モルドバ国鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モルドバ国鉄路線図

モルドバ国鉄ルーマニア語: Calea Ferată din Moldova、略称: CFM)はモルドバ国有の鉄道会社である。1,232kmの広軌路線および14kmの標準軌路線を有し、全線が単線非電化である。

歴史[編集]

1871年8月28日にティラスポリキシナウを結ぶ路線が開業したのが始まりである。1875年6月1日にはキシナウ - コルネシュティ - ウンゲニ英語版間を結ぶ鉄道が全線開通し、ルーマニア方面に接続するようになった。エッフェル橋露土戦争が始まる3日前の1877年4月21日に開通した。同年11月にはベンデル - バサラベアスカ - レニウクライナ語版 - ジュルジュレシュティ英語版間の路線が開業したほか、1893年から1894年にかけてリプカニ - オクニツァ - オタチ間、オクニツァ - バルツィ間、バルツィ - フロレシュティ - ルィブニツァ - コバスナ間の路線が開業した。第一次世界大戦中にはバルツィ - ウンゲニ間が改修された。

1920年代初頭にはモルドバはルーマニアに併合されたことにより標準軌に改軌された。戦間期の間にバサラベアスカ - カンテミール間およびレヴァカ - カイナリ間の路線が開業したが、後者は1944年に戦災により破壊された。第二次世界大戦後にはモルドバはソビエト連邦の一部になり、再び広軌に改軌された。1971年にはカンテミール - カグル英語版間の路線が開業した。

2004年には沿ドニエストル共和国内の全資産が沿ドニエストル鉄道(PŽD)に移管された。2005年には第二次世界大戦末期に破壊されたレヴァカ - カイナリ間の路線が再建された。2007年から翌08年にかけてカグル - ジュルジュレシュティ間の路線が建設された。

車両[編集]

D1型気動車

ソ連および他の東側諸国で製造された車両が使用されている。TE10型およびM62型が一般的ではあるが、旅客輸送にはチェコ製のChME3型ディーゼル機関車が使用されることもある。

気動車はハンガリーのガンツ-マーバグ社製のD1型のみであるが、2012年にはルーマニアの工場で大幅な更新工事が行われた。

列車[編集]

国内列車の他、キシナウからモスクワ、キエフ、ブカレスト方面などへ向かう国際列車が存在する[1][2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]