ベリック・アポン・ツイード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ベリック=アポン=ツイード
Berwick-upon-Tweed.jpg
ツイード川から見た街並み
ベリック=アポン=ツイードの位置(ノーサンバーランド内)
ベリック=アポン=ツイード
ベリック=アポン=ツイード
ノーサンバーランドにおけるベリック=アポン=ツイードの位置
人口12,043人 (2011年国勢調査英語版)
英式座標
NT995525
ロンドン304 mi (489 km)
単一自治体
セレモニアル・カウンティ
リージョン
構成国イングランドの旗 イングランド
イギリスの旗 イギリス
郵便地域ベリック=アポン=ツイード
郵便番号TD15
市外局番01289
警察ノーサンバーランド
消防ノーサンバーランド
救急医療ノース・イースト
欧州議会ノース・イースト・イングランド
英国議会
公式サイトBerwick-upon-Tweed Town Council
場所一覧
イギリス
イングランド
ノーサンバーランド
北緯55度46分09秒 西経2度00分09秒 / 北緯55.7692度 西経2.0025度 / 55.7692; -2.0025座標: 北緯55度46分09秒 西経2度00分09秒 / 北緯55.7692度 西経2.0025度 / 55.7692; -2.0025

ベリック=アポン=ツイードEn-uk-BerwickUponTweed.ogg Berwick-upon-Tweed[ヘルプ/ファイル][ˈbɛrɪk-])は、ベリック=オン=ツイード(Berwick-on-Tweed)や単にベリック(Berwick)とも呼ばれることもある、イングランドノーサンバーランドにあるタウン、シヴィル・パリッシュアングロ・スコティッシュ・ボーダーズ英語版スコットランドとの国境)から南 2+12 mi (4 km) に位置し、イングランドにおいて最北のタウンである[1]2011年イギリス国勢調査英語版ではベリックの人口は12,043人と記録されている[2]

東海岸のツイード川の河口に位置し、エディンバラの東南東 56 mi (90 km) 、ニューカッスル・アポン・タインの北 65 mi (105 km) 、ロンドンの北 345 mi (555 km) にある。イングランド独特の町で、デンマークの首都コペンハーゲンより少し北にあり、スウェーデンの南端はベリックと国境を接する北海のさらに東にある。

ベリックは、10世紀にイギリスに併合されたノーサンブリア王国の時代にアングロ・サクソン人の入植地として設立された[3]。ベリック、スピッタル英語版ツイードマス英語版のコミュニティで構成されるシヴィル・パリッシュと町議会は、2008年に設立された[4]。イングランド最北端のシヴィル・パリッシュである。

この地域は400年以上にわたり、イングランド王国スコットランド王国の間の歴史的な国境戦争の中心であり、ベリックの領有は2つの王国の間で何度か交代した。最後に領有者が変わったのは、1482年に英語版グロスターのリチャードがイングランドのためにベリックを取り戻した時だった[5]。今日まで、多くのバーウィッカーはスコットランドとの親近感を感じている[6]。ラグビーチームのベリックRFC英語版とサッカーチームのベリック・レンジャーズFCはどちらもスコットランドリーグでプレーしている。

ベリックは伝統的なマーケットタウンであり、特に中世の街壁英語版、ジョージ王朝様式の市庁舎英語版、エリザベスの城壁ニコラス・ホークスムア英語版兵器局英語版のために建てた(1717年 - 1721年)イギリスで最も初期の兵舎の建物など、いくつかの注目すべき建築上の特徴がある[7]

名前[編集]

ベリックの名前は、古語のberewickと同じ起源であり[8]、荘園から切り離され、領主自身の使用のために確保された農地の一部を示す[9]。これは、「トウモロコシ畑」を意味する古英語berewícに由来する(より具体的には、bereオオムギを指す)[10]。イギリスには同じ名前の場所がたくさんあり[8]、その1つがスコットランドのノース・ベリック英語版で、ベリック=アポン=ツイードはスコットランドの情報源では「サウス・ベリック」とも呼ばれている[11]。中世の町の印章は、名前の洒落英語版としてクマとセイヨウハルニレ英語版の木を描いた[12]

歴史[編集]

ベリック=アポン=ツイードのホリデーポスター

初期の歴史[編集]

ローマ時代以降、この地域にはBryneichブリトン人が住んでいた。その後、この地域はバーニシアアングリア王国の一部となった。バーニシアは後にデイアラ英語版王国と統合してノーサンブリアを形成し、10世紀半ばにエドレッドの下でイングランド王国に入った[13][14]

ベリックは1018年のカラムの戦い英語版でスコットランドに支配権が移るまで、ノーサンブリア伯爵領英語版の一部であり続けた。町自体は、ノーサンブリア王国の時代にアングロ・サクソン人の入植地として設立された[3]

スコットランドのバラ[編集]

10世紀後半から11世紀初頭にかけて、フォース川とツイード川の間の土地は、スコットランドによる征服、またはイングランドによる割譲によりスコットランドの支配下に置かれた[15]。ベリックはデイヴィッド1世の治世に勅許自治都市になった[16]造幣局は1153年までに町に存在した[17]。1276年、ウィリアム・デ・バデビーはベリックの城守だった[18]。これが城郭都市自体に関係するのか、城に関係するのかは不明である[要出典]

スコットランドの支配下にある間、ベリックはエジンバラ近くのイースト・ロージアンノース・ベリック英語版の町と区別するために「サウス・ベリック」と呼ばれていた[19]

ベリックには、教会が管理する病人と貧しい人のための中世の病院があった。

紛争地域[編集]

何世紀にもわたる両国間の戦争中のアングロ・スコティッシュ・ボーダーズ英語版におけるベリックの戦略的位置とその比較的大きな富は、襲撃、包囲、乗っ取りの連続につながった。スコットランドのウィリアム1世が1173年から74年にかけてイングランド北部を侵略し、占領しようとした[20]。敗北後、ベリックはイングランドのヘンリー2世に割譲された[21]。その後、十字軍のための資金を調達するためにイングランドのリチャード1世によってウィリアムに売り戻された[22]

ベリックは13世紀中頃までに繁栄した町になった。イングランドの司教で大法官であったウィリアム・エディントン英語版によると、ベリックは「非常に人口が多く、商業的にも重要なため、もう一つのアレクサンドリアと呼ばれるのも当然であり、その富は海とその壁の水だった」[23]

1291年から92年にかけて、ベリックはジョン・ベイリャル第5代アナンデール卿ロバート・ド・ブルース英語版との間で行われたスコットランドの王冠をめぐる争い英語版で、イングランドのエドワード1世の仲裁地となった[24]。1292年11月17日にベリック城英語版の大広間で、ベイリャルを支持する決定が下された[24]

街壁英語版の一部

1296年、イングランドはスコットランドと同盟関係にあったフランスと戦争を始めた。ベリオールはそれに応じてイングランドに侵攻し、カンバーランドを略奪した[25]。エドワードはスコットランドに侵攻し、ベリックを占領し、町の大部分を破壊し、町の市民、商人、職人を虐殺した[26]

イングランドのタウン[編集]

ベリック=アポン=ツイード要塞の細部

1551年、町は自治のカントリー・コーポレイト英語版になった[疑問点]

イギリスのタウン[編集]

兵舎 (1717–1721)

1707年、イングランドとスコットランドの合同法は、ベリックがどの国に属しているかについての論争をほぼ終わらせた。それ以来、ベリックはイングランドとウェールズの法律と法制度の範囲内に留まった。1746年ウェールズ・ベリック法(廃止された)は、法律がイングランドに言及するときはいつでも、町への特別な言及を必要とせずにベリックに適用されると見なした。

交通[編集]

ベリック防波堤灯台

A1の旧道はベリックを通り抜け、現在のA1は町の西側を回って行く。イースト・コースト本線が通り、ベリック・アポン・ツイード駅英語版が所在する。ツイードマスの小さな港は商品の輸出入を容易にするが、旅客輸送は行っていない。港は19世紀に築かれた長い防波堤で守られており、その末端には赤と白の灯台がある。1826年に完成した、13 m (43 ft) のその灯台は、海を見下ろす窓から5秒ごとに白色光を発する[27]。船員の慈善団体、船員司牧英語版には、港に到着する船員のニーズを支援する牧師がいる[28]

文化[編集]

ベリックのアイデンティティ[編集]

ベリックはスコットランドの一部かイングランドの一部かためらうことで有名である[29]。イングランド人であり、ノーサンバーランドに忠誠を誓う人もいれば、スコットランドとの親近感を感じる人もいる[30]

2008年、スコットランド議会 (MSP) のSNP党員であるクリスティン・グレアム英語版は、スコットランド議会でベリックが再びスコットランドの一部になるよう呼びかけた[31]

ベリック方言[編集]

ベリック=アポン=ツイードの地元の方言は他のノーサンバーランド地方の方言と東スコットランド中央方言英語版の両方と多くの特徴を共有している[32][33]

スポーツ[編集]

ベリックではベリック・レンジャーズFCが1881年に結成された[34]。このチームはイングランドに本拠地を置くにもかかわらず、スコットランドのリーグ英語版に参加している。ベリック・レンジャーズの本拠地はシールフィールド・パーク英語版である。

ロシアとの関係[編集]

ベリックが公式にロシアと戦争をしている(または最近していた)という外典の話がある[35]

双子都市[編集]

ランドマーク[編集]

著名な人物[編集]

気候[編集]

ベリック=アポン=ツイードは海洋性気候で、季節ごとの気温差はわずかである。

ベリック=アポン=ツイード, 標高: 22 m (72 ft), 1991–2020 平年値の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C°F 7.0
(44.6)
7.6
(45.7)
9.1
(48.4)
10.9
(51.6)
13.8
(56.8)
15.8
(60.4)
18.1
(64.6)
17.7
(63.9)
16.2
(61.2)
13.1
(55.6)
9.5
(49.1)
7.2
(45)
12.2
(54)
日平均気温 °C°F 4.6
(40.3)
4.9
(40.8)
6.2
(43.2)
7.8
(46)
10.3
(50.5)
12.8
(55)
14.8
(58.6)
14.6
(58.3)
12.9
(55.2)
10.0
(50)
6.9
(44.4)
4.7
(40.5)
9.2
(48.6)
平均最低気温 °C°F 2.1
(35.8)
2.1
(35.8)
3.2
(37.8)
4.7
(40.5)
6.9
(44.4)
9.7
(49.5)
11.5
(52.7)
11.4
(52.5)
9.6
(49.3)
6.9
(44.4)
4.2
(39.6)
2.1
(35.8)
6.2
(43.2)
降水量 mm (inch) 46.2
(1.819)
39.2
(1.543)
39.4
(1.551)
36.5
(1.437)
47.9
(1.886)
46.8
(1.843)
67.4
(2.654)
62.2
(2.449)
50.4
(1.984)
65.1
(2.563)
56.8
(2.236)
48.2
(1.898)
606.1
(23.863)
平均月間日照時間 61.5 94.1 120.0 167.9 201.5 171.3 182.4 165.8 139.3 103.5 73.9 54.2 1,535.4
出典1:Met Office[36]
出典2:WeatherAtlas[37]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Erlanger, Steven (2014年9月13日). “Bracing for Change on Scotland's Border, Whatever the Referendum Result”. The New York Times. オリジナルの2017年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170716220235/https://www.nytimes.com/2014/09/14/world/europe/scottish-independence-referendum-berwick-upon-tweed.html 2017年3月1日閲覧。 
  2. ^ Area: Berwick-upon-Tweed (Parish): Key Figures for 2011 Census: Key Statistics”. Neighbourhood Statistics. Office for National Statistics. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月20日閲覧。
  3. ^ a b Lepage, Jean-Denis (2011). British Fortifications Through the Reign of Richard III. Jefferson, North Carolina: McFarland & Co. p. 272. ISBN 978-0-7864-5918-6 
  4. ^ Parishing the Communities of Berwick, Spittal and Tweedmouth”. Berwick-upon-Tweed Borough Council. 2007年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  5. ^ Macdougall, Norman, James III, (1982), p. 169: Devon, Frederick, ed., Issues of the Exchequer, (1837), p. 501
  6. ^ Jacobs, Ed (2012年1月27日). “Would an independent Scotland be good for Northern England?”. The Guardian. オリジナルの2018年11月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181129225238/https://www.theguardian.com/uk/the-northerner/2012/jan/27/scotland-independence-berwick-upon-tweed-jim-smith-alec-salmond 2018年11月29日閲覧。 
  7. ^ Pevsner et al. 1992[要ページ番号]
  8. ^ a b Ekwall, Eilert (1947). The Concise Oxford Dictionary of English Place-Names. Oxford: The Clarendon Press. p. 37. https://archive.org/details/in.ernet.dli.2015.184064/page/n82 
  9. ^ "berewick". Merriam-Webster Dictionary. 2021年5月28日閲覧
  10. ^ "berewick". Oxford English Dictionary (3rd ed.). Oxford University Press. September 2005. (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  11. ^ Scott, John (1888). Berwick-upon-Tweed: The History of the Town and Guild. London: Elliot Stock. p. 237. https://archive.org/details/berwickupontwee00scotgoog/page/n283 
  12. ^ Guild and Governors: The Governance of Berwick”. Berwick Civic Society. p. 1. 2021年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月28日閲覧。
  13. ^ Kendrick, T. D. (2004). A History of The Vikings. I. Mineola: Dover Publications. p. 256. ISBN 978-0-486-43396-7 
  14. ^ Cannon, John (2009). A Dictionary of British History. London: Oxford University Press. p. 474. ISBN 978-0-19-955037-1 
  15. ^ Barrow, G. S. W. (2003). The Kingdom of the Scots: Government, Church and Society from the Eleventh to the Fourteenth Century. Edinburgh: Edinburgh University Press. p. 121. ISBN 978-0-7486-1803-3 
  16. ^ Davies, Norman (2000). The Isles: A History. London: Papermac. ISBN 978-0-333-69283-7 [要ページ番号]
  17. ^ Lynch, Michael (1992). Scotland: a New History. Pimlico. p. 62. ISBN 978-0-7126-9893-1. https://archive.org/details/scotlandnewhisto0000lync/page/62 
  18. ^ Historic Manuscripts Commission, MSS of Col. David Milne Home of Wedderburn Castle, N.B., HMSO, London, 1902, pg. 225.
  19. ^ Seaton, Douglas C.. “The Early Settlers”. Royal Burgh of North Berwick. 2015年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年1月15日閲覧。
  20. ^ Wormald, Jenny (2005). Scotland: A History. London: Oxford University Press. p. 46. ISBN 978-0-19-820615-6. https://archive.org/details/scotland00jenn/page/46 
  21. ^ Hallam, Elizabeth (1996). The Plantagenet Encyclopedia: An Alphabetical Guide to 400 Years of English History. Crescent Books. p. 29. ISBN 978-0-517-14081-9 
  22. ^ Geldard, Ed (2009). Northumberland Strongholds. Frances Lincoln. p. 58. ISBN 978-0-7112-2985-3 
  23. ^ Robson, Eric (March 2007). The Border Line. London: Frances Lincoln Publishers. p. 234. ISBN 978-0711227163. https://books.google.com/books?id=AEOaUkge9DMC&q=the+border+line 
  24. ^ a b Dunbar, Sir Archibald H., Bt. (1899). Scottish Kings – A Revised Chronology of Scottish History 1005–1625. Edinburgh. p. 116. https://archive.org/details/scottishkingsre00dunbuoft 
  25. ^ Baker, Charles-Arnold (2001). The Companion to British History. Routledge. p. 91. ISBN 978-0-415-18583-7 
  26. ^ Barrow, G. W. S. (2005). Robert Bruce and the community of the realm of Scotland. Edinburgh: Edinburgh University Press. p. 92. ISBN 978-0-74-862022-7 
  27. ^ Rowlett, Russ. "Lighthouses of Northeastern England". The Lighthouse Directory. University of North Carolina at Chapel Hill. 2015年11月11日閲覧
  28. ^ Home”. Stella Maris. 2020年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月4日閲覧。
  29. ^ Woolley, Alexander (2014年9月11日). “The Scottish referendum means Berwick-upon-Tweed faces an uncertain future”. www.newstatesman.com. 2021年1月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月20日閲覧。
  30. ^ “Border town where Scottish independence is another dividing line”. The Guardian. (2012年1月13日). オリジナルの2018年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181202202704/https://www.theguardian.com/politics/2012/jan/13/scotland-independence-berwick-upon-tweed 2018年12月2日閲覧。 
  31. ^ “'Return to fold' call for Berwick”. BBC News. (2008年2月10日). オリジナルの2008年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080213182608/http://news.bbc.co.uk/1/hi/scotland/south_of_scotland/7237802.stm 2008年7月17日閲覧。 
  32. ^ Phonetic Description of Scottish Language and Dialects”. Dictionary of the Scots Language. p. 16. 2012年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月9日閲覧。
  33. ^ Sound Map 2”. Dictionary of the Scots Language. 2014年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年2月9日閲覧。
  34. ^ Cox, Richard (2002). Encyclopedia of British Football. Routledge. p. 342. ISBN 978-0-7146-5249-8 
  35. ^ QI: Quite Interesting (2016年12月9日). “Who was the only survivor of the Crimean War?”. YouTube. 2021年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月28日閲覧。
  36. ^ Berwick-upon-Tweed 1991–2020 averages”. Met Office. 2022年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年1月11日閲覧。
  37. ^ Monthly weather forecast and Climate – Reading, United Kingdom”. Weather Atlas. 2021年11月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]