ミンスク市電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミンスク市電
ミンスク市電の主力車両・AKSM-60102(2014年撮影)
ミンスク市電の主力車両・AKSM-60102(2014年撮影)
基本情報
ベラルーシの旗ベラルーシ
所在地 ミンスク
種類 路面電車
路線網 8系統[1]
開業 1892年5月10日馬車鉄道[2][3]
1929年10月13日路面電車[4]
運営者 ミンスクトランス
(ДП «Мінсктранс»)[4]
路線諸元
路線距離 24 km[5]
軌間 1,524 mm
電化区間 全区間
路線図
Tram map of Minsk (Belarus), November 2018, in English.png
テンプレートを表示

ミンスク市電(ミンスクしでん、ベラルーシ語: Мінскі трамвай)は、ベラルーシ首都ミンスク路面電車2020年現在、ミンスク市内の他の公共交通機関(地下鉄バストロリーバス)と共に、国営単一企業であるミンスクトランス(ДП «Мінсктранс»)によって運営されている[4]

歴史[編集]

ミンスク市内の軌道交通の歴史は古く、1892年5月10日馬車鉄道が開通した事に始まる。この馬車鉄道は多くの住民に利用され、ロシア革命の影響を受けて1918年から1921年には一時的に運休を余儀なくされたものの、営業再開以降は1928年まで4つの系統が運行を続けた。この路線を電化・高規格化した上で1929年10月13日から営業運転を開始したのがミンスク市電である。開業時にはソ連国内で生産された2軸車が導入された[2][3]

路面電車の利用客は年々増加し、1930年の時点の年間利用客数は1,070万人だったものが、1939年には5,000万人に膨れ上がった。同年の時点で全長37 kmの路線網が都心と郊外を結び、車両数は70両を記録した。だが、第二次世界大戦大祖国戦争)中、ドイツ軍による空爆や占領、そして赤軍との戦闘によりミンスクの街は破壊され、路面電車も車庫の損傷を始めとした甚大な被害を受けた。終戦後はモスクワレニングラードの専門家からの支援を受けて急ピッチで復旧作業が行われ、1945年に全長11 km、7両の電車によって運行が再開された[4][2][6]

戦後は戦災からの復旧を経て路線網の拡大が始まり、1954年には市内に環状線が形成された。1956年の時点で路線の総延長は48 km、車両数は122両に達し、本数も含めて戦前を超える規模を誇っていたが、一方で1952年からはミンスク市内でトロリーバスの運行が始まり、多くの路線網が置き換えられる事となった。1970年代には地下鉄ミンスク地下鉄に加えて軌道状態の悪化から更なる路線の廃止が実施された。その一方で車両の近代化や増備は続き、1980年代後半には225両のボギー車が在籍していた。また残存した路線については線路や施設の改修が行われた他、1986年には再度の路線延伸も実施された[2][6][7]

ミンスク市電にはソ連末期から更なる路線の延伸計画が存在し、ベラルーシ独立後の2000年代以降も総延長62 kmとなる大規模な延伸計画が発表されているものの、予算を始めとする様々な理由から2020年の時点でも未だに実現には至っておらず、逆に1991年2013年2015年に一部区間の廃止が行われているのが現状である。ただし、地下鉄よりも安価な路面電車ライトレール)の延伸に関する事業計画自体は進行しており、2019年にも新たな事業計画が策定されている。その一方で車両や既存施設の更新については積極的に行われており、後述の通り2020年時点で営業用の全車両がベラルーシの国産車両に統一されている他、同年以降路線バストロリーバスと共にプリペイド機能を備えた非接触式ICカードの本格導入が予定されている[2][7][8][9]

系統[編集]

2020年現在、ミンスク市電で運行している路面電車の系統は以下の通りである[10]

系統番号 起点 終点 備考
1 ДС Зялёны Луг Плошча Мяснікова
3 ДС Возера ДС Серабранка
4 ДС Возера Плошча Мяснікова
5 ДС Возера ДС Зялёны Луг
6 ДС Серабранка ДС Зялёны Луг
7 ДС Серабранка Плошча Мяснікова
9 ДС Серабранка Трактарны завод 平日の朝および午後の時間帯にのみ運行[11]
11 ДС Зялёны Луг Праспект Незалежнасцi 平日の朝および午後の時間帯にのみ運行[12]

車両[編集]

現有車両[編集]

2020年現在、ミンスク市電で使用されている車両は全て2000年代以降にベラルーシ国内で製造されたものに統一されている[8][13]

過去の車両[編集]

ミンスク市電で営業運転を離脱した形式の一部は都市旅客輸送博物館(Музее городского пассажирского транспорта)に保存されている[19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 低床部分の乗降扉には1段のステップが存在しており、完全なノンステップ構造にはなっていない[16]

出典[編集]

  1. ^ Мiнск - Трамваi”. Мінсктранс. 2020年5月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e МАГДА КРЕПАК (2014年10月13日). “85 лет назад в Минске открылось регулярное трамвайное движение. О прошлом и будущем минского трамвая”. Минск-Новости. 2020年5月9日閲覧。
  3. ^ a b Лидия Маркович (2017年3月13日). “Музей истории минской конки: появление первого кондуктора и где в столице ковали первые подковы”. СТВ. 2020年5月9日閲覧。
  4. ^ a b c d History”. State Enterprise Minsktrans. 2020年5月9日閲覧。
  5. ^ MIHCK . MINSK”. UrbanRail.Net. 2020年5月9日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Вячеслав Бондаренко (2007年8月17日). “Подвижной состав минского трамвая”. Минск старый и новый. 2020年5月9日閲覧。
  7. ^ a b Александр Лычавко (2019年3月20日). “Скоростной трамвай в Минске: Рассказываем про новую линию, которая дешевле, чем 1 км метро”. The Village. 2020年5月9日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g Александр Лычавко (2013年3月6日). “За что убивают трамвайную сеть?”. ТУТ БАЙ МЕДИА. 2020年5月9日閲覧。
  9. ^ АНДРЕЙ ГАВРОН (2019年11月28日). “Оплату проезда банковскими картами в наземном транспорте Минска хотят запустить в 2020 году”. Минск-Новости. 2020年5月9日閲覧。
  10. ^ Схемы маршрутов - Трамваи”. Мінсктранс. 2020年5月9日閲覧。
  11. ^ ДС Серабранка”. Мінсктранс. 2020年5月9日閲覧。
  12. ^ ДС 'Зялёны Луг'”. Мінсктранс. 2020年5月9日閲覧。
  13. ^ a b c d e f g h Дмитрий Гладкий. “Vehicle Statistics Minsk, Tramway”. Urban Electric Transit. 2020年5月9日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h Дмитрий Гладкий (2017年7月9日). “Трамвайные мемуары минчанина, или Путь к нашумевшей "Метелице"”. Автобизнес. 2020年5月9日閲覧。
  15. ^ a b Ryszard Piech (2010年4月6日). “Nowe tramwaje z Białorusi” (ポーランド語). Infobus. 2020年5月9日閲覧。
  16. ^ АКСМ-743. Самый редкий трамвай на планете собираются списать”. Yablor.ru (2019年6月25日). 2020年5月9日閲覧。
  17. ^ КОНСТАНТИН БЕЛОУС (2019年6月21日). “«Штадлер Минск» или «Белкоммунмаш». Появятся ли на улицах Минска «Метелицы»”. Минск-Новости. 2020年5月9日閲覧。
  18. ^ 服部重敬「定点撮影で振り返る路面電車からLRTへの道程 トラムいま・むかし 第10回 ロシア」『路面電車EX 2019 vol.14』、イカロス出版、2019年11月19日、 101頁、 ISBN 978-4802207621
  19. ^ a b ВЯЧЕСЛАВ БЕЛУГА (2019年3月3日). “«Виллис МБ», руль от «Икаруса». Что еще можно увидеть в Музее городского пассажирского транспорта”. Минск-Новости. 2020年5月9日閲覧。
  20. ^ Вагоны из столицы Белоруссии пополнили трамвайный парк Екатеринбурга”. Информационный портал Екатеринбурга (2011年4月5日). 2020年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]