シクロテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
シクロテン
cyclotene
識別情報
CAS登録番号 80-71-7
特性
化学式 C6H8O2
モル質量 112.13 g mol−1
匂い 甘く焦げた香り
融点

104 - 108℃[1]

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

シクロテン: cyclotene)は化学式C6H8O2で表される有機化合物。メチルシクロペンテノロン(: Methylcyclopentenolone)とも呼ばれる。コーヒー[2]カラメル[3]など焙煎したものの香り成分となる。

用途[編集]

カスタードプリンカラメルソース部分に似た、甘く焦げたにおいがあることから、食品[4]飼料添加物[5]、衣料用洗剤[6]電子たばこ[7]香料として幅広く使用されている。また、日本の環境省告示の「臭気指数及び臭気排出強度の算定の方法」における基準臭液に採用されている[8]。木材の薫煙処理により生じ、殺菌・防腐効果をもたらすとの説もある[9]

脚注[編集]

  1. ^ 日本香料工業会 (PDF)
  2. ^ 岡山理科大学 直島好伸 1976年
  3. ^ ニッスイアカデミー日本水産
  4. ^ 日本貿易振興機構 (PDF)
  5. ^ patentjp.com長谷川香料
  6. ^ patentjp.com高砂香料工業
  7. ^ TaEco公式サイト
  8. ^ 『嗅覚測定法マニュアル』環境省環境管理局大気生活環境室編集 社団法人におい・かおり環境協会発行 2005年(第5版)ISBN 4-915952-29-0
  9. ^ 一級建築士事務所松野浩アトリエ環境システム