メキタジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メキタジン
Mequitazine.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Primalan
Drugs.com 国別販売名(英語)
International Drug Names
識別
CAS番号
29216-28-2 チェック
ATCコード R06AD07 (WHO)
PubChem CID: 4066
DrugBank DB01071en:Template:drugbankcite
ChemSpider 3926 ×
UNII Y463242LY2 ×
KEGG D01324 en:Template:keggcite
化学的データ
化学式 C20H22N2S
分子量 322.468 g/mol

メキタジン(Mequitazine)はフェノチアジン系の抗ヒスタミン薬であり、抗コリン作用を併せ持つ。アレルギーおよび鼻炎などの治療に用いられる。錠剤のほか、シロップおよび細粒があり、小児(1歳以上)にも用いることができる。商品名ニポラジン、ゼスラン。

効能・効果[編集]

禁忌[編集]

緑内障のある患者、下部尿路の閉塞性疾患(前立腺肥大など)のある患者には禁忌である[1][2]

慎重投与[編集]

腎障害のある患者(特に長期使用)、高齢者には慎重投与とされている。

副作用[編集]

重大な副作用として知られているものは、ショック、アナフィラキシー様症状、肝機能障害、黄疸、血小板減少である。(いずれも頻度不明。)

深い眠り、倦怠感、眩暈、協調不能に若干の眠気などの中枢神経抑制、頭痛、精神運動障害および抗ムスカリン効果などの副作用がある。稀に、発疹、過敏反応、血液疾患、痙攣、発汗、筋肉痛、感覚異常、錐体外路効果、振戦、錯乱、睡眠と胃腸障害、耳鳴り、低血圧、脱毛、感光性、黄疸が発現する。

相互作用[編集]

飲酒、バルビツール系薬剤、睡眠薬、オピオイド鎮痛薬、抗不安薬、鎮静薬、抗精神病薬の中枢神経抑制作用を増強する。

アミノグリコシド系抗生物質による聴神経障害の兆候をマスクする。スピラマイシンとの併用でQT延長が報告されている。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ ニポラジン錠3mg 添付文書” (2014年3月). 2016年11月6日閲覧。
  2. ^ ゼスラン錠3mg 添付文書” (2014年3月). 2015年5月5日閲覧。
  • Ramírez Chanona N, del Rio Navarro B, Pérez Martín J (2005). “Efficacy of mequitazine (Primalan) on the relief of symptoms of allergic rhinoconjunctivitis in children. Documented clinical experience”. Rev Alerg Mex 52 (6): 221–5. PMID 16568706. 
  • Theunissen E, Vermeeren A, van Oers A, van Maris I, Ramaekers J (2004). “A dose-ranging study of the effects of mequitazine on actual driving, memory and psychomotor performance as compared to dexchlorpheniramine, cetirizine and placebo.”. Clin Exp Allergy 34 (2): 250–8. doi:10.1111/j.1365-2222.2004.01874.x. PMID 14987305. 
  • Nakamura K, Yokoi T, Kodama T, Inoue K, Nagashima K, Shimada N, Shimizu T, Kamataki T (1998). “Oxidation of histamine H1 antagonist mequitazine is catalyzed by cytochrome P450 2D6 in human liver microsomes.”. J Pharmacol Exp Ther 284 (2): 437–42. PMID 9454781. 
  • Persi L, Dupin O, Arnaud B, Trinquand C, Michel F, Bousquet J (1997). “Efficacy of mequitazine in comparison with placebo assessed by ocular challenge with allergen in allergic conjunctivitis.”. Allergy 52 (4): 451–4. doi:10.1111/j.1398-9995.1997.tb01028.x. PMID 9188930.