ベンガルボダイジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベンガルボダイジュ
Banyantree.jpg
ベンガルボダイジュ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: クワ科 Moraceae
: イチジク属 Ficus
: ベンガルボダイジュ F. bengalensis
学名
Ficus bengalensis L.[1]
和名
ベンガルボダイジュ
英名
Bengal fig

ベンガルボダイジュ(ベンガル菩提樹、学名:Ficus benghalensis)はクワ科イチジク属の常緑高木。別名、バンヤンジュ、沖縄では、ガジュマル

特徴[編集]

熱帯アジア原産の常緑高木。典型的な絞め殺し植物、つまり他の樹木に巻きついて枯らしてしまう植物である熱帯性イチジク類のひとつで、熱帯地方では高さ30メートル (m) にもなり、枝から気根を出す[2]。気根は垂れ下がって地上に達すると、ふつうの根を出して、やがては幹となることから、1本の木で森のようになることがある[2]。葉は長さ約20センチメートル (cm) の広卵形から楕円形で、葉身は皮質になる[2]

枝が広く横に張り出すので、緑陰樹として栽培される。近縁で性質の似たガジュマルベンジャミンゴムと同様に、幼木は鉢植にして観葉植物として利用される。園芸品種に‘クリシュナエ’(‘Krishnae’、別名:クリシュナボダイジュ)があり、葉身の基部がねじ曲がって漏斗状になる[2]

仏教における位置づけ[編集]

仏教では、菩提の象徴がインドボダイジュ(bodhi tree, bo tree)であるのに対して、ベンガルボダイジュ(banyan)は広大に広がる姿が菩薩菩提心に喩えられる一方[3]、「形も定まらず、始まりも終りもない」輪廻象徴ともされる[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Ficus bengalensis L.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c d 土橋豊 1992, p. 112.
  3. ^ a b 菩提心とは - マイペディア/コトバンク

参考文献[編集]

  • 土橋豊『観葉植物1000』八坂書房、1992年9月10日、112頁。ISBN 4-89694-611-1

関連項目[編集]