ミック・エイブラハムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミック・エイブラハムズ
Mick Abrahams
出生名 Michael Timothy Abrahams
生誕 (1943-04-07) 1943年4月7日(76歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ベッドフォードシャー州ルートン
ジャンル ロック
ブルースロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
担当楽器 ギター、ボーカル
活動期間 1960年代 -
共同作業者 ジェスロ・タル
ブロードウィン・ピッグ
スクリーミング・ロード・サッチ
公式サイト squirrelmusic.com

ミック・エイブラハムズMick Abrahams1943年4月7日 - )は、イングランドギタリスト。ロックバンド、ジェスロ・タルの初代ギタリストとして知られる。

概要[編集]

ベッドフォードシャールートンで生まれた[1]。1965年にThe Toggery Fiveというバンドに加入し、後にジェスロ・タルのメンバーとなるクライヴ・バンカーと出会う[1]。1967年にはバンカーと共にMcGregory's Engineに加入し、ここでイアン・アンダーソンやグレン・コーニックと出会ってジェスロ・タル結成に至った[1]。ファースト・アルバム『日曜日の印象』(1968年)制作後、音楽の方向性の違いでジェスロ・タルを脱退。その後、よりブルースジャズ色を強めた自身のバンド、ブロードウィン・ピッグを結成する。1971年、ブルースおよびブルースロック色の強い初のソロ・アルバム『Mick Abrahams』を発表[2]。1988年にはブロードウィン・ピッグを再結成している[1]

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Mick Abrahams (1971年) ※ミック・エイブラハムズ・バンド名義
  • At Last (1972年) ※ミック・エイブラハムズ・バンド名義
  • Have Fun Learning The Guitar with Mick Abrahams (1975年)
  • All Said And Done (1991年)
  • Mick's Back (1996年)
  • One (1996年)
  • Live in Madrid (1997年) ※ミック・エイブラハムズ・バンド名義
  • Novox (2000年) ※インストゥルメンタル
  • The Very Best of ABY (2000年) ※コンピレーション
  • Music to the Play 'A Midsummer Night's Dream' (2001年)
  • The Best of ABY Vol.2 (2002年)
  • How Many Times (2002年) ※With Sharon Watson
  • Can't Stop Now (2003年)
  • Back with the Blues Again (2005年)
  • Leaving Home Blues (2005年)
  • 65... The Music (2008年)
  • Amongst Vikings (2008年) ※ミック・エイブラハムズ・バンド名義
  • Hoochie Coochie Man (2013年) ※発掘スタジオ・アルバム
  • Revived! (2015年)

ジェスロ・タル[編集]

ブロードウィン・ピッグ[編集]

  • Ahead Rings Out (1969年)
  • Getting To This (1970年)
  • Lies (1994年)
  • Pig-in-the-Middle (1996年)

This Was Band[編集]

  • This Is (Live) (2001年)

コラボレーション[編集]

  • Various Artists: El Pea (1971年) ※オムニバス・アルバム。「Greyhound Bus」で参加
  • Itullians: Beggar's Farm (2007年) ※イタリアのジェスロ・タルトリビュート・バンド。元PFMで元アクア・フラジーレのベルナルド・ランゼッティ、元ジェスロ・タルのジョナサン・ノイス(ベース)とクライヴ・バンカー(ドラム)参加

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Mick Abrahams : AllMusic - Biography by Bruce Eder
  2. ^ Mick Abrahams - Mick Abrahams : AllMusic - Review by Bruce Eder

外部リンク[編集]