恐鳥類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大きさの比較。左からケレンケン、フォルスラコス、ティタニス、ガストルニス。
フォルスラコスの頭骨

恐鳥類 (Terror Birds) とは鳥類の中で地上に進出し、祖先の獣脚類と酷似した体型、生態を得た種族のこと。現在はすべて絶滅している。単系統ではなく、多系統である可能性も大きい。

概要[編集]

恐竜絶滅後の新生代において、巨体を手に入れ、大型動物としてのニッチを埋めた鳥類の一群。ノガンモドキ目に属するフォルスラコス類や、カモ目に近いとされるガストルニス(ディアトリマ)などがいる。

進化と衰退[編集]

恐竜が絶滅した後も、その流れを汲む生物として鳥類が健在であった。鳥類は恐竜に極めて近縁な派生種族であったため、それまでの恐竜、特に直系祖先の小型獣脚類ニッチを補うように地上に進出した巨大な鳥類が出現した。それが恐鳥類である。主な種類として、ガストルニス、フォルスラコスなどがいる。新生代の初期、暁新世においての恐鳥類はツルガイ海峡(現在の中央アジアにあたる部分でユーラシア大陸を二分していた海峡)でヨーロッパとも隔絶していたアジアを除く全大陸で繁栄し、小型動物が中心だった哺乳類を主な餌としていた(アジアには生存していた化石証拠が無い)。ガストルニスなどは主に植物食だったという説も近年、提唱されている。

ジュラ紀白亜紀の原始的な鳥類は前肢に指を持ち、顎に歯が生えているものが多かったが、彼等は全て恐竜とともに絶滅し、生き残った鳥類のグループ(真鳥類)は進化の結果、既に高度な飛翔能力を持つための適応を遂げていたため、祖先が備えていた前肢の機能や顎の歯を失っていた。恐鳥類においても一度に進化した前肢は、飛翔能力を失った後も再び前肢としての機能を取り戻すことは無く、退化していた(フォルスラコス類のティタニスなど、ある程度は前肢を発達させた種も一部にはいた)。失われた歯は猛禽類のような鉤状の鋭い嘴により補っていた。祖先の飛行への特殊化による、これ等の欠けた部分は、恐鳥類の長期間の生存においては無視できないものとなっていった。暁新世に続く始新世において、哺乳類が第二の適応放散とよばれる大発展を遂げた。肉歯目無肉歯目といった原始的な大型肉食性哺乳類や、現在にも繋がる奇蹄目偶蹄目などといった植物食性大型哺乳類が現れ、目覚ましい繁栄を遂げていった。恐鳥類はこうした哺乳類の急速な適応放散による生存競争や生態系の激しい変化に適応できず、やがて多くが絶滅していき、南米にフォルスラコス類だけが残る事となった。

アメリカ大陸での存続[編集]

恐鳥類は多くの大陸では新生代の前期、始新世には既に滅んでいった。しかし、海によって他の大陸から隔絶されていた南米大陸においては恐鳥類がティラコスミルスのような肉食性有袋類とともに長期間にわたって生態系の頂点に立ち、独自の進化を続け、繁栄していた。進化した有力な肉食性哺乳類が南米に進出できていなかったためと思われる。

しかし、新生代の後期、鮮新世において、南米大陸が北米大陸と陸続きになったことで、南米の恐鳥類や肉食性有袋類は、ネコ科イヌ科に代表される食肉目との競争にさらされる事になった。肉食性有袋類は姿を消してしまい、恐鳥類も頂点捕食者としての地位を占有できなくなり、多様性を減少させていった。こうして全盛期を過ぎることになったフォルスラコス類だったが、ティタニスなど一部の種は逆に北米にも進出していった。鮮新世、それに続く更新世に入っても、中南米、そして北米の一部では、スミロドンなどの食肉目の大型肉食哺乳類と共にフォルスラコス類は尚も生態系の頂点の一角に君臨していた。

絶滅[編集]

約40万年前に、最後のフォルスラコス類が姿を消し、恐鳥類は、絶滅したとされていたが、新たな化石の発見により、更に後の時代まで生存していたという説が近年、提唱されている。これによれば約1万5千年前に最終氷期の環境変化により、スミロドンや、ドエディクルスメガテリウムマクラウケニアなどの、他の多くの大型動物と共に最後の恐鳥類は絶滅したとされる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]