フレネミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フレネミー:Frenemy、/ˈfrenəmi/[1])とは、「friend」(友)と「enemy」(敵)を組み合わせた混成語[1][2][3][4]、「友を装う敵」[2][3][4]または「ライバルと同時に友である者」[5][1]を意味する。

経緯[編集]

1953年には、「frienemies」という綴りが、当時のソ連国民を指す造語として、印刷媒体で使用されていた[6][7]

OxfordDictionaries.comによると、1950年代には「frenemy」綴りもすでにあったとされる[1]。一方、Merriam-Webster.comによると、「frenemy」の使用が確認されている最古の例は1977年である[2]

娯楽作品では、2000年テレビドラマセックス・アンド・ザ・シティ』(HBO局)で使用されたのが最初だという説がある[8][9]

2012年ディズニー・チャンネルで『フレネミーズ』というテレビ映画が放送された[10][11]。異なる状況にある3組のフレネミーたちを描いたアンソロジー・ドラマである[12]

日本においては、『an・an』の2010年5月12日号に「親友は本物? 巷にはびこる“フレネミー”に気をつけろ!」という特集記事が掲載され[13]、2012年5月には”フレネミー心理研究会”の監修による『フレネミーと賢くつき合う33の法則』が出版された[14]

人間関係[編集]

フレネミーという言葉は、トゥイーン[15]向けの映画文学テレビ番組に頻繁に登場し、実社会においてもティーンやトゥイーンが同年齢・同等の者について使用する[3]。複数形はフレネミーズ(frenemies[1][2])であるが、(「友を装う敵」というニュアンスでの)フレネミーのグループを指して「mean girls」と言うこともある[3]。その他、「diva」「gossip girl」「poison pal」という類義語がある[3]

ビジネスウィーク』誌によると、職場におけるフレネミーも珍しくない。仕事環境が次第にカジュアルになるにつれ、仕事上の付き合いと個人的な生活が密接に絡み合うケースが多く見られるようになってきた。同僚との付き合いは過去にもなかったわけではないが、仕事が忙しいあまり、職場以外で友情を培うための時間が減り、その気も失せていく傾向があるという[16]

アメリカ合衆国精神科医テレビラジオパーソナリティーも務めているポール・ドブランスキー英語版は、フレネミーは「友人」にも「敵」にも「いじめっ子」にも成り得る前兆(precursor)だと分析する[8]

フレネミーの例[編集]

  • 歌手マライア・キャリーニッキー・ミナージュは、ファッション面でフレネミーだとされている[17][18]
  • テレビドラマゴシップガール』の登場人物、セリーナ・ヴァンダーウッドセンとブレア・ウォルドーフがフレネミー同士だとされる[19]
  • コメディアンスティーヴン・コルベアは、『ザ・コルベア・レポー』(コメディ・セントラル局)において、中国アメリカ合衆国にとってのフレネミーだというジョークを飛ばした[8][20]
  • 漫画版『祕十村』(漫画:宗方馨、原案:白輝蓮)で主人公・拓哉と幼馴染の友人10人が結界と呪われた森に閉ざされた廃村「祕十村」で呪詛により誕生した7人の悪鬼「覇の子」に襲われて次々と仲間が殺されるが、拉致された婚約者・橘未希を救おうとした拓哉を背後から日本刀で襲ったのは殺された筈の近藤政樹であり、しかも彼は「覇の子」のリーダー格・龍と内通していた。
  • 和田慎二の漫画『銀色の髪の亜里沙』で主人公・本条亜里沙を陥れた3人の少女「信楽紅子、青木恵子、川崎マサコ」は友人を装っており、同作者の別作品『愛と死の砂時計』で主人公・雪室杳子の担任教師でもある婚約者・保本登を冤罪の罠に嵌めた真犯人は杳子の親友・紅崎麻矢だった。
  • その他、フィクション作品には「友を装う敵」が多く登場するが、そのほとんどは主人公から見たものであり、敵側から見た「友を装う敵」は主人公にとっては「敵を装った味方」となることが多い。また、「ライバルと同時に友である者」が登場するフィクション作品も多く存在する。その代表的な例としては、原作:武論尊・作画:原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物であるケンシロウラオウが挙げられる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e frenemy”. OxfordDictionaries.com. 2012年11月6日閲覧。
  2. ^ a b c d frenemy”. Merriam-Webster Online. 2012年11月6日閲覧。
  3. ^ a b c d e Jennifer O'Donnell. “Frenemy - What is a Frenemy?”. About.com. 2012年11月6日閲覧。
  4. ^ a b フレネミー【frenemy/frienemy】の意味 - 国語辞書”. goo辞書. 2012年11月6日閲覧。
  5. ^ Oxford English Dictionary online, draft entry, December 2008
  6. ^ Winchell, W. (1953年5月19日). “Howz about calling the Russians our Frienemies?”. Nevada State Journal (Gannett Company) 
  7. ^ Austin Ramzy (2009年11月16日). “Obama in Asia: Five Things the U.S. and China Agree On”. TIME. 2012年11月6日閲覧。
  8. ^ a b c Paul Dobransky, M.D. (2010年3月31日). “How to Spot Friends, Enemies, Frenemies and Bullies”. The Urban Scientist. Psychology Today. 2012年11月6日閲覧。
  9. ^ en:Frenemies (SATC episode)も参照。
  10. ^ ディズニー・チャンネル 5月「フレネミーズ」「シェキラ!」他”. TVグルーヴ (2012年3月16日). 2012年11月6日閲覧。
  11. ^ アメリカ合衆国カナダでは1月13日日本では5月6日放送。
  12. ^ Frenemies”. ディズニー・チャンネル. 2012年11月6日閲覧。
  13. ^ 親友は本物? 巷にはびこる“フレネミー”に気をつけろ!”. an・an X BRAND. 2012年11月6日閲覧。
  14. ^ フレネミーと賢くつき合う33の法則(フレネミー心理研究会/監修)”. Webcat Plus. 2012年11月6日閲覧。
  15. ^ 「teen」と「between」をかけた造語で、子どもとティーンエイジャーの間のこと。特に女の子を指すことが多い。具体的な年齢については、10 - 12歳、8 - 12歳、9 - 14歳など、諸説ある。
  16. ^ Frenemies at Work Archived 2007年10月25日, at the Wayback Machine. Liz Ryan, BusinessWeek. 2007年6月14日.
  17. ^ Jeanette Batur (2012年10月9日). “American Idol's Mariah Carey and Nicki Minaj Are Fashion Frenemies”. E! Online. 2012年11月6日閲覧。
  18. ^ Mariah Carey and Nicki Minaj: Fashion Frenemies”. 2012年11月6日閲覧。
  19. ^ 'Gossip Girl' recap: The great frenemy fake-out” (2010年9月28日). 2012年11月6日閲覧。
  20. ^ The Word - Apocalypse Mao: Murdered by the Orient's Success - Frenemy”. The Colbert Report (2007年2月13日). 2012年11月6日閲覧。(ビデオ)

外部リンク[編集]