき、英語:Chalk Farm tube station) カムデン・ロンドン特別区英語版カムデン・タウン英語版近くにあるノーザン線エッジウェア支線カムデン・タウン駅ベルサイズ・パーク駅の間にあるロンドン地下鉄の駅である。当駅はトラベルカード・ゾーン2英語版に含まれる。2011年には年間500万人弱が乗降し、エッジウェア支線ではもっとも乗降客の多い駅のひとつに数えられる。

歴史[編集]

当駅は1907年6月22日にチャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道チャリング・クロス - ゴルダーズ・グリーン間の開業に伴って設置された。この路線は1924年に北側はエッジウェア1926年に南側はケニントンまで延伸されている。

現在のチャリング・クロス支線が先に開業したため当初は全列車がこの支線経由で運転されたが、1924年シティ・アンド・サウス・ロンドン鉄道カムデン・タウンに延伸してチャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道と接続したため、当駅を通る列車はシティ・アンド・サウス・ロンドン鉄道の路線、現在のバンク支線も経由して運転されるようになり、南はクラップハム・コモン英語版まで脚を延ばすようになった。路線の南進により、1926年にはモーデンまで運転区間が拡大されている。

レイアウト[編集]

当駅はチョーク・ファーム・ロード、カムデン・ハイ・ストリートの北端であるヘイヴァーヒルとアデレイド・ストリートが三角形に交差する地点にある。

構造[編集]

当駅は狭い、楔形の駅舎をもち、ロンドン地下電気鉄道の建築家レスリー・グリーン英語版が設計して1906年、1907年に開業した駅の中では最も長いものである。当駅のエレベーターはロンドン地下鉄で最も短いもので、深さは21フィート (6.4 m)しかない。駅舎は維持管理会社であるチューブ・ラインズ英語版によって2005年に修繕されたが、2011年に第2級文化財指定建築英語版となっている[2]

バス路線[編集]

ロンドンバス31、168、393、深夜バスN5、N28、N31が当駅を経由する。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Multi-year station entry-and-exit figures Page white excel.png (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。
  2. ^ 16 London Underground Stations Listed At Grade II”. English Heritage. 2011年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]