フェネチルアルコール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フェネチルアルコール[1]
識別情報
CAS登録番号 60-12-8
特性
化学式 C8H10O
モル質量 122.16 g/mol
密度 1.017 g/cm3
融点

-27 °C

沸点

219-221 °C

危険性
MSDS JT Baker MSDS
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
1
0
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

フェネチルアルコール (phenethyl alcohol) とは、示性式が C6H5CH2CH2OH と表されるアルコールの一種。2-フェニルエタノールのこと。天然に広く存在する無色の液体で、バラカーネーションヒヤシンスアレッポマツイランイランゼラニウムネロリキンコウボク など、さまざまな精油に含まれる。水にはわずかに溶ける (2 mL/100 mL H2O) いっぽう、エタノールエーテルとは混和する。

フェネチルアルコールは快い花の香を持ち、特にバラの香りを加えたいときに香料として用いられる。タバコの添加剤、アルカリ性に強いことから石鹸の保存料としても用いられる。生物学ではその抗菌作用に興味が持たれている。

消防法による第4類危険物 第3石油類に該当する[2]

脚注[編集]

  1. ^ Merck Index, 11th Edition, 7185.
  2. ^ 法規情報 (東京化成工業株式会社)