ベンガル人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンガル人
বাঙালি
Bengali people.jpg
総人口
3億人
居住地域
バングラデシュの旗 バングラデシュ · インドの旗 インド · パキスタンの旗 パキスタン · ほか
言語
ベンガル語
宗教
イスラム教 · ヒンドゥー教 · 仏教 · キリスト教

ベンガル人ベンガル語: বাঙালি)は、ベンガル地方バングラデシュおよびインド西ベンガルビハール州)を中心に住むインド・アーリア人に属する民族で、一部は先住民族のドラヴィダ人と混血している。言語はベンガル語を話す。

概略[編集]

約半分はインド国内に住んでいるが、ベンガル地方のインド側ではヒンドゥー教徒を明らかに上回ってる。

ベンガル人にはバングラデシュに住む者を中心にイスラム教徒が多い。イスラム教を除けば、大部分はヒンドゥー教徒である。その他、少数の仏教徒もいる。しかし宗教に関わらずベンガル語とベンガル文字が広く使われており、民族意識が強い。

ミャンマーに定住するベンガル人はロヒンギャとも呼ばれ、これもイスラム教徒で民族意識が強く、仏教徒の多いミャンマーにおいて社会問題となっている。ミャンマーでは、ロヒンギャを侵入者と定義し、ミャンマー国籍を与えずに迫害・弾圧・虐殺を続けており、この差別に対して全世界でロヒンギャを援助する動きを見せている(一方でバングラデシュでは国内に貧困問題を抱えていることもあり、民族的には近いロヒンギャへの援助には比較的、消極的である[要出典])。なお、ミャンマーにおいて「ベンガル人(ミャンマーの言葉でベンガリ)」との呼称は、ロヒンギャに対する蔑称となるので注意が必要となる[1][2]

著名なベンガル人[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]