ライオネル・ホリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ライオネル・ホリンズ
Lionel Hollins
Lionel-hollins.jpg
引退
永久欠番 トレイルブレイザーズ  14 
ポジション(現役時) ポイントガード
背番号(現役時) 14 (永久欠番)
身長(現役時) 191cm (6 ft 3 in)
体重(現役時) 84kg (185 lb)
基本情報
本名 Lionel Eugene Hollins
ラテン文字 Lionel Hollins
誕生日 (1953-10-19) 1953年10月19日(64歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カンザス州アーカンソーシティ
出身 アリゾナ州立大学
ドラフト 1975年6位ポートランド・トレイルブレイザーズ 
選手経歴
1975-1980
1980-1982
1982-1983
1983-1984
1984-1985
ポートランド・トレイルブレイザーズ
フィラデルフィア・76サーズ
サンディエゴ・クリッパーズ
デトロイト・ピストンズ
ヒューストン・ロケッツ
指導者経歴
1985-1988
1988-1995
1999-2000
2004
2008-2009
2009-2013
2014-2016
アリゾナ州立大学(AC)
フェニックス・サンズ(AC)
バンクーバー・グリズリーズ
メンフィス・グリズリーズ
ミルウォーキー・バックス(AC)
メンフィス・グリズリーズ
ブルックリン・ネッツ
受賞歴

ライオネル・ホリンズLionel Eugene Hollins, 1953年10月19日 - )は、アメリカ合衆国の元バスケットボール選手で指導者。カンザス州アーカンソーシティ出身。アメリカ男子プロバスケットボールリーグNBAメンフィス・グリズリーズブルックリン・ネッツのヘッドコーチを務めていた。

経歴[編集]

選手[編集]

アリゾナ州立大学から、1975年のドラフトでNBAポートランド・トレイルブレイザーズに1巡目6位で指名され入団した。5シーズンをプレーし、1年目はNBAオールルーキーファーストチームに選出された。2年目の1976-77シーズンに優勝を経験し、次のシーズンではオールスターに出場。1978年、79年と2年連続でNBAオールディフェンシブチームに選出された。彼の番号14はポートランド・トレイルブレイザーズの永久欠番となっている。主な通算成績は、7,809 (11.6 ppg)得点、3,006 (4.5 apg)アシスト、1,053 (1.6 spg)スティール。

コーチ[編集]

1990年から2年間CBAでアシスタントコーチを務めた後、1988年から1995年までNBAフェニックス・サンズで、コットン・フィッツシモンズのもとでアシスタントコーチに就任し、NBAでのコーチングキャリアをスタートさせた。

バンクーバー・グリズリーズ[編集]

1990年バンクーバー・グリズリーズの暫定ヘッドコーチに就任し、18勝42敗と大きく負け越し退任した。2004年にグリズリーズが本拠地をメンフィスに移した後にも、暫定コーチを務めている。

メンフィス・グリズリーズ[編集]

2008-09シーズン、ミルウォーキー・バックスのアシスタントコーチを務めた後、2009年メンフィス・グリズリーズに3度目のヘッドコーチとして就任し、2009-10シーズンは勝ち越すことができなかったが、2010-11シーズンは46勝36敗第8シードで、プレーオフに進むと、NBA史上3度目となる8シードが1シードを破るというアップセットを成し遂げ、セミファイナルへ進んだが、オクラホマシティ・サンダーに敗れている。2011-12シーズンは41勝25敗でフランチャイズ最高勝率62.1%で第4シードでプレーオフに臨んだが、1stラウンドで第7戦でロサンゼルス・クリッパーズ敗退している。翌シーズンはフランチャイズ記録56勝でプレーオフに進んだが、カンファレンスファイナルで、サンアントニオ・スパーズにスイープで敗れ、その年に、グリズリーズから契約は更新しないと発表され退団した[1]

ブルックリン・ネッツ[編集]

ジェイソン・キッドミルウォーキー・バックスへの転籍に伴い、2014年7月2日ヘッドコーチに招聘された[2]。2014-15シーズンは38勝44敗ながらチームをプレーオフに導いたが、翌2015-16シーズンは開幕から大きく出遅れ、2016年1月10日に解任された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]