ドージェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ドージェ: Doge)とは、イタリア語で国家元首を指す言葉のひとつで、ヴェネツィアの元首をはじめジェノヴァピサなどの海洋共和国の元首の事。総督統領と訳されることもある。

語源[編集]

「ドージェ」語源はラテン語: dux で、イタリア語: duca)やイタリア語: duceドゥーチェ)と同じ語源である。

また、ドージェの妻は「ドガレッサ」(: Dogaressa)と呼ばれる[1]

概要[編集]

選出[編集]

初期のヴェネツィア共和国では、ドージェの選任方法は明確には定められておらず、有力な家門から選出するという慣例があるのみであった。それ故に、初期のヴェネツィアではドージェが自身の血縁者に後を継がせようとする傾向が強かった。そこで、ドージェが世襲制となることで共和制が崩壊することへの危機感から、ドージェが後継者を指名することを禁じる法律が制定された。1172年には、ドージェは40人の委員による選挙により決められることとなった。この委員は大評議会から選ばれた4人により選任され、この大評議会は12人の委員会が毎年任命する。1229年に支持が20対20となり決着しなかったため、これ以後、委員の数は41とされた。

1268年に制定された選挙方法では、まず30人の委員がにより大評議会から選ばれる。この30人はさらに籤で9人に絞られ、この9人が40人を選び、そしてその40人は籤で12人に減らされ、その12人が25人の委員を選ぶ。その25人は籤で9人となり、この9人が45人を定める。45人は11人に絞られ、この11人が、実際にドージェを決める41人を選任するのである[2]。この複雑な制度のために、有力家門といえどもドージェの位を自由にすることは難しくなった。この制度は1797年の共和国滅亡まで維持された。

ジェノヴァ共和国では普通選挙で選ばれたが、1528年の改革でプレブスの投票権が剥奪された[3][4]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Schaus, Margaret, ed (2006). Women and Gender in Medieval Europe: An Encyclopedia. Oxford: Taylor & Francis. pp. 217. ISBN 9780415969444. 
  2. ^ Miranda Mowbray and Dieter Gollmann. “Electing the Doge of Venice: Analysis of a 13th Century Protocol”. 2007年7月12日閲覧。
  3. ^ Society for the Diffusion of Useful Knowledge (1843). The Penny Cyclopaedia. 26. London: Charles Knight & Co. 
  4. ^ Kleinhenz, Christopher, ed (2004). Medieval Italy: An Encyclopedia. 1. London: Routledge. pp. 635–36. ISBN 9781135948801. 

関連項目[編集]