ムーンライト松山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーンライト松山
DE10形ディーゼル機関車(松山駅)
DE10形ディーゼル機関車(松山駅)
概要
日本の旗 日本
種類 夜行臨時快速列車
現況 運行終了
地域 京都府・大阪府・兵庫県
岡山県
香川県・愛媛県
運行開始 1995年4月
運営者 四国旅客鉄道(JR四国)
西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 京都駅
終点 松山駅
使用路線 JR西日本:東海道本線JR京都線JR神戸線)・山陽本線(一部JR神戸線)・宇野線本四備讃線瀬戸大橋線
JR四国:本四備讃線(瀬戸大橋線)・予讃線
車内サービス
クラス グリーン車普通車
技術
車両 14系客車
12系客車
軌間 1,067 mm
電化 直流1,500 V
最高速度 110 km/h
テンプレートを表示

ムーンライト松山(ムーンライトまつやま)とは、西日本旅客鉄道(JR西日本)・四国旅客鉄道(JR四国)が京都駅 - 松山駅間を東海道本線山陽本線宇野線本四備讃線瀬戸大橋線)・予讃線経由で運行していた臨時快速列車である。

概要[編集]

1995年に運転を開始し、主に夏期や年末年始の多客時や週末に運転していたが、使用車両の寿命を考慮して、最も多客な時期(ゴールデンウィークお盆など)とその前後数日のみの運転となっていた。

2008年度の冬を最後に廃止された[1]

運行概況[編集]

京都駅 - 多度津駅運転停車)間は「ムーンライト高知」と併結運転を行っていた。これは、同区間が臨時列車とはいえ夜間に運転されることから、輻輳する貨物列車などに支障をださないよう考慮したためである。下りは有年駅で20分ほど運転停車し、貨物列車を待避していた。

停車駅[編集]

京都駅 - 新大阪駅 - 大阪駅 - 三ノ宮駅 - 神戸駅 - 明石駅 - 加古川駅 - 姫路駅 - 岡山駅 - 新居浜駅 - 伊予西条駅 - 今治駅 - 伊予北条駅 - 松山駅

  • 「ムーンライト高知」との増解結のため多度津駅に運転停車していた。

使用車両[編集]

EF65形電気機関車(京都駅)

全車座席指定席の座席車(禁煙車)で、グリーン車はJR四国が団体用車両として改修した高知運転所に所属する12系客車を、普通車はJR西日本の宮原総合運転所に所属する14系客車を使用していた。

普通車は禁煙車1両と喫煙車1両で原則14系客車の簡易リクライニングシート(人が座席のリクライニングレバーを引っ張り、背中を前後に動かしたときだけ背もたれも動くシート)車を使用。過去には岡山電車区所属の12系客車も使用したことがある。

牽引機関車は、京都駅 - 多度津駅間がJR西日本の下関車両管理室(現在の下関総合車両所に相当)に所属するEF65形電気機関車、多度津駅 - 松山駅間がJR四国高知運転所配置のDE10形ディーゼル機関車である。なお、同区間は運行開始当時から電化されていたが、JR四国が電気機関車を保有していなかったため、ディーゼル機関車で牽引された。

多度津駅での運転停車時に機関車交換と併結をおこなっている。

編成は2009年1月現在で上下列車とも京都方3両が松山編成で高知・松山方3両が高知編成であった。

沿革[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]