ピアノソナタ第21番 (シューベルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960




これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D 960 は、フランツ・シューベルト1828年9月に作曲したピアノソナタ

この曲は作曲者晩年のピアノソナタ3部作(ハ短調イ長調、本作)の最後を締めくくり、また、作曲者の生涯最後のピアノソナタである。

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 モルトモデラート
    変ロ長調、4分の4拍子ソナタ形式
    Schubert D960 1.JPG
    跳躍は少ないが、シューベルトらしい歌謡的な第1主題に始まる。瞑想するような低音のトリルの後、突如変ト長調によって主題の旋律が歌われ、曲はゆっくりと進行していく。第2主題はゆっくり行進するような嬰ヘ短調の二重奏によって開始され、イ長調ロ短調ニ短調を経て、変ロ長調に回帰し、やがてヘ長調のコデッタに至る。再び低音のトリルによって提示部が反復された後、展開部が嬰ハ短調で開始されるが様々な転調を繰り返し、トリルが連続する瞑想的な部分に至る。
  • 第2楽章 アンダンテソステヌート
    嬰ハ短調、4分の3拍子、三部形式
    室内楽的(弦楽三重奏)な主題が提示される。中間部ではイ長調の暖かな低音の響き。
  • 第3楽章 スケルツォアレグロヴィヴァーチェ・コン・デリカテッツァ - トリオ
    変ロ長調、4分の3拍子、複合三部形式
    高音中心の優美な曲想で転調しながら主題が繰り返される。この曲想は前年の1827年に作曲した歌曲「リュートによせて (An die Laute、Op81、D905)」の伴奏曲を発展させたものである。トリオ変ロ短調に変わり短いながら陰鬱な感情を見せている。
  • 第4楽章 アレグロ・マ・ノン・トロッポ - プレスト
    変ロ長調、4分の2拍子、提示部を繰り返さないソナタ形式
    冒頭は、G音のユニゾンからハ短調で始まり、変ロ長調へと転調する。 冒頭と転調後の旋律は前年の1827年頃に作曲した4つの即興曲D899の第1曲ハ短調の構成から着想を得たものである。第1楽章同様に再現部は一切省略なし。最後はプレストのテンポで締めくくられる。

外部リンク[編集]