マルコス・ドス・サントス・アスンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はドス・サントス第二姓(父方の)はアスンソンです。
マルコス・アスンソン Football pictogram.svg
Marcos Assunção.JPG
名前
本名 マルコス・ドス・サントス・アスンソン
Marcos dos Santos Assunção
ラテン文字 MARCOS ASSUNÇÃO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1976-07-25) 1976年7月25日(41歳)
出身地 カイエイラスポルトガル語版
身長 178cm[1]
体重 78kg
選手情報
在籍チーム ブラジルの旗 クリシューマEC
ポジション MF
背番号 20
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1995 ブラジルの旗 リオ・ブランコ-SP 36 (7)
1995-1997 ブラジルの旗 サントス 33 (3)
1997-1998 ブラジルの旗 フラメンゴ 42 (7)
1998-1999 ブラジルの旗 サントス 78 (21)
1999-2002 イタリアの旗 ローマ 55 (9)
2002-2007 スペインの旗 ベティス 143 (29)
2007-2008 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ 12 (1)
2008-2009 アラブ首長国連邦の旗 アル・シャバブ 21 (3)
2009-2010 ブラジルの旗 グレミオ・プルデンテ 19 (5)
2010-2012 ブラジルの旗 パルメイラス 78 (16)
2013 ブラジルの旗 サントス 4 (0)
2014 ブラジルの旗 フィゲイレンセ 2 (0)
2014 ブラジルの旗 ポルトゥゲーザ 6 (0)
2015 ブラジルの旗 クリシューマ 0 (0)
2016- ブラジルの旗 サンパイオ・コヘイア
代表歴2
1998-2000 ブラジルの旗 ブラジル 11 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2015年9月19日現在。
2. 2014年9月28日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マルコス・ドス・サントス・アスンソンMarcos dos Santos Assunção1976年7月25日 - )は、ブラジルサンパウロ州カイエイラス出身のサッカー選手クリシューマEC所属。元ブラジル代表であった。ポジションはMF。登録名はマルコス・アスンソン (Marcos Assunção) 。ブラジル出身でスペイン国籍を取得したマルコス・セナは従兄弟である。

プレースキックやミドルシュートが得意であり、folha Seca(枯葉のように舞う)と呼ばれるドライブ回転のかかったフリーキックを蹴る。

経歴[編集]

クラブ[編集]

1993年にリオ・ブランコECからデビューすると、1995年にサントスFCに移籍し、セリエAで33試合に出場して3得点を挙げた。1998年に移籍したCRフラメンゴでは21試合に出場して5得点を挙げ、1999年夏にイタリア・セリエAASローマに移籍した。1999-2000シーズンはリーグ戦21試合とUEFAカップ5試合に出場した。3シーズンの間レギュラークラスの選手として起用され、プレースキックの名手として2000-01シーズンのリーグ制覇に貢献した。

2002年8月、スペイン・リーガ・エスパニョーラレアル・ベティスに移籍した。移籍当初から不動のレギュラーの座をつかみ、在籍期間中に幾度も直接フリーキックを決めている。デビュー戦となったデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦 (4-2) では3度ものチャンスを外したが、その後利き足でない左足で40ヤードの距離からミドルシュートを決めた。2004-05シーズンは8得点を挙げて4位となり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2005-06シーズンはUEFAチャンピオンズリーグの7試合に出場したが、負傷のためにUEFAカップ出場は逃した。リーグ戦では1得点に終わった。2006年7月25日、30歳の誕生日にスペイン国籍を獲得したが、皮肉にも2006-07シーズンがスペインで過ごした最後のシーズンとなった。2007年夏に就任したエクトル・クーペル監督の構想には入らず、双方合意の下で契約を解除してレアル・ベティスを退団した。5シーズンの在籍中に数多くのフリーキックを決め、通算23得点を挙げた。

記者会見でスペインのクラブとは契約しないことを明言し、2009年までの2年間はアラブ首長国連邦のアル・アハリアル・シャバーブでプレーした。2009年9月26日、母国のグレミオ・プルデンテと契約したが[2]、わずか数カ月でグレミオ・プルデンテを退団し、SEパルメイラスと1年契約を結んだ[3]ルイス・フェリペ・スコラーリ監督によって、マルコスダニーロエジーニョとともに4人のチームリーダーのひとりに選ばれた。2010年のコパ・スダメリカーナECヴィトーリア戦 (3-0) では遠目からの直接フリーキックを決めたほか、1アシストを記録して勝利に貢献した[4]

2015年8月10日、クリシューマECのメディカルチェックを受け、同クラブに加入することとなった[5]

代表[編集]

1998年のエルサルバドル戦でブラジル代表デビューし、同年11月18日のロシアとの親善試合 (5-1) で初得点を決めた。2000年、2002 FIFAワールドカップ・南米予選チリ戦 (0-3) で低調なプレーを見せ、この試合以後招集されることはなかった。チリ戦までに11試合に出場した。

タイトル[編集]

サントス
ローマ
レアル・ベティス
アル・アハリ
フィゲンレンセ

脚注[編集]

  1. ^ Marcos dos Santos Assunção SEパルメイラス公式サイト
  2. ^ Barueri apresenta Marcos Assunção e mais quatro reforços Globo Esporte、2009年9月26日(ポルトガル語)
  3. ^ Palmeiras anuncia acerto com volante Marcos Assunção(ポルトガル語)
  4. ^ "São" Marcos Assunção vs. Vitória(ポルトガル語)
  5. ^ Tigre acerta a contratação de Marcos Assunção para disputa da Série B”. globoesporte.com (2015年8月10日). 2015年9月19日閲覧。

外部リンク[編集]