ビラスチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bilastine.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
法的規制
  • US: Not FDA approved
  • Rx-only in EU
識別
CAS番号
202189-78-4 チェック
ATCコード R06AX29 (WHO)
PubChem CID: 185460
DrugBank DB11591
ChemSpider 161234 チェック
UNII PA1123N395 チェック
KEGG D09570
ChEMBL CHEMBL1742423 チェック
化学的データ
化学式 C28H37N3O3
分子量 463.62 g·mol−1
テンプレートを表示

ビラスチン(Bilastine)は、第二世代抗ヒスタミン薬アレルギー性鼻結膜炎蕁麻疹の治療に使われる。日本での商品名はビラノア、世界ではBilaxten。1日1度の服用で良いが、空腹時に飲む必要がある。

日本の医薬品添付文書に運転など危険を伴う機会の操作に対する注意書きが書かれていない[1]

薬物動態[編集]

分布[編集]

半減期は10.54時間、血漿タンパク質結合は84-90%[2]

吸収と生体利用効率[編集]

ビラスチンは食べ物がない状態にて、最も迅速に吸収され、単剤か併用いずれも約1時間で、ピークの220 ng/mLの血中濃度に達する[3]。高脂肪の朝食や、フルーツジュースによって吸収量は減少し、推定される全体的な利用効率は約60%となる[3]

代謝[編集]

ビラスチンは、血液脳関門を容易に通過しないし、肝臓によって代謝されない[3]。96%が24時間以内に排泄される[3]

出典[編集]

  1. ^ 池ノ上知世「自動車の運転に対し制限のない第二世代抗ヒスタミン薬について」 (pdf) 『鹿児島市医報』第56巻第2号、2017年、 34頁。
  2. ^ “Pharmacokinetic-Pharmacodynamic Modelling of the Antihistaminic (H1) Effect of Bilastine”. Clinical Pharmacokinetics 48 (8): 543–554. (1 August 2009). doi:10.2165/11317180-000000000-00000. PMID 19705924. 
  3. ^ a b c d “An overview of the novel H1-antihistamine bilastine in allergic rhinitis and urticaria”. Expert Review of Clinical Immunology 8 (1): 33–41. (1 January 2012). doi:10.1586/eci.11.87. PMID 22149338.