マリーナホップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マリーナホップメインゲート。2016年錨のオブジェ設置。
マリーナホップ マリーナサーカス
マリーナホップ 施設内

マリーナホップは、広島県広島市西区観音新町にあるショッピングモールレストラン観覧車もあり、広島観音マリーナの付帯施設として総合レジャー施設を形成している。正式名称は「広島マリーナホップ[補足 1]2005年テナント数114店舗でオープンした。

概要[編集]

  • 正式名称 - 広島マリーナホップ
  • 所在地 - 広島県広島市西区観音新町4-14
  • 敷地面積 - 113,212m2
  • 延床面積 - 20,509.64m2(2005/3/21当時)
  • 土地所有者 - 広島県
  • 施工 - 鹿島建設株式会社
  • 設計 - 株式会社梓設計
  • 運営管理 - 株式会社 マリーナホッププロパティ

営業時間[編集]

  • ショッピングモール、
10:00 - 20:00(店舗による)
11:00 - 23:00(店舗による)

歴史[編集]

  • 2005年3月14日 完成。
  • 2005年3月15日 プレオープン。
  • 2005年3月17日 正式オープン。
  • 2006年9月22日 第二期拡張で新たな商業棟が完成。デオデオ(現・エディオン)デザインセンターなどが出店するライフサポートゾーンがオープン。
  • 2007年4月27日 マリーナサーカスがリニューアルオープン。グリーンゾーンの一部まで拡張されアトラクションが増えた。
  • 2007年7月21日 マリーナサーカスが再度拡張されリニューアルオープン。屋内型アトラクションが追加された。当日は各アトラクションの無料券が配布された。
  • 2008年5月16日 運営会社のミキシングが大阪地裁民事再生法適用を申請した。当面の営業は継続される。
  • 2008年10月29日 ミキシングに変わり、ディスプレー業大手の丹青社の子会社、丹青モールマネジメントと契約を締結。当面の営業は継続。2010年5月までに大規模リニューアルを実施。
  • 2012年11月1日 丹青モールマネジメントに変わり、第一ビルサービスが運営母体になる。正式名称を現在の物に改める。
  • 2017年6月24日 フードコート跡地にマリホ水族館オープン。

テナント[編集]

テナントは色の名前がついたものを含め7つのゾーンがある。

A ZONE[編集]

など

K ZONE[編集]

  • いきものふれあい学校  
  • 空海館
  • マリーナサーカス
  • 宮島チケット売り場
  • もみ爺本舗
  • 広島ドラゴンフライズオフィシャルショップ
  • 小田原ハウジング
  • BIG FLAG
  • 思い出横丁
  • ピースワンコジャパン
  • 木のモノガタリ
  • ヒロタクスポーツ
  • イノセンス

など

O ZONE[編集]

など

C ZONE[編集]

など

マリーナサーカス[編集]

大観覧車とピエロコースター
ツアード パリ

多数のアトラクションを有しているミニ遊園地。低年齢での使用を考えられているため、どの遊具も一般的な遊園地に比べると小さめである。乗り物券(1枚300円、6枚セット1500円。大観覧車のみ専用乗り物券が必要)を使用する物と現金で乗る物が混在している。頻繁に拡張されている。

  • 大観覧車 - 直径36m、高さ40m、4人乗りゴンドラが16基付いている観覧車。海沿いにあるため、瀬戸内海が一望出来る。夜間はブルーを基調とした色にライトアップされる。
  • ピエロコースター - 全長約200mで16人乗りの、ピエロローラーコースター。2歳から乗れる(ただし2~5歳は保護者1人と同乗しなければならない)。
  • メリーゴーランド - 夜間はイルミネーションに包まれる。
  • ロックバード - 大きいバイキング型アトラクション。(身長110cmから乗れる)。
  • ファイヤーファイター - 水鉄砲が二基付いたゴンドラに乗ってコースを回り、黄色い的やぶら下がった的などを狙う乗り物型アトラクション。(乗れるのは0歳からだが0歳~2歳は、大人1人と同乗しなければならない)。
  • 急流すべり - 二人まで乗れるゴンドラで、水上コースを回る。5歳まで無料(乗れるのは3歳からだが3歳~5歳は、大人1人と同乗しなければならない)。
  • ツアード パリ - 各種クルマの形をしたゴンドラが電車型に連なってタワーの周りを走るアトラクション。3歳から乗れるが、大人は乗れない。
  • ゴーゴートーマス - 4人乗りの大きいトーマス。コースを二周する。
  • レッツゴートーマス レッツゴーパーシー - 2人乗りの小さいトーマス。トーマスとパーシーの二基ある。コースを二周する。
  • その他 - 電動カートなど、多数の遊具がある。

その他の施設[編集]

  • ATM(空海館内E-net
  • 授乳室
  • 喫煙所
  • 多目的トイレ
  • インフォメーションコーナー
  • 宮島高速船チケット売り場
  • ドッグラン
  • 広島バリアフリーツアーセンター

交通アクセス[編集]

[編集]

駐車場(1,500台収容・平面)は終日無料

吉島料金所で降りその後西方面へ直進。直進後広島ヘリポート方面へ左折し直進。

  • 山陽自動車道 五日市ICより草津沼田道路を直進。商工センター2丁目交差点左折後、広島南道路を

直進。観音方面下車後広島ヘリポート方面へ左折し直進。

公共交通機関[編集]

広島駅八丁堀紙屋町本通りからアクセス
広電バス3号線広島駅発(八丁堀・紙屋町経由)観音マリーナホップ行き観音マリーナホップバス停下車
横川駅からアクセス:日祝は全便運休
広電バス8号線横川駅発観音マリーナホップ行き観音マリーナホップバス停下車
西広島駅からアクセス
広島電鉄路面電車に乗車後、西観音町で下車、広電バス8号線観音マリーナホップ行きに乗り換え、観音マリーナホップバス停下車
広電バス8号線観音マリーナホップ行きに乗車、観音マリーナホップバス停下車
マリーナホップ桟橋より宮島宮島港)へ高速船就航

イメージソング[編集]

  • 「は・ひ・ふ・へ HOP!」
歌:アイ・マリ 作詞・作曲:浦田健志
  • 「Seaside Story」
歌・作詞・作曲:森本ケンタ

その他[編集]

  • 観覧車は毎夜ライトアップされ、市内各所から見ることが出来る
  • 2007年11月現在のテレビCMでのキャッチコピーは「広島おもしろプレイス」。
  • ヨットハーバーでは冬になるとイルミネーションが点灯する。
  • 「ペットモール」を個性としており、館内をペット連れで(ルール有り)歩くことができる。

周辺情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 開業当初の正式名称は『広島フェスティバル・アウトレット マリーナホップ』[1]

出典[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度21分37.4秒 東経132度24分54秒