エレファント&キャッスル駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エレファント&キャッスル
Elephant & Castle railway stn entrance.JPG
エレファント&キャッスルの位置(セントラル・ロンドン内)
エレファント&キャッスル
エレファント&キャッスル
セントラル・ロンドンの地図上でのエレファント&キャッスルの位置
所在地 エレファント&キャッスル
行政区 サザーク
運営 テムズリンク・アンド・グレート・ノーザン英語版
所有者 ネットワーク・レール
駅コード EPH
ホーム数 4
ゾーン 1
NR年間乗降員数
2004–05   2.006 百万人[1]
2005–06 増加 2.057 百万人[1]
2006–07 増加 2.554 百万人[1]
2007–08 増加 3.970 百万人[1]
2008–09 減少 3.320 百万人[1]
鉄道会社
開設時の所属会社 ロンドン・チャタム・アンド・ドーバー鉄道英語版
その他
外部リンク
WGS84 北緯51度29分40秒 西経0度05分59秒 / 北緯51.4944度 西経0.0998度 / 51.4944; -0.0998座標: 北緯51度29分40秒 西経0度05分59秒 / 北緯51.4944度 西経0.0998度 / 51.4944; -0.0998
テンプレートを表示

エレファント&キャッスル駅(エレファント&キャッスルえき、英語: Elephant & Castle station)は、イギリス首都ロンドンにある鉄道駅テムズ川の南側にあるエレファント&キャッスル英語版に位置し、鉄道のほか地下鉄も2路線乗り入れている。

鉄道駅[編集]

エレファント&キャッスルの鉄道駅はイギリスの鉄道事業者テムズリンク・アンド・グレート・ノーザン英語版によって運営されており、テムズリンク以外ではサウスイースタンも乗り入れている。ロンドンの交通網を同心円状に区分けしているトラベルゾーンでは、地下鉄駅とともにゾーン1とゾーン2に跨るよう設定されている。

構造[編集]

エレファント&キャッスル駅はレンガ造りの高架駅で、1863年に建設された。出入り口は2つあり、一つはエレファント通りに、もう一つはエレファント&キャッスル・ショッピング・センターに直結している。列車の出発案内板は券売所とショッピングセンター内の両方に設置されている。プラットホームは全部で4番線まであり、プラットホームの両側が線路に接しているホームが2つある、島式2面4線と言われる構造となっている。現在駅にはエレベーターエスカレーターが設置されておらず、階段のみが唯一のホームへのアクセス手段である。また地下鉄のエレファント&キャッスル駅とは直接つながっておらず、地下鉄へ乗り換えるためには一回駅舎からでて、ショッピングセンターを通過または迂回する必要がある。

なお当駅ではオイスターカードを使用することが可能である。

発着路線[編集]

鉄道の運行はテムズリンクとサウスイースタンによって行われている。オフピーク時の列車発着は以下の通り。

なおラッシュ時間帯にはサウスイースタンの運行本数が数本増便されるほか、アシュフォード英語版ロチェスターオーピントン英語版ドーバー・プライオリー英語版を発着する列車も運行されている。

地下鉄駅[編集]

エレファント&キャッスル
Elephant & Castle stn north entrance.JPG
ベーカールー線の入り口
所在地 エレファント&キャッスル
行政区 サザーク
運営 ロンドン地下鉄
ホーム数 4
ゾーン 1 及び2
地下鉄年間乗降員数
2008 増加 18.540百万人[2]
2009 減少 18.325百万人[2]
2010 減少 18.230百万人[2]
テンプレートを表示

エレファント&キャッスルの地下鉄駅は鉄道駅から200mほど離れたところにあり、ノーザン線バンク支線とベーカールー線が乗り入れている。

駅の入り口は二つあるが、いずれにもエスカレーターは設置されていない。またコンコースからプラットホームに降りるためにはエレベーターを使用するか急勾配で狭い螺旋階段を通行する必要がある。2つの入り口のうち北側のものがベーカールー線、南側のものがノーザン線へ直接つながっており、北側の入り口は「ロンドン・サウスバンク大学口」と言われ大学のキャンパスの南端に接している。一方南側の入り口は「ショッピングセンター口」と言われショッピングセンターへのアクセスや鉄道との乗り換えに利用されている。

歴史[編集]

エレファント&キャッスル地下鉄駅は2段階にわたって建設され、まず1890年12月18日に現在のノーザン線の駅がシティ・アンド・サウス・ロンドン鉄道の駅として開業し、次いで1906年8月5日に現在のベーカールー線の駅がベイカー・ストリート&ウォータールー鉄道の駅として開業した。ノーザン線の駅は南隣のケニントン駅と同様のデザインで、1920年代のトンネル改良工事、1960年代のエレファント&キャッスル・ショッピング・センターとロータリーの建設工事、そして2003年の駅改修工事と3度にわたって作り直されている。2003年の改修工事後には12月12日に工事が終了し再オープンした。一方ベーカールー線の駅は一部近代化による改修が加えられているが現在も建設当初の駅舎を残しており、1900年代初頭に活躍したイギリスの建築家レスリー・グリーン英語版による典型的なデザインの駅である。

1924年には地下鉄における初めての出産がエレファント&キャッスル地下鉄駅で行われ、無事に女児が誕生した。当初この女児にはイニシャルがロンドン地下鉄の愛称である「TUBE」になるよう「セルマ・ウルスラ・ベアトリス・エレノア(Thelma Ursula Beatrice Eleanor)」と名付けられたと報じられたが、実際にはマリーと名付けられている[3]

バス路線[編集]

鉄道駅[編集]

バス路線では1番、45番、53番、68番、88番、133番、155番、168番、172番、188番、176番、343番、415番、453番と深夜バスN1番、N35番、N63番、N68番、N89番、N133番、N155番、N171番、N343番がこの鉄道駅に停車する。

ロンドン地下鉄駅[編集]

バス路線では1番、12番、35番、40番、45番、53番、63番、68番、100番、133番、136番、148番、155番、168番、171番、172番、176番、188番、196番、333番、343番、344番、360番、363駅、415番、453番、468番、C10番、P5番[4]と、深夜バスN1番、N35番、N63番、N68番、N89番、N133番、N155番、N171番、N343番がこの駅に停車する[5]。また、12番、53番、148番、176番、188番、344番、453番は24時間バスを運行している[4][5]

隣の駅[編集]

ナショナル・レール
テムズリンク
テムズリンク
ブラックフライアーズ駅 - エレファント&キャッスル駅 - ラフバラー・ジャンクション駅英語版
セブノークス線
ブラックフライアーズ駅 - エレファント&キャッスル駅 - デンマーク・ヒル駅英語版
サウスイースタン
サウス・イースタン本線英語版
ブラックフライアーズ駅 - エレファント&キャッスル駅 - デンマーク・ヒル駅またはハーン・ヒル駅英語版
ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ノーザン線
バンク支線
ボロ駅 - エレファント&キャッスル駅 - ケニントン駅
ベーカールー線
ランベス・ノース駅 - エレファント&キャッスル駅(終点)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Station usage estimates”. Rail statistics. Office of Rail Regulation. 2015年3月31日閲覧。 注記:統計手法は年により異なる場合がある。
  2. ^ a b c Multi-year station entry-and-exit figures (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ Malvern, Jack (3 January 2009). "Transports of delight: Girl born on the Tube", The Times (London).
  4. ^ a b Buses from Elephant & Castle (PDF)”. ロンドン交通局 (2015年9月12日). 2015年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月30日閲覧。
  5. ^ a b Night buses from Elephant & Castle (PDF)”. ロンドン交通局 (2015年9月12日). 2015年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月30日閲覧。