フォルスラコス科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォルスラコス科
生息年代: 古第三紀暁新世後期サネティアン
第四紀更新世前期,[1]
62–1.8 Ma
Phorusrhacid skeleton.jpg
ティタニス・ワレリの復元骨格
フロリダ自然史博物館所蔵
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 新顎上目 Neognathae
階級なし : ネオアヴェス Neoaves
: ノガンモドキ目 Cariamiformes
上科 : フォルスラコス上科 Phorusrhacoidea
Ameghino, 1889
: フォルスラコス科 Phorusrhacidae
Ameghino, 1889[2]
シノニム

フォルスラコス科Phorusrhacidae)は、肉食性の巨大な飛べない鳥の科。恐鳥類として知られている。6200万年前から180万年前にかけて南アメリカ大陸に生息し、当時の頂点捕食者の中では最大の生物だった[1][3]

最も近縁とされる現代の鳥類は背丈80センチメートルであるが、フォルスラコス科の背丈は1 - 3メートルであった。最大の種はティタニス・ワレリで、アメリカ合衆国テキサス州およびフロリダ州から化石が出土している。これにより、フォルスラコス科はパナマ地峡の形成に伴ってアメリカ大陸間大交差の最中に唯一北アメリカ大陸へ進出した南アメリカ大陸の捕食動物であることになる。交差の主要な動きは約260万年前に始まり、ティタニスは初期に当たる500万年前に移動していた。[4]

かつてティタニスはヒトが北アメリカ大陸に到達する頃に絶滅したと信じられていた[5]が、ティタニスの化石からは180万年前以降にティタニスが生存していた証拠はなく[6]、ヒトの到来よりも遥か以前に絶滅を迎えた。ただし、4万5000 - 1万7000年前にあたる時代の小型の近縁種がウルグアイで発見されており[7][8]、フォルスラコス科が更新世後期というごく最近まで生存していた可能性が示唆されているが、これに関しては議論が続いている[9]

フォルスラコス科はアフリカ大陸に分布していた可能性もある。本当にフォルスラコス科であるかは疑問であるが、ラヴォカタヴィスアルジェリアで発見されている[10]。ヨーロッパでもフォルスラコス科の可能性があるエレウテウオルニスが発見され、フォルスラコス科が暁新世に地理的に広く分布したことが示唆されている[11][12]

始新世から中新世にかけてはバトルニス科の鳥類が北アメリカ大陸で同様の生態的地位を占めており、パラクラックスはティタニス・ワレリと同等の体躯であった[13][14]。顎や烏口骨の形態に基づいてバトルニス科をフォルスラコス科の姉妹群とする分析もある[15]が、個別に地上性の肉食鳥類に進化したとして激しい議論がなされている[16]

記載[編集]

フォルスラコス科の首は3つの部位に分けることが可能である。フォルスラコス科の首の高い部位では分岐した神経棘を持ち、その下の部位ではさらに高い神経棘を持つ。これは、フォルスラコス科が柔軟で発達した首を持ち、重い頭部を支えることや驚異的な速度と力で打撃することが可能だったことを示している。フォルスラコス科の首の外見は長くないが、柔軟な骨格構造ゆえ予想される長さよりも長く首を伸ばすことができ、頭部の重量を活かして容易に攻撃が可能だった。最大限まで首を伸ばして下方へ攻撃すると、卓越した首の筋肉と重い頭部により獲物に深刻なダメージを与えるのに十分な勢いと力が発揮された[17]

2006年パタゴニアで発見された1500万年前に当たる中新世ランギアンに生息したケレンケン・ギレルモイは、これまでに発見された中で最大の頭骨を持つ鳥類であり、ほぼ完全な頭骨が71センチメートルと記録されている。クチバシは約46センチメートルに達し、鉤状のカーブを描いてワシのクチバシに類似している。フォルスラコス科に分類された大半の種はこれよりも小型で背丈60 – 90センチメートルであるが、背丈3メートルに達するものも発見されている。巨大な恐鳥類は俊敏に走ることができ、時速48キロメートルに達したと科学者は仮説を立てている[18]。フォルスラコス科の生息環境の調査では、ボルヒエナ科ティラコスミルス科といった肉食性有袋類と激しい生存競争を繰り広げて優位に立ち、攻撃的な性質により彼らの生息地を平野から森林へ退けた可能性があると示唆されている[19]

古生態[編集]

大半のフォルスラコス科の鳥類は素早く走ることができ、全ての種が巨大で鋭いクチバシ・強靭な首・鋭利な鉤爪を有していた。しかし、このような特徴を持っていながら、フォルスラコス科は最小限の労力で容易に食事を終えられるウサギ程度の比較的小さな動物を常食としていたとする説がある。これはクチバシの比率ゆえに獲物を咬み殺すほどの力を発揮できなかったためであるが、スミロドンホホジロザメおよびアロサウルスといった数多くの捕食者は咬合力が弱く、頭蓋骨も側方の力に弱い構造であるが、顎の筋肉の減少により口を大きく開けられるほか、鋭いエッジや体や首の推進力を活かして大型動物を襲っているため、議論の余地がある[20][21]。巨大で横方向に平らな頭骨や鋭く尖ったクチバシ、強靭な首の筋肉といった特徴をフォルスラコス科は共有しており、大型動物に特化した捕食動物であることもありうる。

クチバシの骨は強く癒着していて、前方から後方への力に対して弾力があり、獲物を左右に振り回すよりも突っ突くことで大きな被害を獲物に与えたことが予想される。一般的に、恐鳥類は蹴りによって獲物を打撃するように脚を用い、獲物を押さえつけて突っ突いて殺すために巨大なクチバシを用いたと考えられている。大型の獲物も蹴りと突っ突きで[22]、あるいはクチバシを刃のように用いて主要臓器への打撃・斬撃で攻撃された可能性がある。

アンダルガロルニスのような一部のフォルスラコス科は直線では素早く走行できるが急な旋回に弱いことが示されており、これはフォルスラコス科が小型の獲物を狙う機敏な捕食者であったという考えに反する[23]

食性[編集]

全てのフォルスラコス科の鳥類が肉食性と考えられている。クチバシの先端は大きく下へカーブしており、獲物から肉を剥ぎ取っていたことを示唆している。現に、同様の形質を持つ現生鳥類の多くは肉食性である。CTスキャンを用いた分析では、獲物を左右に振ることはできなかったが、下方向へ強大な力を働かせたことが明らかになった[24]

絶滅[編集]

新第三紀中新世から鮮新世の間に南アメリカ大陸でフォルスラコス科の個体数は増加し、この時期にサバンナの環境で多様な種が捕食者として繁栄したことが示唆されている。

270万年前にパナマ地峡が出現すると、イヌ・クマ・ネコが南アメリカ大陸へ渡来可能となり、競争が激化した[25]。なお、アライグマ科は730万年前に先に南アメリカ大陸へ進出していた[4]食肉目の哺乳類が本格的に進出する頃にフォルスラコス科の個体数は減少に転じており、新たに大陸へ到達した捕食動物たちがフォルスラコス科の絶滅に大きく影響したことが示唆されている[26]。同様のことが肉食性有袋類やワニ類にも当てはまる[27]

しかし、南アメリカ大陸における捕食動物の系統の競争排除については、複数の研究者が疑問を呈している[28]。絶滅の時期がイヌ科動物や剣歯虎といった大型捕食者の到達と関連せず(先に到達して南アメリカで巨大化したアライグマ科とは関連するが、彼らは雑食性である[29])、南アメリカ大陸土着の捕食者(大半のフォルスラコス科・有袋類・ワニ類)が絶滅したのは有胎盤類の捕食動物が進出する前である[30]。フォルスラコス科と似た生態で近縁性も考えられているバトルニス科は、新生代の一時期の間北アメリカ大陸全域に分布し、2000万年前に当たる中新世前期に絶滅するまでニムラブス科といった大型の食肉目の動物と共存していた[14]。フォルスラコス科のティタニスは交差の最中に北アメリカ大陸の一部に分布を拡大し、180万年前に絶滅を迎えるまでゼノスミルスといった大型のネコ科動物やイヌ科動物と数百万年にわたって共存していた。

更新世の大型動物相を代表するフォルスラコス科は、狩猟といった人間の活動や生息環境の変化により絶滅したことが示唆されているが、最後のフォルスラコス科が人類到達の100万年以上前に絶滅していることがティタニスの標本からわかっているため、この考えは現在有効ではない。しかしながら、更新世後期にあたる南アメリカ大陸で発見された化石は、比較的小型であるプシロプテルスが9万6000年±6300年前まで存在していたことを示唆している。これが本当であれば、フォルスラコス科の生存期間は大きく拡大することとなる[8]

頭骨にまつわる発見[編集]

アンダルガロルニスのホロタイプ標本 P 14357 のCTスキャン。フィールド自然史博物館所蔵

かつてフォルスラコス科は、物的証拠を欠いたものの厚いクチバシ・丸い眼窩・アーチ形の頭蓋を持つと考えられていた[31]。しかし新たな化石がアルゼンチンのコルモロで発見され、上から見ると頭骨は三角形で、クチバシは頭部の半分以上の長さを占めたうえでフック状に湾曲し、胴体の比率はコンパクトであることが判明した。外鼻孔と前眼窩窓は三角形よりもむしろ四角形に近い。これらの特徴により、頭骨の外見は三角形よりも長方形に近い[31]。また、化石の構造からフォルスラコス科は従来考えられていたよりも俊敏だったことが示唆されている[31]

小型の亜種の頭骨も発見されており、クチバシの内部構造が薄い梁軟骨の壁に覆われた空洞であることが判明した。また、頭蓋骨の動きの進化に関連する重要な要素である zona flexoria palatina と zona flexoria arcus jugalis を欠いており、比較解剖学・機能的形態学・系統発生学の研究に有効である骨学的相同性を確立できる。

分類[編集]

フォルスラコス科の語源は模式属であるフォルスラコスである。フロレンティーノ・アメギノ1887年に初めて記載したとき、フォルスラコスの語源は明示されなかった。現在では、「~を持つ」という意味のギリシャ語の単語 phoros と「皺」「傷」「裂け目」を意味する rhacos を繋げたものであると考えられている[32]。研究者はフォルスラコス科を現生のノガンモドキ科ヘビクイワシ科と比較したが、体重の差が著しいため、現生の科を過度に頼りにすることはできない。

Alvarenga と Höfling による2003年の改正に従うと、フォルスラコス科には5亜科14属18種が属する[33]。これらの種は適応放散の結果出現したものである[34]

フォルスラコス上科
フォルスラコス科

Alvarenga と Höfling はヨーロッパから発見されたアメギノルニス科をフォルスラコス科の中に含めていないが、これはより基盤的なノガンモドキ目であると分かったためである[38]。従来はツル目と考えられていたが、形態学的研究及びノガンモドキ科に基づく遺伝学的研究[39]から、ノガンモドキ目はスズメ目オウム目ハヤブサ目から構成されるアウストララヴィス類に属す可能性があることが示された[40][41]

出典[編集]

  1. ^ a b Tambussi, C.; Ubilla, M.; Perea, D. (1999). “The youngest large carnassial bird (Phorusrhacidae, Phorusrhacinae) from South America (Pliocene–Early Pleistocene of Uruguay)”. Journal of Vertebrate Paleontology 19 (2): 404–406. doi:10.1080/02724634.1999.10011154. 
  2. ^ Ameghino, F (1889). “Contribuición al conocimiento de los mamíferos fósiles de la República Argentina” (Spanish). Actas Academia Nacional Ciencias de Córdoba 6: 1–1028. 
  3. ^ Blanco, R. E.; Jones, W. W. (2005). “Terror birds on the run: a mechanical model to estimate its maximum running speed”. Proceedings of the Royal Society B 272 (1574): 1769–1773. doi:10.1098/rspb.2005.3133. PMC: 1559870. PMID 16096087. http://rspb.royalsocietypublishing.org/content/272/1574/1769.full.pdf. 
  4. ^ a b Woodburne, M. O. (2010-07-14). “The Great American Biotic Interchange: Dispersals, Tectonics, Climate, Sea Level and Holding Pens”. Journal of Mammalian Evolution 17 (4): 245–264. doi:10.1007/s10914-010-9144-8. PMC: 2987556. PMID 21125025. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2987556/. 
  5. ^ Baskin, J. A. (1995). “The giant flightless bird Titanis walleri (Aves: Phorusrhacidae) from the Pleistocene coastal plain of South Texas”. Journal of Vertebrate Paleontology 15 (4): 842–844. doi:10.1080/02724634.1995.10011266. 
  6. ^ MacFadden, Bruce J.; Labs-Hochstein, Joann; Hulbert, Richard C.; Baskin, Jon A. (2007). “Revised age of the late Neogene terror bird (Titanis) in North America during the Great American Interchange”. Geology 35 (2): 123–126. doi:10.1130/G23186A.1. 
  7. ^ Alvarenga, H.; Jones, W.; Rinderknecht, A. (2010). “The youngest record of phorusrhacid birds (Aves, Phorusrhacidae) from the late Pleistocene of Uruguay”. Neues Jahrbuch für Geologie und Paläontologie - Abhandlungen 256 (2): 229–234. doi:10.1127/0077-7749/2010/0052. http://www.museuhistorianatural.com/pesquisa_arquivos/2010/Phorusrh._Pleist.sup.Alvarenga.pdf. 
  8. ^ a b Jones, W.; Rinderknecht, A.; Alvarenga, H.; Montenegro, F.; Ubilla, M. (2017). “The last terror birds (Aves, Phorusrhacidae): new evidence from the late Pleistocene of Uruguay”. Paläontologische Zeitschrift 92 (2): 365–372. doi:10.1007/s12542-017-0388-y. 
  9. ^ Agnolin, F. (2013). La posición sistemática de Hermosiornis (Aves, Phororhacoidea) y sus implicancias filogenéticas. Revista del Museo Argentino de Ciencias Naturales nueva serie, 15(1), 39-60.
  10. ^ Mourer-Chauviré, C. et al. (2011) A Phororhacoid bird from the Eocene of Africa. Naturwissenschaften doi:10.1007/s00114-011-0829-5
  11. ^ Delphine Angst et al. (2013) A Large Phorusrhacid Bird From the Middle Eocene of France.
  12. ^ a b c Angst, D.; Buffetaut, E.; Lécuyer, C.; Amiot, R. (2013). “"Terror Birds" (Phorusrhacidae) from the Eocene of Europe Imply Trans-Tethys Dispersal”. PLOS One 8 (11): e80357. doi:10.1371/journal.pone.0080357. PMC: 3842325. PMID 24312212. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3842325/. 
  13. ^ Benton, R. C.; Terry, D. O., Jr.; Evanoff, E.; McDonald, H. G. (25 May 2015). The White River Badlands: Geology and Paleontology. Indiana University Press. p. 95. ISBN 978-0253016089. https://books.google.com/books?id=ZcFtCQAAQBAJ&pg=PA95. 
  14. ^ a b Cracraft, J. (1968). “A review of the Bathornithidae (Aves, Gruiformes), with remarks on the relationships of the suborder Cariamae”. American Museum Novitates 2326: 1–46. http://digitallibrary.amnh.org/handle/2246/2536 2018年5月26日閲覧。. 
  15. ^ Federico L. Agnolin (2009). "Sistemática y Filogenia de las Aves Fororracoideas (Gruiformes, Cariamae)" (PDF). Fundación de Historia Natural Felix de Azara: 1–79.
  16. ^ Mayr, G.; Noriega, J. (2013). “A well-preserved partial skeleton of the poorly known early Miocene seriema Noriegavis santacrucensis (Aves, Cariamidae)”. Acta Palaeontologica Polonica. doi:10.4202/app.00011.2013. 
  17. ^ Tambussi, CP; de Mendoza, R; Degrange, FJ; Picasso, MB. (2013). “Flexibility along the Neck of the Neogene Terror Bird Andalgalornis steulleti (Aves Phorusrhacidae)”. PLOS One 7 (5): e37701. doi:10.1371/journal.pone.0037701. PMC: 3360764. PMID 22662194. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3360764/. 
  18. ^ Bertelli, Sara; Chiappe, Luis M; Tambussi, Claudia (2007). “A New Phorusrhacid (Aves: Cariamae) from the Middle Miocene of Patagonia, Argentina”. Journal of Vertebrate Paleontology 27 (2): 409–419. doi:[[doi:10.1671%2F0272-4634%282007%2927%5B409%3AANPACF%5D2.0.CO%3B2|10.1671/0272-4634(2007)27[409:ANPACF]2.0.CO;2]]. 
  19. ^ Antón, Mauricio (2013). Sabertooth. Bloomington, Indiana: University of Indiana Press. p. 61. ISBN 9780253010421. 
  20. ^ Bakker, Robert (1998). “Brontosaur Killers: Late Jurassic Allosaurids as Sabre-tooth Cat Analogues”. GAIA 15 (8): 145–158. https://www.researchgate.net/publication/40662858. 
  21. ^ Duane Nash, "Terror Birds Cometh: A New Hypothesis Unlocking Phorusrhacid Feeding Dynamics & Ecology", Antediluvian Salad, 02 September 2015, http://antediluviansalad.blogspot.ca/2015/09/terror-birds-cometh-new-theory.htm
  22. ^ Wroe, Stephen (2010). “Mechanical Analysis Of Feeding Behavior In The Extinct "Terror Bird' Andalgalornis steulleti (Gruiformes: Phorusrhacidae)”. PLOS One 5 (8): 1–7. doi:10.1371/journal.pone.0011856. PMID 20805872. 
  23. ^ King, James L. Semicircular canal shape within Aves and non-avian Theropoda: Utilizing geometric morphometrics to correlate life history with canal cross-sectional shape.
  24. ^ "Ancient "terror Bird" Used Powerful Beak to Jab like an Agile Boxer." OHIO: Research. Ohio Office of Research Communications, 18 Aug. 2010. Web. 24 Oct. 2013. http://www.ohio.edu/research/communications/terrorbirds.cfm.
  25. ^ Webb, S. David (23 August 2006). “The Great American Biotic Interchange: Patterns and Processes”. Annals of the Missouri Botanical Garden 93 (2): 245–257. doi:[[doi:10.3417%2F0026-6493%282006%2993%5B245%3ATGABIP%5D2.0.CO%3B2|10.3417/0026-6493(2006)93[245:TGABIP]2.0.CO;2]]. 
  26. ^ Marshall, Larry G. "The Terror Birds of South America." Scientific American Special Edition. N.p., n.d. Web. 24 Oct. 2013. http://usuarios.geofisica.unam.mx/cecilia/cursos/TerrorBirds-Marshall94.pdf.
  27. ^ Gasparini, Zulma (September 1984). “New Tertiary Sebecosuchia (Crocodylia: Mesosuchia) from Argentina”. Journal of Vertebrate Paleontology 4 (1): 85–95. doi:10.1080/02724634.1984.10011988. JSTOR 4522967. 
  28. ^ Darren Naish, "Dumb Metatherians vs Evil, Smart Placentals", Dinosaur Mailing List, 30 May 2001, http://dml.cmnh.org/2001May/msg00530.html
  29. ^ Los prociónidos extinguidos del género Chapalmalania Ameghino”. 2018年11月9日閲覧。
  30. ^ Prevosti, Francisco J; Forasiepi, Analía; Zimicz, Natalia (2013). “The Evolution Of The Cenozoic Terrestrial Mammalian Predator Guild In South America: Competition Or Replacement?”. Journal of Mammalian Evolution 20 (1): 3–21. doi:10.1007/s10914-011-9175-9. 
  31. ^ a b c Chiappe, Luis M.Bertelli; Sara (2006). “Palaeontology: Skull Morphology Of Giant Terror Birds”. Nature 443 (7114): 929. doi:10.1038/443929a. PMID 17066027. 
  32. ^ Ben Creisler, "Phorusrhacos "wrinkle bearer (jaw)": Etymology and Meaning", Dinosaur Mailing List, 26 June 2012 http://dml.cmnh.org/2012Jun/msg00306.html
  33. ^ Alvarenga, Herculano M.F.; Höfling, Elizabeth (2003). “Systematic revision of the Phorusrhacidae (Aves: Ralliformes)”. Papéis Avulsos de Zoologia 43 (4): 55–91. doi:10.1590/S0031-10492003000400001. http://www.scielo.br/scielo.php?script=sci_pdf&pid=S0031-10492003000400001&lng=en&nrm=iso&tlng=en. 
  34. ^ Cenizo, Marcos M. (2012). “Review Of The Putative Phorusrhacidae From The Cretaceous And Paleogene Of Antarctica: New Records Of Ratites And Pelagornithid Birds”. Polish Polar Research 33 (3): 239–258. doi:10.2478/v10183-012-0014-3. 
  35. ^ Federico L. Agnolin & Pablo Chafrat (2015). “New fossil bird remains from the Chichinales Formation (Early Miocene) of northern Patagonia, Argentina”. Annales de Paléontologie 101 (2): 87–94. doi:10.1016/j.annpal.2015.02.001. 
  36. ^ Alvarenga, HMF; Höfling, E (2003). “Systematic revision of the Phorusrhacidae (Aves: Ralliformes)”. Papéis Avulsos de Zoologia 43 (4): 55–91. doi:10.1590/s0031-10492003000400001. 
  37. ^ Federico J. Degrange; Claudia P. Tambussi; Matías L. Taglioretti; Alejandro Dondas; Fernando Scaglia (2015). “A new Mesembriornithinae (Aves, Phorusrhacidae) provides new insights into the phylogeny and sensory capabilities of terror birds”. Journal of Vertebrate Paleontology Online edition (2): e912656. doi:10.1080/02724634.2014.912656. 
  38. ^ Mayr, Gerald (2005-04-15). “Old World phorusrhacids (Aves, Phorusrhacidae): a new look at Strigogyps ("Aenigmavis") sapea (Peters 1987)” (abstract). PaleoBios 25 (1): 11–16. http://www.ucmp.berkeley.edu/science/paleobios/abstracts_21to25.php 2008年7月4日閲覧。. 
  39. ^ Hackett, Shannon J. (2008-06-27). “A Phylogenomic Study of Birds Reveals Their Evolutionary History”. Science 320 (5884): 1763–1768. doi:10.1126/science.1157704. PMID 18583609. http://www.sciencemag.org/cgi/content/abstract/320/5884/1763 2008年10月18日閲覧。. 
  40. ^ Alexander Suh (2011-08-23). “Mesozoic retroposons reveal parrots as the closest living relatives of passerine birds”. Nature Communications 2 (8): 443. doi:10.1038/ncomms1448. PMC: 3265382. PMID 21863010. http://www.nature.com/ncomms/journal/v2/n8/full/ncomms1448.html. 
  41. ^ Jarvis, E. D.; Mirarab, S.; Aberer, A. J.; Li, B.; Houde, P.; Li, C.; Ho, S. Y. W.; Faircloth, B. C. et al. (2014). “Whole-genome analyses resolve early branches in the tree of life of modern birds”. Science 346 (6215): 1320–1331. doi:10.1126/science.1253451. PMC: 4405904. PMID 25504713. https://pgl.soe.ucsc.edu/jarvis14.pdf.