マジック・クリスチャン・ミュージック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マジック・クリスチャン・ミュージック
バッドフィンガースタジオ・アルバム
リリース
録音 1968年7月26日 - 1969年11月21日[2]
アビー・ロード・スタジオトライデント・スタジオ英語版IBCスタジオオリンピック・スタジオ[1]
ジャンル ポップ・ロックパワー・ポップ
時間
レーベル アップル・レコード
プロデュース トニー・ヴィスコンティマル・エヴァンズポール・マッカートニー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 55位(アメリカ[3]
  • バッドフィンガー 年表
    メイビー・トゥモロウ(アイヴィーズ名義)
    (1969年)
    マジック・クリスチャン・ミュージック
    (1970年)
    ノー・ダイス
    (1970年)
    テンプレートを表示

    マジック・クリスチャン・ミュージック』(Magic Christian Music)は、イギリスロックバンドバッドフィンガー1970年に発表した初のスタジオ・アルバム。前身バンドの"アイヴィーズ"時代も含めれば通算2作目に当たり、アイヴィーズ時代に引き続きアップル・レコードから発売された。ジャケットのデザインはデヴィッド・キング(David King)。

    背景[編集]

    アイヴィーズ名義のファースト・アルバム『メイビー・トゥモロウ』は、マル・エヴァンストニー・ヴィスコンティのプロデュースにより制作されたが、1969年当時は母国イギリスでの発売は見送られ、日本、ドイツ、イタリアでのみリリースされた[4]。本作には『メイビー・トゥモロウ』から流用された7曲と新録音の7曲が収録された。

    新曲のうち「マジック・クリスチャンのテーマ」、「ロック・オブ・オール・エイジス」、「明日の風」はリンゴ・スターの出演映画『マジック・クリスチャン』のサウンドトラックで使用された[5]。「マジック・クリスチャンのテーマ」は作詞、作曲、プロデュースともポール・マッカートニーにより、「ロック・オブ・オール・エイジス」と「明日の風」も、実際にはマッカートニーがプロデュースしたといわれている[2]

    1969年8月のレコーディング・セッションを最後に、オリジナル・ベーシストのロン・グリフィスが脱退。9月18日に行われた「ロック・オブ・オール・エイジス」のレコーディングではトム・エヴァンズがベースを弾き、その後「クリムゾン・シップ」、「ミッドナイト・サン」、「雨の散歩道」もグリフィス不在の編成でレコーディングされた[2]。バンドには直後にジョーイ・モーランドが加入したが、ジャケットが彼の正式加入前に完成していたことから裏ジャケットにはピート、トム、マイクの三人のみ画像が掲載された(ジョーイについては上の文章に名前が書かれたのみ)。

    1970年2月に発売されたアメリカ盤LPは「アンジェリーク」と「ギヴ・イット・ア・トライ」を除く12曲入りとなり、イギリス盤LPではA面に収録されていた「フィッシャマン」がB面の4曲目に収録された[6]

    反響・評価[編集]

    母国イギリスでは、本作からの先行シングル「マジック・クリスチャンのテーマ」が全英シングルチャートで4位を記録するが、本作は全英アルバムチャート入りを逃した[7]。一方、アメリカでは「マジック・クリスチャンのテーマ」がBillboard Hot 100で7位に達し、本作もBillboard 200入りを果たして55位を記録[3]

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「魅力的なメロディ、軽妙でサイケデリックな装飾、そして何よりビートルズ的なハーモニーを持つ、この時代の楽しめる作品」と評している[8]

    収録曲[編集]

    特記なき楽曲はピート・ハム作。3. 4. 6. 9. 11. 12. 14. はアイヴィーズ名義のアルバム『メイビー・トゥモロウ』にも収録されているが、一部の曲はリミックスされた[1]

    1. マジック・クリスチャンのテーマ - Come and Get It (Paul McCartney) - 2:21
    2. クリムゾン・シップ - Crimson Ship (Pete Ham, Tom Evans) - 3:42
    3. いとしのアンジー - Dear Angie (Ron Griffiths) - 2:39
    4. フィッシャマン - Fisherman (T. Evans) - 2:24
    5. ミッドナイト・サン - Midnight Sun - 2:46
    6. 美しく青く - Beautiful and Blue (T. Evans) - 2:40
    7. ロック・オブ・オール・エイジス - Rock of All Ages (P. Ham, T. Evans, Mike Gibbins) - 3:16
    8. 明日の風 - Carry on Till Tomorrow (P. Ham, T. Evans) - 4:47
    9. 愛のとりこに - I'm in Love - 2:26
    10. 雨の散歩道 - Walk Out in the Rain - 3:27
    11. アンジェリーク - Angelique (T. Evans) - 2:28
    12. ノッキン・ダウン・アワ・ホーム - Knocking Down Our Home - 3:40
    13. ギヴ・イット・ア・トライ - Give It a Try (P. Ham, T. Evans, M. Gibbins, Ron Griffiths) - 2:31
    14. メイビー・トゥモロウ - Maybe Tomorrow (T. Evans) - 2:51

    1991年再発盤ボーナス・トラック[編集]

    1. ストーム・イン・ア・ティーカップ[9] - Storm in a Teacup (T. Evans) - 2:31
    2. アーサー - Arthur (T. Evans) - 3:20

    2010年再発盤ボーナス・トラック[編集]

    1. アンド・ハー・ダディーズ・ア・ミリオネイア[10] (未発表 別ヴァージョン) - And Her Daddy's a Millionaire (Alternate Version) (P. Ham, T. Evans) - 2:26
    2. ミセス・ジョーンズ (リミックス) - Mrs. Jones (Remix) - 2:20
    3. サリ・ブルー (未発表 モノ・ミックス) - Sali Bloo (Mono Mix) - 2:46
    4. シー・ソー・グランパ (未発表 モノ・ミックス) - See-Saw Granpa (Mono Mix) - 3:34
    5. アイヴ・ビーン・ウェイティング (未発表 未編集 ミックス) - I've Been Waiting (Unedited Remix) - 5:58

    参加ミュージシャン[編集]

    アディショナル・ミュージシャン

    脚注[編集]

    1. ^ a b c d Magic Christian Music - Apple Records - 2015年2月7日閲覧
    2. ^ a b c d e f 2005年再発CD(TOCP-67562)ライナーノーツ(藤本国彦、2005年1月)
    3. ^ a b Badfinger | Awards | AllMusic
    4. ^ 『地球音楽ライブラリー ビートルズ』 速水丈(監修)、TOKYO FM出版、1997年3月1日、267頁。ISBN 4-924880-88-4
    5. ^ The Magic Christian (1969) - Soundtracks - IMDb
    6. ^ Badfinger - Magic Christian Music (Vinyl, LP) at Discogs - アメリカ盤LPの情報
    7. ^ BADFINGER | Artist | Official Charts - アルバムに関しては「Albums」をクリックすると表示される
    8. ^ Magic Christian Music - Badfinger | AllMusic - Review by Stephen Thomas Erlewine
    9. ^ 1969年ウォールズ・アイスクリームのプロモーション用にアップル・レコードが配布したサンプル用EPに収録された曲。
    10. ^ アイヴィーズ時代の邦題は『ダディは百万長者』