フランソワ・ルクレール・デュ・トランブレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランソワ・ルクレール・デュ・トランブレー

フランソワ・ルクレール・デュ・トランブレーフランス語: François Leclerc du Tremblay, 1577年 - 1638年)は、カプチン・フランシスコ修道会員で、現代フランス語の灰色の枢機卿フランス語: Éminence grise)という用語の起原として知られる。ユグノー戦争を苦しんでいたフランスで育った。22歳のとき、カプチン・フランシスコ修道会に入会した。しかし目の病気のため、哲学の教授を中断して、宗教に傾注していった。

「灰色の枢機卿」という黒幕[編集]

1612年からリシュリューと付き合ってはじめた。カプチン・フランシスコ修道会員らの助力で国内における広い諜報ネットワークを成立して、その結果として政治に活動する機会があった。ヴェストファーレン条約の準備の重要な参加者と見られる。