チャリング・クロス駅 (ロンドン地下鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャリング・クロス駅
Charing Cross tube station
Villiers Street - geograph.org.uk - 1016613.jpg
ヴィラーズ・ストリートの駅入口
チャリング・クロス駅の位置(セントラル・ロンドン内)
チャリング・クロス駅
チャリング・クロス駅
セントラル・ロンドンの地図上でのチャリング・クロス駅の位置
所在地 チャリング・クロス
行政区 ウェストミンスター特別区
運営 ロンドン地下鉄
所有者 ロンドン地下鉄
路線 ノーザン線
ベーカールー線
駅構造 地下駅
ホーム数 6 (うち4線を使用)
ゾーン 1
改札外乗換 チャリング・クロス [1]
地下鉄年間乗降員数
2010 減少 21.39百万人[2]
2011 減少 19.51百万人[2]
2012 減少 18.52百万人[2]
2013 増加 18.63百万人[2]
鉄道会社
開設時の所属会社 ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道
チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道
歴史
1906年3月10日 (1906-03-10) BS&WRの駅が「トラファルガー・スクエア」として開業
1907年6月22日 (1907-06-22) CCE&HRの駅が「チャリング・クロス」として開業
1914年4月6日 (1914-04-06) CCE&HRの駅を「チャリングクロス(ストランド)」に改称
1915年5月6日 (1915-05-06) CCE&HRの駅を「ストランド」に改称
1973年6月16日 (1973-06-16) ノーザン線の駅が休止
1979年5月1日 (1979-05-01) ジュビリー線開通、ノーザン線再開。ベーカールー線の駅との連絡通路が開通し、駅全体を「チャリング・クロス」に改称
1999年11月19日 (1999-11-19) ジュビリー線乗り入れ中止
WGS84 北緯51度30分29秒 西経0度07分29秒 / 北緯51.508度 西経0.12475度 / 51.508; -0.12475座標: 北緯51度30分29秒 西経0度07分29秒 / 北緯51.508度 西経0.12475度 / 51.508; -0.12475
テンプレートを表示

チャリング・クロス駅(チャリング・クロスえき、英語: Charing Cross tube station)はシティ・オブ・ウェストミンスターチャリング・クロスにあるロンドン地下鉄ノーザン線ベーカールー線の駅である。トラファルガー広場ストランド英語版ナショナル・レールチャリング・クロス駅近くにある。ノーザン線ではチャリング・クロス支線のエンバンクメント駅レスター・スクウェア駅の間に、ベーカールー線ではエンバンクメント駅とピカデリー・サーカス駅の間にあり、トラベルカード・ゾーン1英語版に含まれる。

チャリングクロスには1979年から1999年までジュビリー線が乗り入れており、同線の南の終点となっていた。

この駅の名前は複雑に変遷し、この駅が「チャリング・クロス」を名乗る期間はそれほど長くない上、他の駅が「チャリング・クロス」を名乗っていた期間が長い。

歴史[編集]

ノーザン線の駅と、ベーカールー線の駅は2つの別々の駅として開業し、ジュビリー線が開業した際にジュビリー線のホームを介して両駅が連絡された。ノーザン線の駅とベーカールー線の駅はそれぞれ別の名前を名乗っており、それぞれ異なる改名の歴史をもっている。

ベーカールー線のホームは1906年3月10日、ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道(BS&WR)の「トラファルガー・スクエア駅」として開業した。この時点で、この路線のトラファルガー・スクエア駅の南にチャリング・クロス駅(現在のエンバンクメント駅)があったことに注意を要する。

ノーザン線のホームは1907年6月22日、チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道(CCE&HR)の「チャリング・クロス駅」として開業した。開業時、この駅はこの路線の南側の終点であり、ゴルダーズ・グリーンとハイゲート(現アーチウェイ)への列車が発着していた。

ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道とチャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道はいずれもロンドン地下電気鉄道(UERL)の傘下にあったが、この二つの駅の間をつなぐ通路はなく、乗換客はいったん地上に出る必要があった。

乗換の便を向上させるため、チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道は1914年4月6日、南にわずかに延伸して本線鉄道のチャリング・クロス駅の下に乗り入れ、ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道とディストリクト鉄道(同様にロンドン地下電気鉄道の傘下にあった)の駅と接続する地点に新駅、「チャリング・クロス(エンバンクメント)駅」を開設した。ディストリクト鉄道の駅は「チャリング・クロス(ディストリクト)駅」、ベーカーストリート・アンド・ウォータールー鉄道の駅は「エンバンクメント駅」を名乗り、チャリングクロス・ユーストン・アンド・ハムステッド鉄道の旧駅は「チャリング・クロス(ストランド)駅」に改名されて残されたため、狭い地域に本線鉄道の駅も含めて5つの駅名が存在することとなった。

1915年5月9日、「チャリング・クロス(ストランド)駅」は「ストランド駅」に、その他の駅は「チャリング・クロス駅」に改名され、グレート・ノーザン・ピカデリー・アンド・ブロンプトン鉄道(GNP&BR)にあった「ストランド駅」は混乱防止のため「アルドウィッチ駅英語版」に改名されている。

ストランド駅はジュビリー線ホーム建設のため1973年6月4日に休止された。ジュビリー線のホームはベーカールー線トラファルガー・スクエア駅とノーザン線ストランド駅のホームを連絡する位置に設けられ、長く分断されていた両駅が接続された。エンバンクメント駅との乗換需要を考慮し、1974年8月4日にベーカールー線、ディストリクト線の「チャリング・クロス駅」は「チャリング・クロス・エンバンクメント駅」に改称された。ジュビリー線は1979年5月1日に開業し、同日ノーザン線ホームの改築も完了、ストランド駅、トラファルガー・スクエア駅、ジュビリー線の新駅を併せた駅が新たに「チャリング・クロス駅」となり、「チャリング・クロス・エンバンクメント駅」は「エンバンクメント駅」となった。ノーザン線の西側の支線はウエスト・エンド支線と呼ばれていたが、この駅名変更により1979年以降はチャリング・クロス支線と呼ばれるようになった。

チャリング・クロス周辺の駅名の歴史
  本線鉄道 ディストリクト線 ノーザン線 ベーカールー線 ノーザン線 ジュビリー線
1870年 チャリング・クロス チャリング・クロス          
1906年   エンバンクメント トラファルガー・スクエア    
1907年   チャリング・クロス  
1914年 チャリング・クロス(エンバンクメント) チャリング・クロス(ストランド)  
1915年 チャリング・クロス ストランド  
1973年 ストランド(休止)  
1974年 チャリング・クロス・エンバンクメント  
1976年 エンバンクメント  
1979年 チャリング・クロス
1999年 チャリング・クロス  

チャリング・クロスはジュビリー線の南の終点として開業したが、ジュビリー線を南東にルイシャム英語版まで延伸する計画が開業時から存在した。延伸線のトンネルはアルドウィッチ駅の建設が計画されていたストランド143番地付近まで建設されていたが、1980年代から1990年代にかけてイーストエンドドックランズの再開発が進み、公共交通機関を建設する必要が発生、グリーン・パーク駅の南からウェストミンスター駅ウォータールー駅ロンドン・ブリッジ駅を経由して本線鉄道との乗換の便を図るとともにグリニッチ・ペニンシュラ英語版ストラトフォードに至る路線の建設が計画された。

この新線のうち、グリーン・パーク駅からウォータールー駅までの区間が1999年11月20日に開業し、ジュビリー線はこの新線に乗り入れるようになり、グリーン・パーク駅からチャリング・クロス駅の区間は廃止された。

壁画[編集]

トラファルガー広場からみた駅入口の1つ

ノーザン線のホームにはデヴィッド・ジェントルマン英語版が描いた長さ100メートルの壁画が飾られた。この壁画ではエドワード1世の妻、エリナー・オブ・カスティルに始まるチャリング・クロス英語版の歴史が表現されている。

バス路線[編集]

ロンドンバス6、9、13、15、23、87、139、176、15H、深夜バスN9、N13、N15、N21、N26、N44、N87、N155、N199、N343、グリーン・ライン・コーチ英語版748が当駅を経由する。

ジュビリー線ホーム跡[編集]

ジュビリー線のホーム跡はグリーン・パーク駅止まり列車の引き上げ線として現在も使用され、ホーム跡の先には各2編成を収容できる複線の線路がある。

ロンドン交通局はジュビリー線ホーム跡を実用的な理由で維持し続けているが、近代的な駅構造をもつ廃駅として、ジュビリー線ホーム跡は映画やテレビの撮影にもよく使われている。営業運転に使われていた1987年にも映画「第四の核英語版」の撮影に使われたが、駅廃止後には「MI-5 英国機密諜報部英語版」、「0:34 レイジ34フン英語版」(2004年)、 「28週後...」(2007年)、「今日も僕は殺される英語版」(2007年)、「007 スカイフォール」(2012年)[3][4]などの撮影に使われ、アレックス・パークス英語版のシングル「クライ英語版」にも登場している。

2006年ドックランズ・ライト・レイルウェイバンク駅から延伸してチャリング・クロス駅のジュビリー線ホーム跡に至る計画が発表された。この案は、途中アルドウィッチ駅英語版シティ・テムズリンク駅英語版を通るもので、フリート線構想に近い。

2010年、コンコースはロンドン交通局のバスキング・ライセンスのオーディションに使用された[5]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ノーザン線
チャリング・クロス支線
レスター・スクウェア駅 - チャリング・クロス駅 - エンバンクメント駅
ベーカールー線
ピカデリー・サーカス駅 - チャリング・クロス駅 - エンバンクメント駅

廃止された路線[編集]

ロンドン交通局
ロンドン地下鉄
ジュビリー線
グリーン・パーク駅 - チャリング・クロス駅

脚注[編集]

  1. ^ Out of Station Interchanges (Microsoft Excel)”. ロンドン交通局 (2011年5月). 2012年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月1日閲覧。
  2. ^ a b c d Multi-year station entry-and-exit figures (XLS)”. London Underground station passenger usage data. ロンドン交通局 (2014年). 2015年3月31日閲覧。
  3. ^ 'Skyfall' night shoot at Charing Cross tube station
  4. ^ Daniel Craig's Skyfall shooting at the disused Jubilee line platforms at Charing Cross
  5. ^ Sound of the Underground”. BBC News. 2010年5月28日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]