マット・スケルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マット・スケルトン
基本情報
本名 マシュー・スケルトン
(Matthew Skelton)
通称 大英帝国の不沈艦
ベッドフォード・バンガー
階級 ヘビー級
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1967-01-27) 1967年1月27日(52歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
ベッドフォードシャー
ベッドフォード
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 37
勝ち 28
KO勝ち 23
敗け 9
テンプレートを表示

マット・スケルトンMatt Skelton1967年1月27日 - )は、イギリスの元キックボクサー男性プロボクサーイングランドベッドフォードシャーベッドフォード出身。イーグルジム所属。元IKFムエタイ世界スーパーヘビー級王者。その打たれ強さからK-1時代は「大英帝国の不沈艦」と呼ばれていた。

人物[編集]

驚異のタフネスとパワーが特徴的。ボクシング元世界ランカー。最高位はWBA世界ヘビー級15位、WBC同級16位、WBO同級5位。

2001年K-1メルボルン大会では決勝まで勝ち進み、アーネスト・ホーストをあと一歩のところまで追いつめた。そのユーモラスな人柄から試合後のインタビューにおいて記者団の人気が高かった。

2008年1月19日、ドイツのデュッセルドルフにてWBA世界ヘビー級王者ルスラン・チャガエフウズベキスタン)に挑戦したが、0-3の判定で敗れ、世界王座獲得はならなかった。

来歴[編集]

キックボクシング時代[編集]

1998年、K-1に登場。それ以前は英国のアマチュアキックボクシング中心で活動し、20戦20勝無敗のレコード。

1998年4月9日、K-1 KINGS '98で初来日。ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤと対戦し、3ラウンドTKO勝ち。

1998年5月24日、K-1 BRAVES '98でレイ・セフォーと対戦。セフォーの右脛の負傷により2ラウンド終了時にTKO勝ち。蹴り足を掴んで殴りかかる、軸足を刈り払うといったムエタイ戦法でセフォーを消耗させ、2ラウンドに1度ダウンを奪った。

1998年7月18日、K-1 DREAM '98で佐竹雅昭と対戦。首相撲からの膝とパンチのラッシュで、1ラウンドに3度のダウンを奪ってKO勝ち。

1998年9月27日、K-1 GRAND PRIX 開幕戦に出場しサム・グレコと対戦。試合開始早々、グレコを場外に叩き落す衝撃シーンを見せた。中盤以降はコンビネーションを中心とした攻めで徐々にペースを握られ、5ラウンドにはローキックでダウンを奪われ判定負け。

1999年4月25日、K-1 REVENGE '99で前年GP王者のピーター・アーツと対戦。2ラウンドに猛攻を見せたが、中盤にスタミナ切れし失速。4ラウンドには防戦一方となり、ラウンド終了後にタオル投入によるTKO負け。

1999年6月20日、K-1 BRAVES '99で行われたGP予選トーナメントに出場。準決勝でロイド・ヴァン・ダムに延長戦の末判定で敗れ、GP出場を逃した。

1999年10月3日、出場メンバーに欠員が出たため、急遽、代打としてK-1 GRAND PRIX '99 開幕戦に出場する。ジェロム・レ・バンナと対戦し、パンチで1ラウンドKO負け。

2000年4月16日、K-1イギリス予選に出場し、3戦3勝(1KO)でトーナメント優勝。横浜予選トーナメントへの出場権を獲得した。

2000年8月20日、K-1 WORLD GP 2000 in YOKOHAMAに出場。アレクセイ・イグナショフに判定勝ちし1回戦を突破したが、準決勝でフランシスコ・フィリォに右アッパーで右目眼窩を負傷。その後連打を受けてKO負け。

2001年6月16日、K-1メルボルン大会に出場。トーナメント決勝で2000年GP王者のアーネスト・ホーストと対戦し、判定負け。しかし敗者復活トーナメントの出場権を得る。

2001年10月8日、敗者復活トーナメントでロイド・ヴァン・ダムと再戦。再び延長戦の末判定負け。GP決勝トーナメントの出場権を逃す。

2002年8月10日、極真会館松井派)主催の『一撃』に出場し、ボクシング世界挑戦経験のあるジョージ・アリアスとK-1ルールで対戦。3-0の判定勝ち。

MMA時代[編集]

2001年11月3日、PRIDE.17トム・エリクソンと対戦。1ラウンド、喉締め(後にPRIDEでは禁止技となる)によりギブアップ負け。

ボクシング時代[編集]

K-1引退後、35歳にして国際式ボクシングに転向。

2003年9月18日、マイケル・ホールデンに6回0分32秒TKO勝ちで英国ボクシング管理委員会(BBBofC)イングランドヘビー級王座を獲得した。

2004年2月7日、ジュリアン・フランシスを10回判定(98-92)で下し英国ボクシング管理委員会(BBBofC)イングランドヘビー級王座の初防衛に成功した。このタイトルは後に返上している。

2004年4月24日、マイケル・スプロットを12回KOで下しBBBofC英国ヘビー級王座(防衛3回)、英連邦ヘビー級王座(防衛2回)を獲得。

2005年2月25日、ファビオ・エドゥアルド・モリに6回2分14秒TKO勝ちで世界ボクシング連合(WBU)ヘビー級王座獲得。直後に英連邦王座を返上。

この頃からプロモーターのフランク・ウォーレンの手配でイギリスの地上波テレビ局ITVでスケルトンの試合が放送されるようになり人気者となる。

2006年2月25日、ダニー・ウィリアムズの持つ英連邦王座に挑戦、12回判定1-2(114-115、115-114、113-116)の僅差で敗れ、獲得に失敗。国際式で初の敗北。英国王座を剥奪された。

2006年7月28日、ダニー・ウィリアムズと再戦し12回判定3-0(117-112、117-112、115-114)で英連邦王座を奪還した。

2007年7月14日、マイケル・スプロットと再戦。12回判定2-0(114-114、115-114、117-113)で勝利し、1度目の英連邦王座防衛。

2008年1月19日、ドイツでルスラン・チャガエフの持つWBA世界ヘビー級タイトルへ挑戦したが0-3 (111-117、111-117、110-117) の判定で敗れた(挑戦時のスケルトンのWBA世界ランキングは15位)。

2008年12月19日、復帰戦を敵地イタリアで行いパオロ・ヴィドスに勝利し、EBU欧州ヘビー級王座を獲得。

2009年2月28日、マーティン・ローガンに11RTKO負けで、英連邦王座陥落。欧州王座も剥奪。

2009年9月19日、フランチェスコ・ピアネタの持つEBU欧州連合ヘビー級王座に挑戦するも試合中に拳を負傷し、8R終了時に棄権した。

2010年1月30日、北京オリンピックブルガリア代表クブラト・プレフと8回戦を行い、4回KO負け。

2010年10月9日、プライズファイター 14: ヘビー級4に出場。3分×3ラウンド方式で1日に3試合戦うトーナメントの決勝戦まで進んだが、3度目の対戦となるマイケル・スプロットに1-2の判定負けで準優勝に終わる。

2012年11月30日、北京オリンピックスーパーヘビー級銅メダリストのデビッド・プライスの持つ英国王座、英連邦王座に挑戦。2回KO負けで敗れ、王座返り咲きはならなかった。

戦績[編集]

プロボクシング[編集]

プロボクシング 戦績
37 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
28 23 5 0 0 0
9 5 4 0


日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2002年9月22日 勝利 2R KO ギフォード・シリングフォード イギリスの旗 イギリス プロデビュー戦
2 2002年10月27日 勝利 1R KO アルヴィン・ミラー イギリスの旗 イギリス
3 2002年12月8日 勝利 1R TKO ニール・カークウッド イギリスの旗 イギリス
4 2003年2月18日 勝利 4R TKO ジャックロード・ジェーコブス ナイジェリアの旗 ナイジェリア
5 2003年4月8日 勝利 4R TKO アレクセイ・バラキン ロシアの旗 ロシア
6 2003年5月15日 勝利 1R TKO デーブ・クラーク イギリスの旗 イギリス
7 2003年7月17日 勝利 4R TKO アントワン・プラティス フランスの旗 フランス
8 2003年9月18日 勝利 6R 0:32 TKO マイケル・ホールデン イギリスの旗 イギリス BBBofCイングランドヘビー級王座決定戦
9 2003年10月11日 勝利 1R TKO コスティ・マリン  ルーマニア
10 2003年10月25日 勝利 3R TKO ラトコ・ドラシュコビッチ モンテネグロの旗 モンテネグロ
11 2003年11月15日 勝利 1R KO パットリチー・コステル ロシアの旗 ロシア
12 2004年2月7日 勝利 10R 判定 ジュリアス・フランシス イギリスの旗 イギリス イングランド防衛1
13 2004年4月24日 勝利 12R KO マイケル・スプロット イギリスの旗 イギリス BBBofC英国・英連邦ヘビー級タイトルマッチ
14 2004年6月5日 勝利 4R TKO ボブ・ミロビッチ オーストラリアの旗 オーストラリア 英連邦防衛1
15 2004年11月19日 勝利 11R 2:45 TKO キース・ロング イギリスの旗 イギリス 英国防衛1・英連邦防衛2
16 2005年2月25日 勝利 6R 2:14 TKO ファビオ・エドゥアルド・モリ アルジェリアの旗 アルジェリア WBU世界ヘビー級王座決定戦
17 2005年7月16日 勝利 7R 3:00 TKO マーク・クリンス イギリスの旗 イギリス 英国防衛2
18 2005年12月10日 勝利 1R 1:19 TKO ジョン・マクダーモット イギリスの旗 イギリス 英国防衛3
19 2006年2月25日 敗北 12R 判定1-2 ダニー・ウィリアムズ イギリスの旗 イギリス 英連邦王座陥落
20 2006年4月1日 勝利 4R 0:38 KO スレン・カラチヤン アルメニアの旗 アルメニア
21 2006年7月8日 勝利 12R 判定3-0 ダニー・ウィリアムズ イギリスの旗 イギリス 英連邦ヘビー級タイトルマッチ
22 2007年7月14日 勝利 12R 判定2-0 マイケル・スプロット イギリスの旗 イギリス 英連邦防衛1
23 2008年1月19日 敗北 12R 判定0-3 ルスラン・チャガエフ  ウズベキスタン WBA世界ヘビー級タイトルマッチ
24 2008年12月19日 勝利 9R 3:00 TKO パオロ・ヴィドス イタリアの旗 イタリア EBU欧州ヘビー級王座決定戦
25 2009年2月28日 敗北 11R 1:21 TKO マーティン・ローガン イギリスの旗 イギリス 英連邦王座陥落・欧州王座剥奪
26 2009年9月19日 敗北 8R 3:00 TKO フランチェスコ・ピアネタ イタリアの旗 イタリア EBU-EUヘビー級タイトルマッチ
27 2010年1月30日 敗北 4R 2:14 KO クブラト・プレフ  ブルガリア
28 2010年7月9日 勝利 5R 1:00 TKO リー・スワビィ イギリスの旗 イギリス
29 2010年10月9日 勝利 3R 判定3-0 アリ・アダムス イギリスの旗 イギリス 'Prizefighter' Tournament Heavyweight1回戦
30 2010年10月9日 勝利 3R 判定3-0 ケビン・マクブライド アイルランドの旗 アイルランド 'Prizefighter' Tournament Heavyweight準決勝
31 2010年10月9日 敗北 3R 判定1-2 マイケル・スプロット イギリスの旗 イギリス 'Prizefighter' Tournament Heavyweight決勝戦
32 2012年3月3日 勝利 5R 1:00 TKO トム・ダラス イギリスの旗 イギリス
33 2012年5月18日 勝利 3R 0:48 TKO ラディスラフ・コヴァジーク  チェコ
34 2012年10月13日 勝利 2R 2:41 TKO ヤコヴ・ゴスピッチ クロアチアの旗 クロアチア
35 2012年11月30日 敗北 2R 2:56 KO デビッド・プライス イギリスの旗 イギリス BBBofC英国・英連邦ヘビー級タイトルマッチ
36 2013年3月15日 敗北 10R 判定3-0 ジョン・マクダーモット イギリスの旗 イギリス BBBofCイングランドヘビー級王座決定戦
37 2014年7月12日 敗北 2R 2:33 KO アンソニー・ジョシュア イギリスの旗 イギリス
テンプレート

プロキックボクシング[編集]

キックボクシング 戦績
19 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
12 6 6 0 0 0
7 3 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ジョージ・アリアス 3R終了 判定3-0 一撃 8.10 ICHIGEKI【K-1ルール】 2002年8月10日
ピーター・ヴァルガ 3R 0:53 TKO IKFプロムエタイスーパーヘビー級タイトルマッチ 2001年11月18日
× ロイド・ヴァン・ダム 延長R終了 判定0-3 K-1 WORLD GP 2001 in FUKUOKA
【敗者復活トーナメント 準決勝】
2001年10月8日
× アーネスト・ホースト 3R終了 判定0-2 K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE
【決勝】
2001年6月16日
マイケル・マクドナルド 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE
【準決勝】
2001年6月16日
パリス・バシリコス 2R 2:05 KO K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE
【1回戦】
2001年6月16日
× フランシスコ・フィリォ 2R 2:36 KO(右アッパー、眼窩負傷) K-1 WORLD GP 2000 in YOKOHAMA
【準決勝】
2000年8月20日
アレクセイ・イグナショフ 3分3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2000 in YOKOHAMA
【1回戦】
2000年8月20日
リッキー・ニッケルソン 3R 1:10 KO(パンチ連打) K-1 イギリス地区予選
【決勝】
2000年4月16日
マーク・ラッセル 判定3-0 K-1 イギリス地区予選
【準決勝】
2000年4月16日
ゲーリー・ターナー 判定3-0 K-1 イギリス地区予選
【1回戦】
2000年4月16日
× ジェロム・レ・バンナ 1R 1:59 KO(右フック) K-1 GRAND PRIX '99 開幕戦
【1回戦】
1999年10月3日
× ロイド・ヴァン・ダム 再延長R終了 判定0-3 K-1 BRAVES '99
【予選トーナメント 準決勝】
1999年6月20日
ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ 3分3R終了 判定3-0 K-1 BRAVES '99
【予選トーナメント 1回戦】
1999年6月20日
× ピーター・アーツ 4R終了時 TKO(タオル投入) K-1 REVENGE '99 1999年4月25日
× サム・グレコ 3分5R終了 判定0-3 K-1 GRAND PRIX '98 開幕戦
【1回戦】
1998年9月27日
佐竹雅昭 1R 2:06 TKO
(3ノックダウン:左ストレート)
K-1 DREAM '98
【空手vsキック 7対7全面対抗戦 中堅戦】
1998年7月18日
レイ・セフォー 2R終了時 TKO(右脛負傷) K-1 BRAVES '98 1998年5月24日
ヤン・"ザ・ジャイアント"・ノルキヤ 3R 0:47 TKO(パンチ連打) K-1 KINGS '98 1998年4月9日

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 0 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× トム・エリクソン 1R 1:11 前腕チョーク PRIDE.17 2001年11月3日

獲得タイトル[編集]

  • プロキックボクシング
    • K-1 WORLD GP BATTLE OF BRITAIN 優勝(2000年4月16日)
    • K-1 WORLD GP 2001 in MELBOURNE 準優勝
    • IAMTF世界スーパーヘビー級王座
    • WKO世界ムエタイスーパーヘビー級王座
    • 第2代IKFムエタイ世界スーパーヘビー級王座(1度防衛)
    • IKO世界キックボクシングヘビー級王座
  • プロボクシング
    • 初代BBBofCイングランドヘビー級王座
    • 第48代BBBofC英国ヘビー級王座
    • 第40代英連邦ヘビー級王座
    • 第42代英連邦ヘビー級王座
    • 第6代WBU世界ヘビー級王座
    • 第74代EBU欧州ヘビー級王座

エピソード[編集]

キックボクシング時代[編集]

  • ホテルワインバーバーテンダーをしていた。K-1登場後もしばらくの間はこの仕事を続けていた。当時の格闘技通信の記事で、「酒場のバウンサー(用心棒)と言った方がピッタリな風貌と戦い方なのに、実はバーテンダー」と、見た目とのギャップを面白がられていた。
  • 初来日ではトレーナーセコンドもつけず一人きりの来日だった。マイケル・マクドナルドに練習相手を務めてもらうなど色々と世話をしてもらい、試合の時は正道会館の若手をセコンドとして借りていた。2回目の来日以降もトレーナー1名といったケースが多く、試合の都度、正道会館の若手にセコンドを頼んでいた。
  • 2000年半ばに勤め先のワインバーが閉店したことでバーテンダーの仕事を辞め、格闘技一本に絞る。一部のマスコミでは「格闘技に専念すると決意したため」と報道されていた。
  • 2001年のK-1メルボルン大会では退場ゲートが一本しか用意されていなかったため、マイケル・マクドナルドに判定勝ちして控え室に引き上げる際、先に退場したマクドナルドに追いついてしまい、勝者と敗者が一緒にインタビューを受けると言う変わったシーンが演出された。上述の通り、スケルトンはかつてマクドナルドに世話になったことがあったので、「彼とは戦いにくかったです。でもこれは試合ですから・・・」と複雑そうに語った。

MMA時代[編集]

  • スケルトンのMMAルールでの試合歴は2001年トム・エリクソン戦のみだが、K-1に登場する以前に第二次UWFがオファーを出しかけたことがあった。「イギリスにとても強いキックボクサーがいる」という評判を聞きつけてのことだが、結局知名度の問題から見送られた。

ボクシング時代[編集]

  • ボクシングデビューの1か月前まで日本の『一撃』でキックの試合をしており、その際、「またK-1に出たい。呼んでくれれば一撃にも出たい」と訴えた。ボクシングに転向してしばらくの間も、インタビューで「機会があればまたタイ式ボクシングのサーキットで世界を回りたい」と語っており、稼ぎ口であれば競技は問わない姿勢だった。ボクシングで芽が出て英国内のチャンピオンになり、収入が増してくると、他の競技に関する話題を口にする機会は少なくなっていった。
  • ボクシングに転向した当初は、売り込みのためキックボクシング時代の功績を語ることも多かった。「東京ドームで6万人の観客を前に試合をした」と語ったこともあるが、正確にはスケルトンが東京ドームで試合をしたのはPRIDE.17の時である。
  • インターネットの普及により、対戦相手はスケルトンが日本で活動していた頃の試合を簡単に見ることができるため、しばしば試合前の舌戦で使われる。ジュリアス・フランシスには「スケルトンはK-1の試合に慣れていてスタミナがない」と分析され(フランシスは実際にスケルトンのボクシングの試合も見た上で確認した)、ダニー・ウィリアムズとの最初の試合の時は「フランシスコ・フィリォみたいにアッパーでKOしてやる」と挑発された。
  • 様々な理由でビッグチャンスを逃すことが多い。シドニーオリンピック金メダリストのオードリー・ハリソンとの試合はスケルトンの怪我で1週間前に中止となり、そのハリソンをKOしたマイケル・スプロットとの再戦は、今度はスプロットの怪我により1週間前に延期となった。英国No.1対決となるはずだったダニー・ウィリアムズとの初戦に至っては、ウィリアムズの急病により当日朝に対戦相手が変更になった。元世界王者のイベンダー・ホリフィールド、現役世界王者のオレグ・マスカエフからのオファーは、それぞれ「歳をとったホリフィールドの姿を見たくない」、「興行収益が望めない」という理由でプロモーターが断ってしまった。
  • イギリスではリングの中と外とで評価が正逆。ラフプレイの多いスタイルは「汚い」を通り越し「醜い」とまで批判されることも多いが、リングを降りると「とても誠実な人間」(但し後述する様にスピード違反を誤魔化そうとした事はある)「勇敢で、ユーモアも理解する」と、その人柄を誉められる。また練習熱心であることでも知られている。
  • 2008年に40歳11ヶ月で世界タイトルに挑戦した試合は当時のヘビー級における初挑戦の最年長記録だった。
  • 年齢や右拳の怪我の慢性化もあって2009年秋頃にトレーナーから引退を勧められていた。2010年12月にはスピード違反で捕まった際に偽名を使用した罪を問われ5ヶ月間収監され試合ができなかったが、「体が動く間は年齢を引退の理由にしたくない」と現役を続けている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ジェフ・ルーファス
第2代IKFプロムエタイ世界スーパーヘビー級王者

2000年11月26日 - 現在

次王者
N/A
前王者
N/A
初代BBBofCイングランドヘビー級王者

2003年9月18日 - 2004年

空位
次タイトル獲得者
マーク・クレンス
前王者
マイケル・スプロット
第48代BBBofC英国ヘビー級王者

2004年4月24日 - 2006年

空位
次タイトル獲得者
スコット・ガンマー
前王者
マイケル・スプロット
第40代英連邦ヘビー級王者

2004年4月24日 - 2006年2月25日

次王者
ダニー・ウィリアムズ
空位
前タイトル保持者
ジョージ・カンデラキ
第6代WBU世界ヘビー級王者

2005年2月25日 - 不明

次王者
N/A
前王者
ダニー・ウィリアムズ
第42代英連邦ヘビー級王者

2006年7月8日 - 2009年2月28日

次王者
マーティン・ローガン
空位
前タイトル保持者
シナン・サミル・サム
第74代EBU欧州ヘビー級王者

2008年12月19日 - 2009年2月28日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
パオロ・ヴィドス