クララ会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

クララ会Ordo Sanctae Clarae)はカトリック教会の女子観想修道会

クララ会
設立 1212年
設立者 アッシジのキアラ
種類 カトリック教会の女子修道会
目的 キリスト教精神での観想生活
重要人物 アッシジのフランチェスコ
テンプレートを表示

沿革[編集]

クララ会はフランシスコ会の創立者、アッシジのフランチェスコの精神と生き方に感銘を受けたアッシジのキアラ(クララ)が創立し、フランチェスコの精神の下、修道女が祈り、自給自足の観想生活を送る[1]

日本での設立[編集]

日本におけるクララ会の活動はアメリカ合衆国ボストンに設立された修道院によってもたらされ、群馬県桐生市に修道院が設立された。他に八王子市、上越市、福岡県小郡市に修道院がある[2]

出典[編集]

  • 『現代社会への挑戦 今を生きる女子修道会』 女子パウロ会編 2006年
  • 桐生 聖クララ修道院 公式ホームページ

脚注[編集]

  1. ^ 聖クララとは誰ですか?”. 桐生 聖クララ修道院. 2019年8月27日閲覧。
  2. ^ 『現代社会への挑戦 今を生きる女子修道会』P.199

関連項目[編集]

外部リンク[編集]