ガーンジーの鉄道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

8つの島々からなるイギリス王室属領ガーンジー代官管轄区英語版の国家領域内には、2つの鉄道があった。

ガーンジー島[ソースを編集]

ガーンジー島には現在、鉄道サービスがない。

事実上の電気式路面電車であり、1892年2月20日に稼働し始めたガーンジー鉄道は、1934年6月9日に廃棄された。 蒸気で稼働し、ガーンジー・スティーム・トラムウェイ (Guernsey Steam Tramway) と呼ばれていた初期の輸送システムは、ガーンジー鉄道に置き換えられている。 ガーンジー・スティーム・トラムウェイは、1879年6月6日に機関車6両でサービスを開始している[1]

第二次世界大戦[ソースを編集]

第二次世界大戦時のチャンネル諸島占領中、例えばホーメット砦英語版 (Fort Hommet) のような沿岸要塞の建設および供給を補助するために、ドイツ人技師およびガーンジーのトート機関 (Organisation Todt) によって、90センチメートル (35 in)[2]軽便鉄道が敷設されている。 当路線は、セント・ピーター・ポート (Saint Peter Port) からセント・サンプソン英語版 (Saint Sampson) およびL'Ancresseを経由してL'Ereeまで走行していた。 当路線には、L'Isletでの鉄道側線を含んでいた[3]

60センチメートル (24 in)の段壁があった。 より高い教区へ当路線を利用させる試みはなかった[4]:200。 占領後に、全ての軌道が撤去されている。

オルダニー島[ソースを編集]

オルダニー鉄道では、夏季の数ヶ月中に定期的に組まれたサービスと、イースターおよびクリスマスを含む季節の祝祭日に、約2マイルの鉄道連絡を提供している。 当鉄道は現在、公共輸送連絡を提供するために、チャンネル諸島で唯一稼働している鉄道である。 当鉄道はまた、1847年まで遡るブリテン諸島で最も古い鉄道の1つであり、1857年には最初の「公式」乗客として、ヴィクトリア女王およびアルバート王子を乗せている[5]

オルダニー島にはまた、夏季の数ヶ月中に運行されている、軌間7 14 in (184 mm)のミニチュア鉄道がある[6]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Notes on the Railway taken from The Railway Magazine, September 1934 edition
  2. ^ Railway Magazine October 1963 p. 746
  3. ^ http://www.occupied.guernsey.net/rambles.html
  4. ^ Cruickshank, Charles. The German Occupation of the Channel Islands. The History Press; New edition edition (30 Jun. 2004). ISBN 978-0750937498. 
  5. ^ See references at the Island tourist website.
  6. ^ See miniature railway webpage here.

関連項目[ソースを編集]