ヘテロジニアス・コンピューティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘテロジニアス・コンピューティング(Heterogeneous computing)とは異なる種類のプロセッサを組み合わせて構築したコンピュータシステム上で演算を行なうことである。用途に応じて適したプロセッサに処理を分担させることによって全体的な効率を高める[1]

通常、ヘテロジニアスなプロセッサ環境では異なる複数の命令セットアーキテクチャ (ISA) を使用する。また、副プロセッサは主プロセッサとは大きく異なるアーキテクチャである。それゆえ、ヘテロジニアス環境向けソフトウェアの開発・実装には高い技術が必要となる。

プラットフォームの例[編集]

ヘテロジニアスコンピューティングプラットフォームは、ハイエンドサーバーと高性能計算機から携帯電話やタブレット用の低消費電力の素子まであらゆる領域で使用される。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Heterogeneous Processing: a Strategy for Augmenting Moore's Law” (2006年). 2014年10月29日閲覧。
  2. ^ Gschwind, Michael (2005). “A novel SIMD architecture for the Cell heterogeneous chip-multiprocessor”. Hot Chips: A Symposium on High Performance Chips. http://www.hotchips.org/wp-content/uploads/hc_archives/hc17/2_Mon/HC17.S1/HC17.S1T1.pdf 

関連項目[編集]