ケトチフェン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケトチフェン
Ketotifen.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
販売名 Zaditor[1]
Drugs.com Micromedex Detailed Consumer Information
MedlinePlus a604033
胎児危険度分類
  • US: C
法的規制
  • US: Oral — ℞-only; Eye drops — over-the counter
投与方法 Oral (tablets), ophthalmic solution
薬物動態データ
生物学的利用能 60%
血漿タンパク結合 75%
代謝 Hepatic
半減期 12 hours
識別
CAS番号
(MeSH)
34580-14-8 チェック
ATCコード R06AX17 (WHO) S01GX08 (WHO)
PubChem CID: 3827
IUPHAR/BPS 7206
DrugBank DB00920 チェック
ChemSpider 3695 チェック
UNII HBD503WORO チェック
KEGG D01332  チェック
ChEMBL CHEMBL534 チェック
化学的データ
化学式 C19H19NOS
分子量 309.426 g/mol

ケトチフェン(Ketotifen)は第二世代の非競合的H1ヒスタミン受容体遮断薬肥満細胞安定化薬英語版である。商品名ザジテン。通常フマル酸が用いられる。皮膚や眼のアレルギー症状やアレルギー性鼻炎に用いられる。一般用医薬品の第2類医薬品でもある。

効能・効果[編集]

カプセル、シロップ、ドライシロップ
気管支喘息(有効率:63.6%)、アレルギー性鼻炎(64.1%)、皮膚アレルギー症状(蕁麻疹湿疹・皮膚炎、皮膚瘙痒症)(71.9%)(添付文書[2][3][4]の数値を集計)
点眼液
アレルギー性結膜炎(有効率:69.1%)[5]
点鼻液
アレルギー性鼻炎(有効率:60.1%)[6]

ケトチフェンは点眼液として用いると季節性アレルギーに関する目の痒みおよび/または刺激感を和らげる。点眼直後から効果が現れる。

小児では中枢神経症状が現れやすいが、3歳以下の患児で研究された事がない[7]。血中半減期は12時間であり[8]、1日2回の服用が必要である(点耳薬と点鼻薬では1日4回)。

抗ヒスタミン作用の他に、ロイコトリエン阻害効果とホスホジエステラーゼ阻害効果を持つ。

ケトチフェンが過敏性腸症候群の症状緩和に有効であったとの研究がある[9]

禁忌[編集]

経口薬の場合は、痙攣閾値を下げるので、てんかんまたはその既往がある患者には禁忌とされる。

副作用[編集]

重大な副作用として、経口薬の添付文書には痙攣、興奮、肝機能障害、黄疸が挙げられている。

副作用発現率と主な副作用は、

  • カプセル:5.4%(眠気(4.4%)、倦怠感(0.3%)、口渇(0.1%)、悪心(0.1%)等)、
  • シロップ・ドライシロップ:1.2%(眠気(0.8%)等)、
  • 点眼液:3.4%(眼刺激(2.6%)、眼瞼炎(0.3%)、眠気(0.3%)等)、
  • 点鼻液:1.5%(眠気(1.0%)、鼻乾燥感(0.2%)、鼻刺激感(0.2%)等)

である。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ http://www.webmd.com/drugs/2/drug-17484/zaditor-opht/details
  2. ^ ザジテンカプセル1mg 添付文書” (2015年3月). 2016年5月17日閲覧。
  3. ^ ザジテンシロップ0.02% 添付文書” (2015年3月). 2016年5月17日閲覧。
  4. ^ ザジテンドライシロップ0.1% 添付文書” (2015年3月). 2016年5月17日閲覧。
  5. ^ ザジテン点眼液0.05% 添付文書” (2012年4月). 2016年5月17日閲覧。
  6. ^ ザジテン点鼻液0.05% 添付文書” (2015年3月). 2016年5月17日閲覧。
  7. ^ Zaditor prescribing information Novartis
  8. ^ Grahnén A; Lönnebo A; Beck O; Eckernäs SA; Dahlström B; Lindström B (May 1992). “Pharmacokinetics of ketotifen after oral administration to healthy male subjects”. Biopharm Drug Dispos 13 (4): 255–262. doi:10.1002/bdd.2510130404. PMID 1600111. 
  9. ^ Klooker, TK; Braak, B; Koopman, KE; Welting, O; Wouters, MM; Van Der Heide, S; Schemann, M; Bischoff, SC et al. (2010). “The mast cell stabiliser ketotifen decreases visceral hypersensitivity and improves intestinal symptoms in patients with irritable bowel syndrome”. Gut 59 (9): 1213–21. doi:10.1136/gut.2010.213108. PMID 20650926. 

外部リンク[編集]