ブライアン・ウィンターズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ウィンターズ
Brian Winters
名前
本名 Brian Joseph Winters
ラテン文字 Brian Winters
基本情報
誕生日 1952年3月1日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ロッカウェイ
身長 193cm  (6 ft 4 in)
体重 84kg (185 lb)
選手情報
ポジション シューティングガード
背番号 32
ドラフト 1974年 12位
選手経歴
1974-1975
1975-1983
ロサンゼルス・レイカーズ
ミルウォーキー・バックス
指導者経歴
1995-1997
2001-2002
2004-2007
バンクーバー・グリズリーズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
インディアナ・フィーバー(WNBA)

ブライアン・ウィンターズBrian Winters, 1952年3月1日 - )はアメリカプロリーグNBAで活躍した元バスケットボール選手。ニューヨーク州ロッカウェイ出身、サウスカロライナ大学出身。ポジションはシューティングガード、身長193cm、体重84kg。キャリアの大半を過ごしたミルウォーキー・バックスでは彼が着用した背番号『32』が永久欠番となっている。現役引退後は指導者に転向し、NBA、女子プロリーグWNBAのヘッドコーチを歴任した。

経歴[編集]

選手キャリア[編集]

サウスカロライナ大学卒業後、1974年のNBAドラフトで1巡目12位指名を受けてロサンゼルス・レイカーズに入団。平均11.7得点をあげ、オールルーキー1stチームに選ばれている。ルーキーシーズン終了後、レイカーズは大物センターカリーム・アブドゥル=ジャバー獲得のためウィンターズを放出し、ウィンターズはミルウォーキー・バックスに移籍した。以後、ウィンターズはバックスで1975-76シーズンから引退する1982-83シーズンまでの8シーズンを過ごすことになる。バックスではボブ・ダンドリッジらと共に中心選手として活躍し、移籍1年目には初のオールスターに選ばれ、キャリアハイの平均19.9得点4.9アシストを記録した1977-78シーズンにもオールスターに出場した。選手としてのウィンターズは優秀なジャンプシューターとして知られ、1979-80シーズンからNBAに新たに導入されたスリーポイントシュートにも即座に対応。3シーズンでスリーポイントシュート成功率トップ10入りを果たした。ジャバーの移籍後平凡な成績が続いていたバックスは、ドン・ネルソン指導のもとで再建が図られ、1980年代に入ると再び強豪へと返り咲いた。この頃にはシドニー・モンクリーフマーカス・ジョンソンら新しい選手がチーム内で台頭していたが、ウィンターズはシックスマンとしてバックスの再建と躍進に貢献した。1982-83シーズンを最後に引退したウィンターズは翌1983-84シーズンの開幕戦に背番号『32』が永久欠番となった。

  • NBA通算成績
    • 650試合出場
    • 10,537得点(平均16.2得点)
    • 2,674アシスト(平均4.1アシスト)
    • FT成功率:.842

コーチキャリア[編集]

現役引退後はプリンストン大学の名コーチ、ピート・カリルのもとで2年間コーチ術を学んだ後、NBAに戻ってクリーブランド・キャバリアーズアトランタ・ホークスで7年間アシスタントコーチを務めた。1995年に誕生したばかりのバンクーバー・グリズリーズのヘッドコーチに就任。2シーズン采配を握ったが成績は振るわず、1996-97シーズン途中にコーチの任を解かれた。その後ゴールデンステート・ウォリアーズのアシスタントコーチに就き、2001-02シーズンにはデイブ・コーウェンスの解任に伴い、ヘッドコーチに昇格したが、シーズン終了後にウィンターズも解任された。2004年には女子プロリーグWNBAインディアナ・フィーバーのヘッドコーチに就任し、2度プレーオフ出場に導いている。NBAコーチ通算成績は36勝148敗、勝率.196だった。

ヘッドコーチ成績[編集]

NBAヘッドコーチ実績表略号説明
レギュラーシーズン G 試合数 W 勝利数 L 敗戦数 W–L % レギュラーシーズン勝率
ポストシーズン PG 試合数 PW 勝利数 PL 敗戦数 PW–L % プレイオフ勝率
チーム 年度 G W L W–L% シーズン結果 PG PW PL PW–L% 最終結果
グリズリーズ 1995–96 82 15 67 .183 7th in Midwest Missed playoffs
グリズリーズ 1996–97 43 8 35 .186 (fired)
ウォリアーズ 2001–02 59 13 46 .220 7th in Pacific Missed playoffs
Career 184 36 148 .196

外部リンク[編集]


先代:
ネル・フォートナー
インディアナ・フィーバー ヘッドコーチ
2004–2007
次代:
リン・ダン