ベルナルド・ストロッツィ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルナルド・ストロッツィ
Bernardo Strozzi
Bernardo Strozzi - Still life with pink and white peonies in a glass vase and peaches, white roses and fruits on a ledge.jpg
ストロッツィの静物画
生誕1581年
イタリア、ジェノヴァ
死没1644年8月2日
イタリア、ヴェネツィア

ベルナルド・ストロッツィ(Bernardo Strozzi、1581年 - 1644年8月2日)は、17世紀イタリアバロック絵画の画家である。カプチン・フランシスコ修道会の修道士であったので「il Capucino Genovese」(ジェノヴァのカプチーノ)や「il Prete Genovese」(ジェノヴァの司祭)などとも呼ばれた。

略歴[編集]

ジェノヴァで生まれた。ジェノヴァの画家、コルテ(Cesare Corte:1554–1613)に学び、15歳で ピエトロ ・ソッリ(Pietro Sorri)の工房に入った[1]。2年後、カプチン修道会に入信して修道士となった[1]。1610年に父親が死んだ後、母親と妹を養うために、許しを得て修道会を離れ、画家として働いた。ジェノヴァの有力者の支援を受け教会の装飾画などを描くようになった[2]

1630年頃、母親が亡くなった後、カプチン修道会は修道会に戻るように要請し、ストロッツィが拒否すると裁判になり、投獄されることになり、1631年にストロッツィはジェノヴァを逃れ、ヴェネツィアに移った。

ヴェネツィア共和国ドージェ(元首)、エリッツォ(Francesco Erizzo)の支援を受け、多くの有力な人物の肖像画を描き名声を得た[2]。1635年に修道会とも和解した。


作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Giovanna Nepi Sciré, La Peinture dans les Musées de Venise : Biographies, Editions Place des Victoires,‎ , 605 p. (ISBN 978-2-8099-0019-4), p. 591
  2. ^ a b Le Caravage et la peinture italienne du XVIIe siècle, Louvre, éditions Ministère D'état-Affaires Culturelles. Paris, 1965, 260 p.