聖アントニオ神学院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖アントニオ神学院の入口

聖アントニオ神学院(せいアントニオしんがくいん)は、東京都世田谷区瀬田にあるキリスト教カトリック)の神学校司祭養成のための神学院として、フランシスコ会のアルフォンソ・シニューゼンベルグ総長代理によって1954年創立された。

沿革[編集]

  • 1951年 - 現在地の東京都世田谷区瀬田に用地を取得。
  • 1953年 - 建物が完成し、土井辰雄・東京大司教が祝別を行う。
  • 1954年 - 増築し、フランシスコ会(カナダ管区およびフルダ管区合同)の神学校となった。
  • 1977年 - 日本管区設立にともない、フランシスコ会日本管区の神学校となった。

現在、教皇庁立聖アントニオ総合大学と提携しており、卒業生は同校の神学学士号が与えられる。

所在地[編集]

〒158-0095 東京都世田谷区瀬田4-16-1

併設[編集]

  • カトリック瀬田教会

参考文献[編集]

  • 「宣教師たちの遺産 : フランシスコ会カナダ管区」平秀應編 (フランシスコ会アントニオ神学院)1988年6月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]